/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

アメトーーク 8月29日 ブサイク芸人も第7世代の波!?アンガ田中が卒業?「顔面イケてない芸人」

2019年8月29日の『アメトーーク!』です。
今回のテーマは「顔面イケてない芸人」。

 

ブサイク界にも次世代の波が来ているとかなんとか…。
後藤さんが「岩尾が入ってない」と番宣時間で言ってました!おお!!確かに。
ホトちゃんはスタッフさんに今回のメンバーの気持ちがわかるかと尋ねられると、「大いにやね」とサラッサラの髪をブラシで梳かしながら笑ってました。


ホトちゃんって51歳ですよね。
あのサラサラの髪がスゴいなぁ。


◆顔面イケてない芸人

  • 田中卓志さん(アンガールズ)
  • 稲田直樹さん(アインシュタイン)
  • 草薙航基さん(宮下草薙)
  • 森田哲矢さん(さらば青春の光)
  • ユースケさん(ダイアン)
  • 北澤仁さん(ロビンソンズ)
  • 宮戸洋行さん(GAG)
  • ZAZYさん

 

◆ゲスト

  • ケンドーコバヤシさん
  • 後藤輝基さん(フットボールアワー)

 

▽目次です▽

 

 

田中卓志(アンガールズ)

  1. 今回岩尾が来ていないのは、ブサイクを次世代に引き継ぎたい。
  2. ケンコバが「ブサイク第7世代」と勝手に命名!ケンコバによると、アンガールズ田中は第6世代(?)で、蛍原は第4世代らしい。
  3. 【ボクたちが傷ついたこと】大学生時代に電車に乗っていた時のこと。女子高生の集団が電車に乗ってきて、「あそこに気持ち悪い人がいる」と田中に気がつく。さらに「じゃんけんで負けたら、あの人に触ってくる」という罰ゲームにされたこと。
  4. ケンコバの話。山里の結婚で、弟子の平野ノラに「気をつけてください。これで女の人のターゲットは兄さんに移りましたからね。中には悪い女のいるんで」と注意をしたら、田中も「そうなんだよ」とまんざらでもなかった。
  5. 【ボクたちが傷ついたこと】満員電車で入口付近に立っていた時隣に女性がいた。急ブレーキでよろけた田中を女性が支えてくれたが、その手がグーだった。助かったけど、痛かった。
  6. 彼女がいるブサイクは嫌い!ノンスタ井上みたい!最近井上が1番嫌い。理由は女性が井上にちやほやするから。「あんなヤツのどこがいいの?」
  7. 井上は自分がブサイクだけど、女の子のせいでイケてる男という最低の人間に仕上がってしまった。井上は最低品質人間!
  8. 【日常あるある】エレベーターの扉ギリギリには立てない。ドアが開いたら、いきなり田中の顔が出てしまうと刺激が強いため。
  9. アンガールズは「気持ち悪い」→「キモ可愛い」→「気持ち悪い」という遍歴。女性は1度持ち上げると落とすから要注意。
  10. 【日常あるある】サングラスが似合わない。
  11. 【似てると言われたMAXイケメン】阿部寛

 

リーダーの田中さんだけが旧のブサイク芸人でした。
いろいろ乗り越えての今ですよね。
平野さんじゃないですけど、田中さんは今最高のモテ期が来てそうですから、縁があるとしたら素敵な女性との縁だといいですね。


阿部寛さんはなんとなくわかります。
スタジオでも、少々の納得がありました。

 

 

稲田直樹(アインシュタイン)

