/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

アメトーーク 3月12日「トリオの2番手3番手芸人」ロバート秋山&四千頭身の不満が爆発!ハナコは平和

2020年3月12日の『アメトーーク!』です。
今回のテーマは「トリオの2番手3番手芸人」。

 

オープニングの出番からエースと、2番手3番手の差は歴然でした(笑)。
どういう話が飛び出すかめちゃくちゃ楽しみです♪

 

f:id:nukonyan131:20200313040116j:plain



◆トリオ芸人2番手3番手

  • ロバート:山本博さん、馬場裕之さん
  • ジャングルポケット:おたけさん、太田博久さん
  • 四千頭身:都築拓紀さん、石橋遼大さん
  • ハナコ:菊田竜大さん、秋山寛貴さん


◆トリオ芸人エース

  • ロバート:秋山竜次さん
  • ジャングルポケット:斉藤慎二さん
  • 四千頭身:後藤拓実さん
  • ハナコ:岡部大さん

 

▽目次です▽

  

ロバート

  • 秋山は「エース」では納得いかない。「CEO」のレベル!
  • ロバートではバラバラに出演することも多いので、ユニットを組んでいる。
  • 山本&馬場のコンビはWヒロ。秋山&馬場コンビはABBA(アバ)。秋山&山本コンビは秋山山本が吸収されている。

トリオでの貢献度

  1. 山本の考え:山本「17%」、秋山「80%」、馬場「3%」
  2. 山本は秋山が作成したネタを即興で合わせているので、ネタ作りに参加をしている自負がある。
  3. 馬場はネタ作りに参加しない。秋山も馬場は呼ばないし、馬場もいつネタ合わせをしているか知らない。
  4. 馬場の考え:山本「25%」、秋山「50%」、馬場「25%」
  5. 馬場は今の時代は「ネタ100」ではないと思っている。
  6. 秋山はネタ全部なので「50」。馬場はネタ以外の料理で頑張ってトリオに還元していると自負。
  7. 山本はボクシングと子供番組で活躍。それぞれ12.5%×2=25%。
  8. 秋山の話。ネタ作りはしているがセリフの割り振りは馬場と山本でやって欲しいのにケンカする。しかもネタ上重要ではないセリフ。
  9. 秋山の考え:どーでもいい!

 

2番手3番手ここが辛い

  1. Wヒロの時にやりようがなくて困る。
  2. 秋山曰く21年もやっているんだから、やりようがないわけがない!
  3. ロバートで年間エンタメ賞を受賞した時のこと。授賞式には秋山が不在だった。
  4. 困った2人は秋山の等身大パネルに梅宮さんの顔写真をはめて体モノマネをした。
  5. スタジオでその時のVTRを見た秋山の一言。「お前マジ、天国の梅宮さんに謝れ!」
  6. 秋山の話。自分が行けない時に、Wヒロの2人は何をしているのか気になったら、チャゲアスの歌を歌って終わり。しかもWアスカ。
  7. 秋山の後悔。「やっぱり解散すべきだった!」
  8. 再現ドラマがあると秋山がメインで、2番手3番手はどっちでもいいため、配役が適当になる。
  9. ロバートの大ファンというアーティストのラジオに出ても、秋山しか見ていない。
  10. 秋山曰く、スポーツを突き詰めすぎるのも考えもの。山本はプロボクサー。
  11. 山本はボクシングの試合にスーツを着てメモ取りまくっている。→審判になろうとしている。
  12. 周りが熱いトークバトルをしていても平和なWヒロ。秋山は「この2人はお笑いする気がない!」と言い切る。
  13. ロバートは秋山が天才すぎるから、2人が可哀想ではあると斉藤。
  14. 馬場は1番近くで見ると、秋山は1番面白いと大満足。山本も同意。


◆◇◆ ◆◇◆


秋山さんの不満爆発がとにかく面白いです。
なんだかんだと山本さんと馬場さんの特技を認めてますし、実際にはものすごく尊敬しているでしょう。
馬場さんの料理番組で秋山さんと山本さんがゲストで出た時に、料理でやっていくことを認めていたのを思い出します。
和牛さんがゲストの番組でした。

 

 

ジャングルポケット

  • ジャンポケのリーダーは太田。
  • 斉藤曰く、太田がリーダーをやりたいと言っているだけで、斉藤もおたけも納得はしていない。
  • ジャンポケは「斉藤がいないと成立しない」と斉藤自身が自負。

 

