/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

アメトーーク 7月8日「元野球部芸人 延長戦」大悟vsティモンディ高岸の対決!大悟勝てるか?さらに野球部あるある

2021年7月8日の『アメトーーク!』です。
今回のテーマは「元野球部芸人」延長戦です。

 

f:id:nukonyan131:20180619034104j:plain


2021年6月29日放送の3時間SPで「元野球部芸人」がありましたが、その続きとなる回です。前回の放送分はこちらです。


アメトーーク 6月29日「元野球部芸人」大悟からティモンディの野球部!ティモンディは始球式で憧れの甲子園に! - 今日も暇です。

 


熱い部活の話がたくさん出ましたが、さらにどんな話が聞けるのか楽しみにしていました。

 

◆元野球部芸人

  • 大悟(千鳥)
  • バカリズム
  • 南條庄助(すゑひろがりず)
  • とにかく明るい安村
  • 斉藤慎二(ジャングルポケット)
  • 辻(ニッポンの社長)
  • 前田裕太(ティモンディ)
  • 高岸宏行(ティモンディ)

 

◆ゲスト

  • 陣内智則
  • 倉科カナ


▽目次です▽

 

ティモンディの出会い 陣内・蛍原は中学まで

  1. ティモンディの出会い。前田と高岸は済美高校の入寮初日に仲良くなった。⇒1人1部屋の寮だったが初めて目があったのが前田だったと高岸。「その日からずっとついていってます!」
  2. 陣内は中学は野球部だったが高校は厳しい上レギュラーも取れないと思って入らなかった。
  3. 蛍原も小中まで野球部だったが陣内と同じように高校では入らなかった。中学時代は野球部なのに陸上の駅伝の大会に出場し、近畿大会までいった。

 

 

熱き青春&部活あるある

  1. 大悟:たまに強豪校と合同練習があった。大悟と同じ相手のショートはガタイが違って大きい。向こうは大悟を1年生だと思って「何年生?」と聞いてくるが、大悟は「~年生」とよくわからないようにごまかして言っていた。「それが辛くて辛くて…」
  2. 3年でこれぐらいの実力というのも自覚している半面、3年間ちゃんとやってきたというプライドもあって学年をごまかした。(大悟)
  3. 2年は1年に厳しく、3年は1年に優しい。トンボを3年がやっていると1年が変わらないといけないのに、優しい先輩から「いいよいいよ」と言われ変われず。⇒それで2年に「なんで3年にやらせてんだよ」と怒られる。(安村)
  4. 練習試合ではトンボの取り合いになる。どちらもやらないと先輩に怒られるので譲れない。(辻)
  5. 試合も緊張するが同様に緊張したのが、ヤンキーの先輩へのバッティングピッチャー。当てらないし、ストライクも入りずらい。⇒精神が鍛えられる。(バカリ)
  6. 大悟の高校にカッちゃんがいた。高岸並みにデカイが優しい。ゆっくり堂々といけと大悟が言ってその通りしたら三振。ベンチにもゆったり戻ったら監督に怒られた。←「春日みたい」と陣内がツッコむと、「春日のカッちゃんや」と蛍原。
  7. 斉藤は打率は悪くても足が速かったので、当たりにいけと言われていた。

 

緊張とプレッシャーとイップス

  1. 高3最後の夏の大会。これで最後だという気持ちとプレッシャーで、3年間使ってきたグローブが馴染まない。(大悟)
  2. 大悟の最後の大会の成績:ショートで4エラー&最終打席は振り逃げセーフ。「僕の夏は終わりました」
  3. 練習してきたことが出せるかどうか。大声で「さあ来い!」とか言うが内心は「来るな!」(大悟)
  4. イップスになってしまう。後輩でイップスになった子がおり、監督にイップス克服のためにバク転を覚えて来いと言われ体操部に行って練習⇒1週間後にバク転ができるようになったが、ただそれだけ。イップス治らず。「ただ特技を1つ増えただけ」(前田)
  5. 自分たちの時代にはイップスという言葉がなかった。「気持ちの問題」とされており、プレッシャーを跳ねのけるために「気持ちっ!」と叫んでいた。(南條)

  

遅刻は怖い

  1. 遅刻が怖かった。5分遅れるなんてとんでもない!(大悟)
  2. 母が弁当作りに集中し過ぎて起こしてくれず遅刻しそうになる。⇒弁当を受け取らずに家を出ると母が追い掛けてくるも止まれず。それぐらい遅刻は怖かった。(辻)
  3. 北海道は冬の練習ができないので、室内でやる。⇒業務用ヒーターがあり、汗だくなったグランドコートを乾かすがナイロンなので溶けたり縮まないように乾かす。⇒監督は知らずにヒーターの上にグラコンを置いたら縮んだ。(安村)

 

 

 

最後の試合

  1. 安村:甲子園が目標だったため3回戦まで行ったのでやりきった感が強かった。甲子園の砂を笑顔で大量に持ち帰った。⇒大量だったので友達に預けて忘れていた。⇒数年後に砂はどうしたか聞いたら、北海道では冬に車の滑り止めに砂をまく。全部使った。(安村)
  2. 斉藤:千葉の大会で準決勝まで行った。斉藤はボールボーイだったが補欠仲間が練習試合で結果を出した。⇒補欠仲間はそのままレギュラー獲得。最後の大会でスリーベースを打った。⇒1番仲が良かった仲間の活躍に感動で涙した斉藤。⇒試合度にその友人が「斉藤とのキャッチボールのおかげで、俺はここに立てたよ」と言ってくれた。それでまた泣けた。
  3. 陣内:中学だが最後の試合の話。仲が良かったシバくんは1回も試合に出たことがなかったが、最後なので打席に立つことに。⇒バントのサインが出てバントで構えたシバくん。⇒軟式だったので、奇跡が起こりセンター前ヒット!大盛り上がり!
  4. 前田:最後の試合の後、監督が1人1人に声をかけてくれる。
  5. 高岸:監督から言われた最後の言葉「お前が野球やる時は、野球やる時や」←「僕もまだわかんないです」と高岸。
  6. 辻:最後の夏、髪の長さで意気込みがわかる。引退したいのか甲子園行きたいのか。
  7. 大悟:最後の夏の大会が終わると、コンビニでブリーチと花火を買う。

