/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

アメトーーク 6月11日 バラエティ大好き芸人が語るバラエティ!芸人愛とアンタッチャブル

2020年6月11日の『アメトーーク!』です。
企画は「バラエティ観るの大好き芸人」第2弾です。

 

f:id:nukonyan131:20200312034434j:plain


前回からほぼちょうど1年が経過したこの時期の放送になります。
前回のは「バラエティ観るの大好き芸人」回です。

 

アメトーーク 5月30日 芸人が選ぶ好きなバラエティ 水曜日のダウンタウン芸人に期待! - 今日も暇です。


『水曜日のダウンタウン』で盛り上がったのが前回で、いつか『水曜日のダウンタウン芸人』をやって欲しいです(笑)。
ぜひダウンタウンをゲストに呼んでください。
アメトークなのでクロちゃんでしょうけど。


今回フィーチャーされるのはどの番組でしょうか。
そういえば、前回は宮迫さんいたんだよね。。。


メンバーに入れ替えがありました。
ゴッドタンの腐り芸人で同じみのノブコブ徳井さんに期待!


◆バラエティ観るの大好き芸人

  • 出川哲朗さん
  • 品川祐さん(品川庄司)
  • 向井慧さん(パンサー)
  • 田中卓志さん(アンガールズ)
  • 徳井健太さん(平成ノブシコブシ)
  • 中岡創一さん(ロッチ)


▽目次です▽

 

 

前回のバラエティ大好き芸人

  1. 前回はバラエティ番組のスタッフからの反響が凄かった。
  2. 徳井は分析の鬼。
  3. 『ANOTHER SKY』ではMCの今田が「てっちゃんアメトークで紹介してくれてありがとう」と番組内でお礼された。
  4. 『脱力タイムズ』をオススメした中岡はその後脱力に呼ばれた。他の番組でも紹介してください、と賄賂を渡すボケまでして笑いにしてくれた。
  5. 品川は好きなディレクターを紹介。ネットで媚びていると叩かれたが、そのディレクターの仕事は1個も入ってきていない。本当に好きで紹介しただけ!

 

 

 

出川哲朗が観るバラエティ番組

  • 水曜日のダウンタウン
  • アメトーーク
  • ロンドンハーツ
  • あちこちオードリー
  • 有吉の壁
  • お笑い向上委員会
  • 全力!脱力タイムズ
  • アナザースカイ
  • その他たくさん

 

 

出川イチオシのバラエティ番組『あちこちオードリー』

  1. 芸人が普段見せない裏の話を聞くのが好き。
  2. 「若林ごめんなさい!」という出川。若林はこの番組を世間にバレたくないと言っている。
  3. 深夜ラジオのノリのように結構言っている番組だから、そっとしておいて欲しいという若林。
  4. 東野幸治が出た回。ヒガシノリ曰く「もうお笑いをやっている感覚がない。フロアディレクターの気持ちを察しているので、フロアディレクターが番組に出ている感じ」。スタッフ側の気持ちを飲み込んでやっている。
  5. ナイナイ岡村が片岡飛鳥に出会い、出川が「イッテQ」に出会ったように、芸人は優秀なスタッフと出会う旅をし続けているだけ、とヒガシノリは語っていた。
  6. ヒガシノリはこれまで優秀なディレクターに出会ったことが一度もない!
  7. 出川曰く、ヒガシノリも行列の高橋利之という優秀なスタッフと出会っている。
  8. 芸人の本音トークが聞ける。
  9. 若林も天下取ろう、お笑いを引っ張っていこう系のスタッフはダメと言っていた。
  10. MC横芸人で、陣内智則とバイきんぐ小峠が出演した回。
  11. 出川が認めるサブMCビッグ4:陣内、小峠、ノブコブ吉村、サバンナ高橋
  12. さらに、麒麟・川島と澤部が入る。計6人。
  13. 陣内はMCをやりたがっていたが、今はサブMCのポジション。それをどういう気持ちかと若林が聞くと、昔はMCをやりたかったが今はサブMCに喜びを感じている。若林とかプロの人が褒めてくれたら十分と言っていた。
  14. そういう裏の話ができるのはMCがオードリーだから。2人の空気感がいい。
  15. 若林が優しさからの一線を超えない質問力がいい。人を傷つけないという安心感がいい!(向井)
  16. 小峠はMCがツッコむのを待って足りないところをツッコむようにしている。(田中)
  17. 徳井と田中も出演した。打ち合わせがない。そういう番組はあるがアンケートも一切書かない。決まり事がないので、オードリーも出演者も裸の言葉が出ちゃう。(徳井)
  18. この番組のスタッフは佐久間P。本番前に「ラジオのつもりでやって」と言ってくれるので、ラジオ感覚で喋ってしまう。(中岡)

 

 

品川庄司・品川が観るバラエティ番組

  • アメトーーク
  • ロンドンハーツ:深夜になって魂を研磨するバラエティ
  • ゴッドタン
  • 水曜日のダウンタウン
  • ドキュメンタル
  • ガキの使いやあらへんで
  • 有田Pのおもてなす
  • 全力!脱力タイムズ
  • 家、ついて行っていいですか?
  • 7.2新しい別の窓
  • にちようチャップリン
  • お笑い向上委員会
  • フリースタイルダンジョン
  • 有田ジェネレーション
  • 探偵ナイトスクープ

