/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『相棒18』第6話「右京の目」盲目でも名探偵な右京さん!推理が炸裂で最高に面白かった!

『相棒18』第6話「右京の目」の感想です。

 

前回の予告からめちゃくちゃ楽しみにしてました!
素晴らしい頭脳の持ち主であり、鋭い洞察力のある我らが杉下右京さん。


その右京さんが突然目が見えなくなるという今回。
とても面白かったです。


監督は橋本一さん、脚本は根本ノンジさんでした。


▽目次です▽

 

 

右京さんの目が見えなくなった理由

これがまず1番気になってました。
何かの事故に巻き込まれたのかとは思いましたが、家政婦の和江さんを庇ってのことでした。


高級メロンの箱を開けようとした和江さん。
その時にカチッという微かな音に反応した右京さん。
こういうところがさすが警察の方という感じで頼もしいです。

 


案の定、右京さんは催涙スプレーのようなものを浴びてしまい、それが原因で見えなくなっちゃいました。
でも毒のようなもので失明というのではなくて、本当によかった。
ドラマでも嫌ですよね。

 


盲目でも和製ホームズであることには全く変わりませんけど。
さすがは右京さん!

 

 

 

犯人の目星はつくのだが動機や背景が今回の肝

いろいろ登場していく人物がそれぞれに意味がとてもあり、怪しさ満点。
そして、犯人そのものはわかりやすかったです。


今回のストーリーの肝はそこではありませんでした。
犯罪が起きたバックボーンが全てです。


右京さんの勘は目が見えなくなったら、より研ぎ澄まされたかのように、すぐに白川友里を掴まえ、一緒に病院へ付き添ってもらいます。
あまりに頑なな右京さんに、その時点で視聴者も、この人怪しいのかなと勘づくんですけど、動機やプロセスの謎解きは最後になります。


また、3年間家から出ない青年。
和江さんの上司の真山。
テイトーハウジングのトップ営業マンの森田。
そして、福祉課の白川友里。


この4人の関係と事件に及んだ背景が非常に面白かったです。

 

生活保護を悪用した卑劣な犯罪

右京さんは目が見えなくても、自身が疑問に思う事を1つ1つ丁寧に紐解いていきます。
それが的確で、視聴者にもとてもわかりやすかった。

 


今回後味が悪いこともなく、悪い奴らがしっかり裁きを受けることになったのもよかったです。
『相棒』は不条理な結末や社会問題も取り扱うので、必要な結末であれば後味が悪くてもドラマとしては成り立ちますが、「それどうなの?」という無理やり感があるとガッカリ度が増します。

 


『相棒』を見るとこんな闇があるんだなぁということに気づかされます。
もちろんドラマですけどね。
でもなるほどと思うことが多いのです。


今回の背景はこの4つ。

  1. 生活保護を悪用
  2. 生活保護費を搾取
  3. デタラメな保証人をつけて管理している物件に住まわせる
  4. 生活保護者をカメラで監視

 


本当に酷い。
生活保護は本当に救われなければならない人のための制度なのに、自分たちに都合のいい人を選別して降りるようにした。
許せないです。


悪い奴はロクなことを考えません。
保証人をデタラメにして、管理している物件に住まわせ、カメラを回して脅す。
それらの人たちから保護費を搾取。


右京さんが13万円のうち7万円を搾取したと言ってました。
残り6万円から家賃を払ったら、手元にいくら残っていたのでしょう。


こういう奴は欲深いから、お金の取り分で揉めて殺人。


本当に腹立しい!


ちなみに、7万円を30人から搾取して、月210万円。年間2,520万円という大金になってました。
元は税金ですよ、これ。
ドラマですけど。。。

 

 

 

右京さんと盲目の少女との交流

f:id:nukonyan131:20191010024209j:plain

 

今回細かな部分もよかったです。
まずは、盲目の少女りなちゃん。


右京さんとりなちゃんの会話には事件解決に繋がるヒントがあるんですけど、会話そのものが癒されました。
りなちゃんがせっかく作ってくれたビーズで出来たパンダさんのキ―ボルダー。
事件の解決のために壊してしまうのですが、最後は和江さんに直してもらったという右京さん。
大事に持ってくれているのがほっこりしました。

 

和江さんもよかった。
以前の『相棒』に出ていましたよね。
それがニンマリ。
その和江さんもしっかりと右京さんの頭脳のサポート。
面白おばちゃん枠ですけど、右京さんとのやり取り、よかったです。

 

 

今回の相棒…音声認識buddyに負ける(!?)冠城さん

今回冠城さんが優しくエスコートしているのがいいですね。
ちゃんと良き相棒としても大活躍!
拗らせ青木さんをイジるのも忘れない。


「ありがとう」とお礼を言ってもらえてよかったですね。
でも一言多いのが冠城さんだから、最後にbuddyに負けちゃった(笑)。
嘆く冠城さんが面白かった。

 

 

右京さんの目が見えた時、相棒の2人が見上げた青空が素敵でしたね。
右京さんと冠城さんの見えない絆が見れた瞬間。

 

 

buddyとのトンチンカンなやり取りをしていた右京さんが、最後は見事に使いこなしてました。
さすが!

 

あと、なんといっても、目が見えない時でもどうしても自分で紅茶を入れようとするのが、右京さんらしかったです(笑)。
その被害にあった青木くんが最高でした。

 

▽こちらの記事もどうぞ▽

『相棒18』第5話「さらば愛しき人よ」冠城の元カノと切なさが募るラスト - 今日も暇です。