 

 

 

大悟vsティモンディ高岸 夢の対決!①

  1. 済美高校野球部ティモンディ前田&高岸を相手に大悟が打つ!
  2. 2人の登場に大悟苦笑い。「コイツ本物やもん」
  3. 高岸を前にして大悟の一言。「ケガをしない事を急に考え始めました」
  4. 大悟の予想:当てないはずで投げてくるのでアウトコースのストレート。「いけます」
  5. 高岸の気合「僕も本気で投げるんで、ホームランで日本中を元気にしましょう!」←「おう!」と無理する大悟。
  6. 1球目:インコース。ストレート132km。【ストライク】←「インコース投げてんじゃん」とブーイングの大悟。
  7. 「僕は手を抜きませんよ!」という高岸に、高校時代の感覚を思い出す大悟。
  8. 2球目:インコース高め。ストレート130km。【ボール】←「高岸~。バラエティ!ビュンじゃないのよ…」と嘆く大悟。
  9. 3球目:インコース。ストレート128km。【ストライク】←スタジオで陣内が「振れよ」と言うも、「マジで立ってみぃ、バッターボックス」と地団駄を踏む大悟。
  10. 4球目:真ん中。ストレート。【ストライク】⇒大悟、空振り三振!「全然打てない!」
  11. 「タイミングもコースも全然…」と前田が指摘すると、大悟も「逃げながら振ってたもんね」と答え、「腰引けてましたもんね」と前田。

勝者高岸!

 

大悟vsティモンディ高岸 夢の対決!②

  1. もう1打席を頼む大悟に「もちろんです!夜までやりましょう!」とウェルカムな高岸。
  2. 大悟はバットを短く持つ。
  3. 1球目:ファウル。ストレート130km。【ストライク】←スタジオから拍手。「(大悟を)応援したくなってきた」とホトちゃん。
  4. 「どんなスイングしてたかな、高校の時」と大悟。
  5. 2球目:空振り。ストレート129km。【ストライク】←「一生打てん!」と泣きが入る大悟。
  6. まだ腰が引けていると大悟。前田も同意。
  7. 3球目:空振り。低めストレート130km。【ストライク】⇒大悟、空振り三振!

勝者高岸!

 

大悟vsティモンディ高岸 夢の対決!③

  1. 大悟のお願い。「110キロぐらいのを1球投げてくれ!1回打つシーン撮る!」
  2. 高岸も「110キロの全力ですね」と応戦。
  3. 1球目:ファイル。【ストライク】
  4. 2球目:空振り。【ストライク】
  5. 「3年間一緒に練習してきたアイツらが今見てる!」と気合を入れる大悟。
  6. 3球目:ファイルも根っこに当たって痛がる大悟。
  7. 4球目:見逃し三振!
  8. 大悟が前田に「ギリギリアウトローか?」と尋ねると、「そうです。大悟さん20打席振ってもヒットにならないです」との回答。
  9. 終えた大悟が「なんか涙が出てきました…。いろんなことを思い出して」と語る。⇒「僕は18の夏、野球を辞めて芸人になることを決めたんです。よかったよかったあの時の選択は」
  10. スタジオで高岸の球は打てず、稲森亜美の時もレフト前ポテンだったのにスタジオではみんなが応援してくれたと感動する大悟。
  11. 最初にアウトコース狙いだったのに、インコースが来てしまい、その後踏み込めなかったと反省する大悟。
  12. このロケ後に別の仕事で大悟に会った時に、「やっぱ開いてたかな」と言ってきた。「向上心がまだあるんです!これがしびれました!」とべた褒めな高岸。
  13. 大盛り上がりのスタジオで「大悟、もう1回やろう」とホトちゃん。
  14. 今回のメンバー8人と中学辞めのどっちか1人を入れて野球チームに、と大悟。「ちゃんと扱ってくれよ」と陣内とホトちゃん。


◆◇◆ ◆◇◆


高岸さんと大悟さんの対決は最高でした!
大悟さんはM-1の時くらい緊張したのかもしれませんね。


しかし高岸さんはやっぱりスゴイ!
この放送後、思わずティモンディの野球チャンネルを観ちゃいました(笑)。


あの天然炸裂なポジティブさといつも笑顔の高岸さんが、ピッチャーとして投げるとめっちゃカッコイイ!
前田さんとのコンビが最高。


大悟さんたちの野球チーム、楽しみです。
この企画第2弾やって欲しいですね。

 

 

「元野球部芸人」の本編はこちらです

アメトーーク 6月29日「元野球部芸人」大悟からティモンディの野球部!ティモンディは始球式で憧れの甲子園に! - 今日も暇です。

 

▽他のアメトーーク部活回もどうぞ▽

アメトーークSP 千鳥の高校時代の部活話が楽しい!かまいたちも!「弱小部活芸人」 - 今日も暇です。