  1. 吉本ブサイク芸人殿堂入り。
  2. 田中が至近距離で稲田を初めて見て、ブサイクぶりに感動。「お前すげぇな!」
  3. そんな稲田は顔面イケてない芸人として、ずっと田中の背中を追い続けていた、とリップサービス。
  4. 2~3年前に「西にスゴいヤツが現れた」と遠距離情報で顔面情報を初めて知った芸人が稲田。
  5. 【ボクたちが傷ついたこと】赤ちゃんが自分を見てむせた。息をするのを忘れたらしい。
  6. 【ボクたちが傷ついたこと】虫歯になった時、歯医者の先生に「虫歯より、前よりも下アゴが3センチ伸びてるよ」と言われた。
  7. 【日常あるある】カレーうどんを先輩を食べに行った時、紙エプロンを付けて食べた。先輩はちょっとだけ紙エプロンにカレーがついていたが、稲田は綺麗だった。それなのに、紙エプロンを見ようとアゴを引いたら、アゴについていたカレーが紙ナプキンについて、結局汚してしまった。
  8. 【似てると言われたMAXイケメン】中村獅童

 

絶好調の稲ちゃん!
今や引っ張りだこなイメージ。
この間も『アメトーーク!』で「稲ちゃんカッコイイ芸人」をやったかり。

アメトーーク 7月25日 アインシュタイン稲田の面白エピソードと名言!「稲ちゃんカッコイイ芸人」 - 今日も暇です。


今回はエピソードは少なめですけど、番組ではしっかりツッコんでました。
中村獅童さんには観客も少々納得してました。メガネを取るとうっすら似ている気がします。 

 

 

草薙航基(宮下草薙)

  1. 『アメトーク』に出始めの頃、「自分の顔が嫌い」とモニターに映った自分を見るのも嫌がっていた。
  2. 弟が可愛いと言われていて、親戚が集まっても弟だけ「可愛いね」と言われていた。
  3. 「僕はブサイクですか?」とスタジオで尋ねる草薙に、田中が「ブサイクに決まってんじゃん!」と言うと、ケンコバも「ヒザの角度がブス」と指摘。
  4. 【ボクたちが傷ついたこと】学生時代のバレンタインで貰ったことがない。「うちの学校ではバレンタインをやってないと思っていた」
  5. 【ボクたちが傷ついたこと】芸人になって初めて自分がブサイクだと自覚した。きっかけは養成所。ネタ見せで漫才をしていたら、講師の先生に「お前顔変だな」と指摘をされ、その時信じられないほど会場が大爆笑した。それで過去のことが繋がった。「こういうことだったんだ…」
  6. 【日常あるある】ガラス張りの飲食店には行かないようにしているが、どうしても入らないといけない時は、なるべく奥の方に座るようにしている。ガラス張りのところだと「こんなヤツが入る店」と思われてお店のマイナスイメージになるのを避けるため。しかもなんとなく、お店側も奥を案内しているような気がする。
  7. 【日常あるある】鏡を見たくないが、コンタクトをするために1回鏡を見ないといけない。鏡を見たくないからレーシックをしたい。
  8. 【似てると言われたMAXイケメン】①米津玄師。米津が紅白に出た時にTwitter上で「草薙歌ってんじゃん」とツイートされていた。②川谷絵音。母親に言われた。

 

草薙さんは最近ほんわかムードで内面の可愛らしさが出てきてますよね。
顔はそうでもないですが、中身は良さげのイメージになりつつあります。


でも、米津玄師さんは似ているかなぁ?(笑)
Twitter上で呟いていた方がちらほらいらしたそうです。 

 

 

森田哲矢(さらば青春の光)

  1. 自分には「顔面イケてない芸人」の自覚はない。ブサイクなのは認めるが、『アメトーク』に出れるほどのブサイクではないと思っていた。
  2. 森田の自覚のなさに対して田中が、「イジろうと思えば出来たけど、放っておいただけだから」とバッサリ!
  3. 打ち合わせでも、「今回は出なくていい。自分は違う」と主張してきたという森田だったが、加地EPに「うるせー、出す!」と一喝された。
  4. 【ボクたちが傷ついたこと】渋谷でナンパをした時、5mくらい離れたところから座っていた女性に「すみません」と声をかけたら、「無理無理無理」と立ち上がって逃げていった。
  5. 「渋谷の人は理想が高い」と力説する森田に、草薙が森田の肩をポンポンと叩く。「ブサイクなんだから、認めて番組をやろうよ!」
  6. 【日常あるある】インスタのDMで森田のことが大好きというのがあった。その女性と合コンしたら、女性が後輩にお持ち帰りされた。森田のことが好きだと言っていたのに。
  7. ⑥の話で女の子も1番可愛かったわけじゃないと森田が説明すると、そういうところがダメとスタジオでダメ出しされる。田中からはノンスタ井上と一緒。後藤からは内面もブス!外も内もブス、ブスのリバーシブル!
  8. 【似てると言われたMAXイケメン】ロンブー田村淳