トリオでの貢献度

  1. おたけの考え:おたけ「26%」、太田「24%」、斉藤「50%」
  2. 太田はネタを書いてくれているので評価は14%。残りの10%は太田の奥様。
  3. おたけはその残りの26%。パンチ力がある。エゴサーチをしても「面白い」と言われていると自負。
  4. 太田の考え:おたけ「20%」、太田「30%」、斉藤「50%」
  5. 太田はネタを書いている。
  6. 強めの企業などからのCMの仕事ももらっている。そういうのの台本も太田。
  7. 斉藤の話。おたけはホームランか三振。太田はヒット止まりでホームランが打てない。

 

2番手3番手ここが辛い

  1. 斉藤抜きで、太田&おたけで仕事をすることもある。吉本の通常の劇場にも出演。その時のユニット名は「おおた&おたけ」ジャングルポケットの名前は使えない。
  2. 斉藤との仕事の時は、ジャンポケの名前を使える。
  3. おたけに改名してから変わった。
  4. スポーツものは太田だったは、今ではロンハーのスポーツテスト2連覇。最初は呼ばれなかった。


◆◇◆ ◆◇◆


おたけさんが自信満々で面白かったですけど、今のジャンポケさんがいい感じなんだろうなぁと思いました。
おたけさんはこどもに人気らしいですし。
研究生から昇格できたのかな?
いつも気になってます(笑)。

 

 

四千頭身

  • エースは後藤。自分でも認めているが、ロバート秋山に「エースが着る生地の服じゃない」と指摘される。
  • 最近「エースは石橋では?」説が出てきている。

 

トリオでの貢献度

  1. 都築の考え:都築「30%」、後藤「55%」、石橋「15%」
  2. 石橋とは漫才のセリフの量が違う。
  3. 出だしで胸を叩くという肉体的ダメージもある。 
  4. 石橋の考え:都築「25%」、後藤「50%」、石橋「25%」
  5. 後藤と都築が元々組んでいた。石橋は2人に拾ってもらった。
  6. 当時は都築「8%」、後藤「90%」、石橋「1%」だった。←「1%は?」とツッコまれる。
  7. 活動していくにつれ、都築に並んだと自負する石橋。
  8. ハナコ秋山は四千頭身と同じ事務所の後輩だが、人気は圧倒的に石橋が2番手。後藤を好きな子が「ごたガール」、石橋を好きな子は「バシガール」。SNSで「ツヅガール」は1人もいないという秋山。
  9. 後藤の話。お笑い的に石橋の数字の割り振りが面白くない。都築vs石橋なら、自分を多く書かないとダメ!それはロバートの馬場にも言える。

 

2番手3番手ここが辛い

  1. 後藤は「四千頭身 後藤」だが、都築と石橋は名前をわかってもらえず。
  2. 先輩に名前を間違えられて「逆ですよ」とツッコんでも、そもそも名前をわかっていないのでスベる。
  3. 特徴で覚えてもらう。都築は歯が出てるから「出っ歯」。石橋は特徴がないので「右」四千頭身:出っ歯、後藤、右。
  4. 後藤のスケジュールがいっぱいだと都築に行く。都築がNGだと石橋に行くが、仕事の内容がチェリー関連。
  5. 後藤曰く、石橋は自発的に何かしようとしない。
  6. 単独ライブをする時、後藤はネタを書くし、都築もいろいろ言ってくるが石橋はない!
  7. 後藤は都築から石橋に自発的に何かしろというべき。→「俺が言って聞くかな?」と都築。
  8. 石橋も特技を見つけようと考え、運動神経を生かそうとジムにも通ったのに、ロンハーの運動会で呼ばれるのは後藤。
  9. 石橋は根本的にズレているという後藤と都築。
  10. 石橋の不満が爆発寸前になるも、後藤はそういう話は都築として欲しい、「僕は1番手で忙しい!」
  11. おたけから石橋へのアドバイス。改名。おたけは元々武山浩三。おたけにして変わった。
  12. 石橋は負け顔が出来ない。都築と後藤は不満。
  13. 石橋は実践学園サッカー部出身。4軍だったがプライドがある。←太田は4年目だからまだだが、年数を重ねると自分の立ち位置が見えてくる。サッカー名門出身で全力で「サンキュー」とやっているパンサー尾形がいる。
  14. 後藤と都築の不満②。こういう言い合いになるとすぐに「石橋君可哀想」になるのが困る。
  15. ロバート秋山が石橋が「でも…」と言い返していることを指摘。
  16. ホトちゃんも「でも橋」に改名を提案。


