/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『相棒19』第15話「薔薇と髭の不運」ヒロコママは相棒の癒しでマスコット的存在 出雲刑事とのコンビもよかった

『相棒19』第15話「薔薇と髭の不運」の感想です。

 

f:id:nukonyan131:20191010024209j:plain

 

今回は予告の段階でヒロコママが登場すると知っていたので、めちゃくちゃ楽しみでした。
今期のヒロコママ編ですね。 

 

◆相棒や他のドラマを楽しむなら31日間無料トライアルで◆

U-NEXT

 

▽目次です▽

 

 

ヒロコママには相変わらず癒される&出雲刑事とのコンビ

ヒロコママは結構ズバズバ言うんですけど、心根は優しくて包み込んでくれるようなところが魅力。
今回は狙われる役どころでしたけど、ヒロコママが大事に至らなくてよかったです。
階段から突き落とされても、運よく助けてもらえたヒロコママ。
その王子様的役割だったのが、なんと出雲刑事!


出雲刑事、あんなに細いのによくぞヒロコママをキャッチしましたよね。
刑事さんなのでめちゃくちゃ鍛えてはいるでしょうけど、落下してきたままの重さはハンパなかったはず。
でも勇敢でカッコよかったです。
その後、捜一からママを警護するのに自ら名乗りをあげて、ヒロコママとコンビに。

 

ラストは意中のマロロが残念な結果になるも、そこに寄りそう出雲刑事がよかった。
場面は切り替わってしまいましたが、あの2人はどんな感じだったんでしょうね。
それがなんとなくわかるのが1番最後のこてまりでのこと。
ヒロコママが黄色のバラの花束を持ってきて、右京さんから出雲刑事にお礼として渡して欲しいと言ってきます。

 

「友情」
こてまりさんが黄色のバラの花言葉を口にします。
素敵ですよね。

 

でも照れたヒロコママがバラはこてまりさんにあげると言うのですが、今度は右京さんが黄色のバラのもう1つの花言葉を告げます。
それが「嫉妬」
右京さんは本当にいろんなことを知ってるなぁ。
しかも友情ではなく、嫉妬をあげるところが右京さん(笑)。

 

ヒロコママの「髭の里」が実現するかと思いきや、こてまりになってしまったのは残念ですけど、またこうやって相棒を華やかにしてほしいですね。
すごく魅力的なキャラクターで大好きです!

 

 

 

ストーリーは割りと平凡な回

ヒロコママに対しては大絶賛でしたし、トリックがフードデリバリーサービスを使ったもの。
このトリック自体はなかなか面白かったです。

 

ただ犯人はわかりやすかったですね。
絶対マロロだと思いましたもん(笑)。
あの流れで奥様だったり、愛人だったりが犯人であれば意外ではなくても、「へぇ」くらいは思ったかもしれません。
マロロは最初から怪しかったので、いっそ犯人が分かったうえでのアリバイ崩しであった方がよかったくらいです。
でもそうであれば、ヒロコママを絡めるのが難しいので仕方がないかな。

 

マロロが殺意を覚えた速水がクソ人間であるのはわかりますが、自分も同じクソ側に行ってはダメですよね。
悔しい気持ちはわかりますし、こういう不条理に感じることはあるでしょう。
だからといって、人の物を盗んだり、挙句に人殺しをするというのは言語道断。
しかも、あれだけ親身になってくれているヒロコママをも手にかけようとしていたとは、本当にクズすぎると思いました。

 

人は負の連鎖に陥ると心に余裕がなくなりがちですし、不満を他人にぶつけたりすることもありがちなります。
マロロの心を癒してくれる人は、残念ながらヒロコママではなかったんですね。
そこが悲しかったかな。
あんなに優しくしてもらっているのに、平気で突き落とそうとしたわけですから。

 

右京さんの怒りがマロロにぶつけられてましたけど、もう少しヒロコママに寄り添った感じの説教がよかったかな。
そこが物足りなかったです。
マロロに何を言っても無駄かもしれない設定かもしれませんが、少し人間の心を取り戻す感じがあればすっきりしたかもしれません。

 

右京さんの推理は今回もお見事でしたけどね。

 

 

今回の相棒

出雲さんがカッコよかったですし、女性らしい優しさも見え隠れしていてよかったです。
ヒロコママとの間に友情が芽生えるといいですよね。
憎まれ口を叩いても、思い合っているような関係が続くといいなと思っています。

 

ヒロコママが冠城さんを呼ぶのに「無駄にイケメン」というのが最高!
冠城さんは無駄ではないですけど(笑)、ある意味惜しいという点での呼び名でしょう。
今回も冠城さんがカッコよかったです。
画面に出ているだけで映えるという貴重な存在が、今の右京さんの相棒ですから。
頭脳も右京さんに近いですし最高。
歴代の相棒たちは本当にそれぞれ魅力的ですね。
カイトくんの最後だけは残念極まりなかったですが…。

 

青木くんが今回も良い役割でした。
相変わらずの口の聞き方ではありますが、マロロのアリバイを崩したのは実は青木くんのお手柄。

 

そういえば、青木くんのインタビューがネット記事なっていたというのを知りました。

 

拗らせ青木くんってそういえば元はそうだったよねというのを思い出しました。
大杉漣さんとのエピソードが嬉しくもあり寂しくもあり。
右京さんこと水谷さんのコメントもあったので、読み応えがありました。

 

次回はCMでおなじみの「コンノ!」が登場ですねw
今野さんはいい俳優になっているので、どういう役なのか楽しみにしています。

 

◆相棒や他のドラマを楽しむなら31日間無料トライアルで◆

U-NEXT

 


▽他の相棒19もどうぞ▽

『相棒19』第14話「忘れもの」こてまりの淡い初恋を回収する回 後味もよく右京さんの推理力も冴えわたる - 今日も暇です。