 

森田さんはなかなかのブサイクぶりだと思いますけど、まさかの自覚なしだったんですね…(笑)。
たぶん口元と歯並びがすべてのバランスを崩しているので、そこ以外は確かに悪くないかも!


⑦の部分は正論ですね。
どこかで見下しているというのは、内面ブス間違いなしなので、気を付けて欲しいです。


ロンブーの淳さんはわかる!
客席も納得っぽい歓声が上がってました。 

 

 

ユースケ(ダイアン)

  1. 自分はそこまでブサイクじゃないと主張し、楽屋でゴネているという設定。田中が収録中に楽屋に迎えに行く。
  2. ケンコバ曰く、ユースケのブサイク度は蛍原に匹敵するブサイク度。蛍原は自分がブサイクであることをわかっている。
  3. 蛍原は確かにブサイクだが、自分はそうではないというユースケ。田中がこの『アメトーク 顔面イケてない芸人』はそんなに悪いところじゃない。全部をさらけ出した時に見えてくるものがあると主張。
  4. 【ボクたちが傷ついたこと】beseよしもとに出ていた頃。劇場で男前&ブサイクランキングをしていた。その時の上位が、山里やとろサーモン久保田、NON STYLE井上とかブサイクでイジられる人が上位だった。そこで5位にランクインした。ブサイクでイジられていないのに5位だから、実質の1位だと気づいてしまった。
  5. ケンコバが④の状況なのに、よく楽屋に立てこもったなと指摘。
  6. 【ボクたちが傷ついたこと】女子中学生からファンレターをもらった。西澤の良さが周りが全然わかってくれず、親友さえも理解してくれないという内容。挙句に西澤の顔が原因で「今度親友と絶交します」と書かれていた。
  7. 【ボクたちが傷ついたこと】高校3年間暗く、友達もいなかった。高校卒業後、クラスメイトの女の子がバイト先に来た。「地蔵がここでバイトしてるって聞いたから」。陰で「地蔵」と呼ばれていたことに、その時初めて知った。
  8. 【ボクたちが傷ついたこと】若手の時合コンに行って、知り合った女の子と遊ぶことになった。女の子が西澤のことを「マブ」とあだ名を付けていた。由来は「まぶた」!
  9. 【日常あるある】昔劇場でネタバトルをしていた。すべてお客さん投票。男前芸人だと多少のスベりでも上位にランクインする。ダイアンはほんの少しでもスベると落とされる。ネタバトルなのに、顔で判断されていた。
  10. 【似てると言われたMAXイケメン】hyde。本当に2人から言われたことがあると主張。

 

①~③については完全に設定ですね(笑)。
そうじゃなければ、こんなにエピソード出ないです。


⑨はそこでがむしゃらにネタと芸を磨き上げて、今のダイアンがあるので、客に甘やかされていない分本物の力になっているということでしょう。
ダイアンは面白いから頑張って欲しい。


ユースケさんのhydeだけ、観客の共感度ゼロでした(笑)。
ラルク愛がスゴイ稲ちゃんも怒ってましたよw 

 

 

北澤仁(ロビンソンズ)