◆◇◆ ◆◇◆


四千頭身さんは若手でもこういうぶつかり合いを平気でするトリオなので、そこも魅力でしょう。
でも影ではすごく努力をしていて、ファンもとても大事にしている印象。


後藤さんは絶対エースですけど、ここでは全くいいとこなしな石橋さんは『かみひとえ』の大食いで頑張ってますよね。
あの食べっぷりが認められて、ここ2ヵ月以上連続でオンエアされてます。


第7世代もライバルが多いので、踏ん張って欲しいですね。
ネタもめちゃくちゃ面白い。

 

ハナコ

  • ハナコのエースは岡部。大食いで活躍しているので、胃袋でエース!
  • リーダーも岡部。
  • ハナコは秋山と菊田2人のコンビに、岡部が入れてもらった立場だが、岡部がリーダー。
  • 秋山曰く、「圧倒的に頼もしいヤツ(岡部)が入ってきたので、すぐリーダーに!」
  • ハナコもロバート同様に、ネタ作りは秋山と岡部でやっており、菊田は参加せず。

 

トリオでの貢献度

  1. 秋山の考え:菊田「10%」、秋山「20%」、岡部「70%」
  2. 秋山は自分の性格的に3番手でいたい。縁の下の力持ちでありたい。
  3. それなのに、秋山が菊田に「10%」と付けたのに、本人はまさかもっと下回ってきた。 
  4. 菊田の考え:菊田「2%」、秋山「49%」、岡部「49%」
  5. 本当に何もやってない。
  6. やっている事と言えば、単独ライブの準備。秋山と岡部がネタを書いているので、2人は忙しいので、秋山が衣装や小道具の買い出しを頼んでくれる。
  7. 菊田曰く、自分が謙虚なのではなく、秋山と岡部が本当に頑張っている。単純にハナコはこの2人がすごく頑張ってる!
  8. でも、ハナコでは1番楽しそうとみんなに言われる。
  9. 岡部の話。秋山が自分で「20%」と付けているが低すぎる。秋山はすごい頑張っている!
  10. キングオブコント王者になった後も新ネタをどんどん書いて、また新しい評価になっている。それは秋山が頑張って新しいネタを書いてくれているから!
  11. 岡部の考え:菊田「0%」、秋山「60%」、岡部「40%」

 

2番手3番手ここが辛い

  1. ハナコ=岡部と思われている。SNSでハナコ岡部の「ハナコ」って、ディーン・フジオカの「ディーン」という呟きがあった。
  2. 他の3組の不満エネルギーがすごくて、岡部が一言。「ハナコでよかったな!」
  3. 岡部がピンの仕事の時、秋山は頑張ってくれている。
  4. 今までは2人で一緒に作っていたのに、今は秋山が1人で最初から最後までネタを作りあげている。「僕がいなくてもハナコのネタが出来るんだ」と寂しいという岡部。
  5. 秋山は自分もスキルアップすれば、ハナコはもっと面白くなると思っている。
  6. 菊田の不満。岡部がロケやひな壇などでの仕事の時は岡部をすごく褒める。菊田のことは全然褒めない。「もっと俺を褒めて欲しい」
  7. 秋山が菊田に褒めて欲しいのかと尋ねると、「僕は褒めないと壊れちゃう人間」と答える菊田。
  8. キングオブコントで優勝後、ハナコで人気が出るのは菊田だと思っていたという秋山。キャラが立っているから。
  9. 案の定、『アメトーク』でピンで呼ばれたのは菊田1人。その後『水曜日のダウンタウン』でも奇人変人の括りに入れてもらえた。
  10. このまま上昇していくかと思いきや、その支持者がさわっと消えた。
  11. 斉藤のアドバイス。そのテレビを見てしっかり感想を言ってあげた方がいい。ジャンポケはしっかり言っている。それで向上心を保ててる。菊田はそのタイプ。
  12. 岡部の最大の不満。「秋山が一緒にお風呂に入ってくれない!」←全部見せあって絆が深まる、と岡部の持論を展開。


◆◇◆ ◆◇◆


ハナコさんは仲がいいですよね。
秋山さんが菊田さんがもっと出て行ってハナコを引っ張る役目をして欲しいというようなことを、キングオブコント王者後に言っていたのを思い出しました。
こういうトリオもいいと思います。
東京03さん

のようになって欲しい。

 

▽トリオ愛の記事もどうぞ▽ 

ゴッドタン「トリオ愛確かめ選手権」トリオ愛より不満爆発!東京03 パンサー ジャンポケ - 今日も暇です。

 

アメトーーク 9月17日 サンドウィッチマンやロバートの「相方大好き芸人」 - 今日も暇です。