/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『相棒17』第18話&第19話「漂流少年」さよなら月本幸子!予想外すぎて悲しすぎた…

『相棒17』』第18話「漂流少年~月本幸子の覚悟」と第19話「漂流少年~月本幸子の決断」の感想です。

 

f:id:nukonyan131:20181018083659j:plain

 

 

2回に渡る回でしたので、まとめてにします。
今回は脚本が太田さんなので、期待が高かったです。弱い人にスポットを当てての事件。今回もそういう回でした。


ですが、それよりも幸子さんが。。。

 

監督は橋本一さん、脚本は太田愛さんでした。

 

▽目次です▽

 

 

まさかの月本幸子が卒業!

今回の内容が吹き飛ぶほど驚いたのが、花の里の幸子さんの「相棒」の卒業でした。
相棒が変わるよりも衝撃的!!
まさか、こんな形で終わるなんて。


別に死んだわけではないので、またどこかの回で顔出しくらいはあるかもしれませんけど、あのおっとりとした、でも時々天然とは言え右京さんたちにヒントを与えてくれた幸子さん。
癒しの場面だっただけに、ガックリです。


右京さんと月子さんの握手に感動し、ラストの回想シーンでさらに胸にグッときました。
亀山さんから歴代の相棒と関わってきた幸子さん。長い長い相棒時代を過ごしてらしたんですね。


愛情たっぷりのラスト数分に、すべて持っていかれた状態です。


来シーズンからの相棒では、花の里はどうなっちゃうんでしょうか?


というか、花の里って右京さんの持ちものなんですかね?
それとも環さん?

 

 

幸子さんが大奮闘!

幸子さんがすべてと言っても過言ではない回になってしまいましたが、本編も普通に面白かったです。
太田さんらしい弱者に寄り添った内容で、最後が救われるところもよかった。後味悪いのはげんなりしますからね。


前編最後の幸子さんの顔が変わったところに凄みがありました。いつものほんわかした幸子さんではなく、しっかりと芯を持った女性の顔。何かを決意した顔です。
右京さんの表情も柔らかい表情から、鋭い顔つきに。この緊迫した状態で、翌週へと続きました。


幸子さんは、「彬くんを利用した大人は捕まらない。捕まるのは利用された子どもの方」と右京さんに訴えます。
そうなんですよね。
弱い者がバカを見る、そういう社会へのアンチテーゼでもあるわけです。


右京さんもそのジレンマは感じている。だからこそ、大元、根本の悪を裁きたいわけです。
その証拠に、事件が起こらないと動けない、誰も彼らを守ってられない、と暇課長に嘆くわけです。


しかし、良く車の後ろへ走り出て見つかりませんでしたね。よかった。

 

 

人のいいしなとらさんと孫がいいスパイス

彬くんを受け入れてくれた品田さんと孫の直人くん。
おっちょこちょいで人が良くて。この2人がコミカルな分、彬くんの緊迫した状況との対比が鮮明となってました。


コミカルなおじいちゃんしなとらさんは、本当に人情味のあるおじいちゃんでした。裏に事情があると思える彬くんを受け入れます。
彬くんが悪い子ではないということを、しなとらさんは察したのでしょう。
悪い人ばかりじゃないところがよかったです。

 

しかし、人柄の良い家族には、それが伝わるんだなぁとホッコリする、おじいちゃんと孫でした。

 

 

事件そのものは弱者イジメの構図の回

しなとらさんのところが良い人であると、悪役が必要で。
それがバスケットボールの会。お金が全くかからずにバスケットを楽しめるという夢のような会。
それが成り立つのは、あしながおじさん的存在の正体不明のダディさん。


うさん臭い。。。


「相棒」におけるこのパターンは、偽善臭がぷんすかします(笑)。
そして案の定。。。
ちゃんと右京さんと冠城さんで大元、悪の根源を捕まえることが出来ました。これは本当によかった。


彬くんと淳くんの誤解も解けました。
彬くんはお母さんを喜ばせるために、離婚した父の名でお金を振り込むところに、彼の根本的な優しさが伝わります。

 

 

今回の相棒

ツボといえば、右京さんと冠城さんの連携部分でしょう。
序盤の死体を法医学の解剖で見てもらうように誘導し、その後に密かにサムズアップ!ちょっと笑っちゃいました。


幸子さんの肉じゃが弁当が遅くなったことに、むくれる右京さんが最高でした(笑)。
さらに、お弁当を夜に食べる時の嫌味も忘れずに。こういう右京さんの子供っぽいところも面白さの一つ。きっと環さんは右京さんのこういうところが面倒になっちゃったのかな、と思わせるところです。
右京さんの箸の持ち方も、意外なんですよね~。すべて完璧だと気持ち悪いので、このぐらいのことは人間味もあっていいと思います。


青木くんは拗れに拗れても、なんだかんだと右京さんが欲しい情報を与えてます。この2人の関係が良くなることあるのかな?


あとなるほどなと思ったのが、手書きのノートが原本限り。データが残らないという点。
コピーでもしない限りは無理ですもんね。ふむふむ。

 

幸子さん、本当にお元気で。
ラストの花の里が、静かに泣いているようでした。

 

 

▽こちらの記事もどうぞ▽ 

『相棒17』第17話「倫敦からの刺客」 右京さん最大の敵!?南井登場のサスペンス回 - 今日も暇です。