  1. 北澤はワタナベ所属。田中のブサイク直系の後輩芸人。
  2. ケンコバが「メキシコの地下で発掘される文明」と北澤のブサイクぶりにツッコむ。
  3. 後藤も「フランケンシュタインまであとはネジだけやもん」とケンコバに追従。
  4. 【ボクたちが傷ついたこと】映画館で受付のバイトをしていた時、『猿の惑星』を上映していた。観に来た客に「やらされているんですか?」と言われた。映画のプロモーションと思われた。
  5. 【ボクたちが傷ついたこと】20~30歳まで付き合っていた彼女がいた。結婚の話になったが彼女が渋る。「結婚してあなたの遺伝子を受け継ぐ自信がない」と言われ、別れた。
  6. ケンコバ曰く、北澤はモテる。北澤は自分はパクチーみたいなものとたとえる。みんな嫌いだけど、好きな人は本当に好きというたとえ。
  7. 【日常あるある】嫌な客が来たと思われないように、えっちぃお店には行かない。1回もない。
  8. 【日常あるある】家の鏡は顔が映らない角度にしている。服装だけチェックしている。
  9. 【似てると言われたMAXイケメン】マット・デイモン。1番似ていると言われるのが田中要次だが、MAXイケメンとなるとマット・デイモン。

 

いわゆるサル系。
『猿の惑星』のエピソードは最高でした。
真面目そうなのもあって、モテるのはわかるような気がします。
芸人さんは元々モテますからね。


マット・デイモンさんには確かにそこはかとなく似てました。
でも、圧倒的に田中要次さんですね。田中要次さんは味のある素晴らしい俳優ですけど、イケメンじゃないのでそこは仕方がないでしょう。 

 

 

宮戸洋行(GAG)

  1. 蛍原からの紹介後に「(観客)みなさんのざわつきが1番リアルですね」と自身でツッコむ。
  2. 幼少期は本当に可愛かった。人生のモテ期は3回あると言われているが、2・4・5歳でモテ期が終わってしまった。
  3. 【ボクたちが傷ついたこと】赤ちゃんや子どもが泣くのではなく、2度見して、じーっと見ている。
  4. 【ボクたちが傷ついたこと】山里&蒼井優の結婚会見の司会をした。ネットニュースに「司会は山里と同じくメガネブサイクキャラの宮戸が務めた」と書かれた。
  5. 【日常あるある】電車に空いている席に座る時、女性の隣だと嫌がられたり、必死だと思われたりするのを避けるため、おじさんの横に座るようにしている。
  6. 【似てると言われたMAXイケメン】香取慎吾。コントで女装している姿が女装した香取慎吾に似ている。

 

すごいブサイクなのかというそうでもないのですが、普通でもないという感じでしょうか。
山ちゃんに似てますよね~。


香取慎吾さんって言った時驚きましたけど、女装の香取さんと言っていて写真を見たら、少しは納得!
イケメンに似ている人だから香取さんですけど、1番似ているのは山ちゃんかいとうせいこうさんかな。どちらもメガネ込みで。 

 

 

ZAZY

  1. ケンコバがZAZYを初めて見た時に、「稲田のいとこ」だと思ったという顔面偏差値。
  2. ZAZYは吉本ブサイクランキングが3年連続2位。稲田がずっと1位。稲田曰く「まだ譲れないです!」。稲田の理由は染めれる髪の毛があるから。
  3. 【ボクたちが傷ついたこと】稲田と似ていると言われる。顔の系統が似ていて、粘土で作ると途中まで工程が一緒と分析済み。稲田がラジオでZAZYを弟と言ったら、顔が似ているためネット上で本当の兄弟だと思われてしまった。
  4. 【ボクたちが傷ついたこと】アプリSNOWで、自分の顔に出来る機能を使って吉本のポスターを撮影したら、ZAZYだけ顔が稲田にならなかった。アプリにも稲田と間違えられる!
  5. 【日常あるある】後ろ姿で女性と間違えられてナンパされることがある。ある時男性に声をかけられ振り向いたら、男性は断りその後友達に「ブスだった」と話していた。ブスが性別を超えた!
  6. 【似てると言われたMAXイケメン】小栗旬。小栗旬は1回、おばたのお兄さんが2回、粗品が4回似ていると言われている。系統は一緒。

 

稲ちゃんに似てる!
これは稲ちゃんに弟と嘘を言われたら、信じちゃいます。
そして奇抜なファッションなので、後ろ姿は確かに女性に見える!


小栗旬さんに対してはブーイングでしたけど、おばたのお兄さん、粗品さんでだんだん納得(笑)。
確かに系統は一緒なんですね。
…ということは稲ちゃんも小栗旬さんってことになるという。。。 

 

 

オマケ:ホトちゃん&後藤

  1. 田中は蛍原のブサイクさを「下手したら、この中で1番ブサイクなんじゃないの?」と指摘。目・鼻・口も全部最低ランク!
  2. 後藤の蛍原顔面評。「(魚の)エイの裏」
  3. ケンコバも後藤に対して、「ハンサム芸人に出ていたけど、あの中で圧倒的にブスやった!」と指摘。ハンサム芸人に入れないのに、入っていたと説明。
  4. 後藤は芸人になってすぐくらいにケンコバに、「鳥みたいな顔している」と言われていた。サバンナ高橋がきゅうりみたいな顔をしていると言っていたので、2人揃ってバンバンジーとケンコバが言っていた。
  5. ケンコバは母親からも「ブス」と言われる。
  6. 稲田はケンコバをカッコいいと思っている。可愛らしくもあり、たくましくもある絶妙なバランスをケンコバの顔が持っている。
  7. 稲田の後藤評。芸風と髪型でゴマかしているだけ!後藤とジュニアは芸に腕がある。
  8. 吉本ブサイクランキング殿堂入りの山里の結婚発表の時、大嵐の中西表島で、岩尾とほんこんがロケをしていた。他のブサイク芸人にしわ寄せが来たと後藤が持論を展開。

 

ホトちゃんはちゃんと自分をわかってますね。
そして、サラサラの髪が自慢なのもわかります(笑)。


後藤さん、確かにハンサム芸人は微妙でした。
稲ちゃんの指摘のとおり、芸風と芸の腕で男前に見えるパターン。


この3人の中ではケンコバさんが1番カッコいいかも。
カッコいいを狙ってないし。無欲の勝利的な感じがします。 

 

 

ブサイク芸人のパーツで顔を合成してみた 

f:id:nukonyan131:20190830090413j:plain

 

◆顔面イケてない芸人たちのイケてるパーツで顔を合成!

  • 輪郭&髪型:草薙
  • 口:ユースケ
  • 鼻:森田
  • 目:田中


◆イケてないパーツでも顔を合成

  • 口:森田
  • 髪型:田中
  • 鼻:北澤
  • 輪郭:稲田
  • 肌:草薙
  • 目:ユースケ

 

イケてる方はちょっと濃いめでしたけど、普通にいそうな感じがしました。
特別にいいわけではないですけど、悪くもないです。


凄かったのは、イケてないパーツの顔!
絵に描いたような犯罪者顔になっていて吹き出しました!


パーツやバランスって大事なんだなぁ、とつくづく感じた合成写真でした。。。 

 

 

イケてる顔面グランプリ!

顔だけを切り取り、巣鴨のおばあちゃん50人に調査。

◆イケてる顔面グランプリ

1位  アンガ 田中(28人)
2位  GAG 宮戸(7人)
2位  ZAZY(7人)
4位  アインシュタイン 稲田(3人)
4位  さらば 森田(3人)
6位  ロビンソンズ 北澤(2人)
7位  草薙(0人
7位  ダイアン ユースケ(0人)

 


田中さんが断トツ1位でした!
スゴイ!!

 

上記のパーツじゃないですけど、田中さんは輪郭と髪型と歯並びがダメなんですね。
歯を見せてなくて、輪郭と髪がなければ普通にイケているということでしょう。
少なくてもおばあちゃん世代には受け入れられてました。
目の威力かな。


草薙さんやユースケさんが0票というのも、目が腫れぼったい系なのでマイナスになっちゃうのかもしれません。
くっきりした目であるとイケメン度が上がるのか。


▽こちらの記事もどうぞ▽

アメトーーク 8月22日 オカリナが語る「おっさんずラブ」出川の宮迫いじり「ピンポイントアカデミー大賞」 - 今日も暇です。