 

 

品川イチオシのバラエティ番組『お笑い向上委員会』

  1. ザブングル加藤が謹慎明けで復帰した回。
  2. カンニング竹山は加藤をいい形で戻してやりたいということで、加藤と合宿行ってシミュレーションもして加藤を温めた。
  3. 加藤は向上委員会で魔王と呼ばれており、魔王復活としていたのに、冒頭で謝罪した。
  4. 魔王になれ、合宿までしただろうと竹山が煽ると、加藤が「竹山さんクラスでは世間は納得しないんですよ」と言ってウケた。それを竹山が嬉しそうに「何言ってんだ!合宿連れて行っただろう」と言っていたのがたまらなかった。
  5. 加藤がウケているのが嬉しくてたまらない竹山。合宿代はもちろん竹山持ち。
  6. その後も加藤は真面目トークで魔王にはならず。そこでホリケンがトークを振った。ホリケンがトークの振りをするなんてレア!
  7. そのホリケンの振りが1ヵ月のボランティアから帰宅した時の息子の一言。「あれ?お母さんどこ?」
  8. 息子の言葉ではなく、ホリケンのレアな振りが最高だった。
  9. ガダルカナル・タカがたけしが去った事務所で必要なのは監督枠。品川来いと言われた。
  10. たけし軍団に入るということは、肛門見せ次郎みたいな名前に変えられると品川がボケた。ウケたのに、その後にタカがアナルナメル・タカになってしまうとボケの上塗りをされた。面白くて感動したという品川。
  11. 『にちようチャップリン』の加藤の話もしたかった。

 

 

 

ロッチ中岡が観るバラエティ番組

  • 有吉の壁
  • お笑い向上委員会
  • アメトーーク
  • ロンドンハーツ
  • テレビ千鳥
  • 全力!脱力タイムズ
  • 内村さまぁ~ず
  • 世界の果てまでイッテQ!
  • ワイドナショー
  • アナザースカイ
  • クイズ!脳ベルSHOW
  • にちようチャップリン
  • かりそめ天国
  • 月曜から夜ふかし
  • ゴッドタン

 

 

中岡イチオシのバラエティ番組『有吉の壁』

  1. 中岡は同じ時間帯の『世界の何だコレ!?ミステリー』に蛍原と一緒に出演している。しかもアメトークはテレ朝。それでも推したい!
  2. テレ朝の水曜19時は『あいつ今何してる』を放送。
  3. 裏番組が面白いと発表する強心臓の中岡。
  4. 中岡も田中も特番や深夜時代はずっと出演していた。1回目からずっと!ゴールデンに昇格したら裏被りになってしまった。
  5. とにかく明るい安村は「ミスター壁」と呼ばれている。なりふり構わず全力で笑いを取りに行っている。
  6. 「ブレイクの壁」ではTT兄弟みたいなのを作ろうとなった。
  7. 「東京って凄い」と安村のネタがすごくよかったが、実際にはそれほどブレイクしなかった。でもそこがいい!
  8. 「ブレイクの壁」は芸人のハードルはキツイコーナー。
  9. 有吉の芸人愛が溢れている番組。大喜利はできるかと有吉に聞かれ、そうでもないと答えた向井。そしてその後冬の海に4回飛び込みさせられた。新しい自分を引き出してくれる。後輩芸人を育成する有吉。(向井)
  10. 『有吉の壁』ではパンサーの菅が全面に出ていて、パンサーの強みは本当は菅であるというのがしっかり出ている。パンサー菅の存在を証明!(品川)
  11. 有吉は菅の面白さを伝えられてないなと有吉がTwitterで呟いたら、それを菅は2丁目のバーで読んで泣いていたらしい。(向井)
  12. 『有吉の壁』はお笑い界の光。お笑いでゴールデンの時間帯で数字が取れることが証明できた。(出川)
  13. 配信ではぶっ飛んだネタもやっており、テレビと配信のいい関係が出来た。(品川)

 

 

 

アンガールズ田中が観るバラエティ番組

  • 有田ジェネレーション(桐野、ムラムラタムラ)
  • 世界の何だコレ!?ミステリー
  • 今田×東野のカリギュラ
  • 家ついて行ってイイですか?

 

田中イチオシのバラエティ番組『今田×東野のカリギュラ』『家ついて行ってイイですか?』

  1. 『今田×東野のカリギュラ』テレビではできない企画をネット配信でやっている。
  2. ノブコブ吉村がやっている「人間火の鳥コンテスト」。いろんな炎上タレントが羽根をつけて羽根を燃やして、どれだけ火の鳥に近づけるかという企画。
  3. 審査員はプリンセス天功と山下真司。
  4. 全身防火服を着て、顔には防火ジェルをつけている。それでも熱いのに吉村は「熱い」と言わない。そして、飛んだ姿があまりにも火の鳥だった!
  5. とても素晴らしい火の鳥だったのに、プリンセス天功が8点。山下真司は10点満点だったのに。審査に納得がいかない!
  6. 吉村は顔が火に覆われていたが、飛んだ瞬間に火が避けて、その時に「バラエティの扉が開いた」と思ったとのこと。
  7. 『家ついて行ってイイですか?』は神回が多い。
  8. 鹿島アントラーズファン同士で付き合ったカップルの家に行った回。
  9. 彼女はパニック障害で外出を怖がっていたが、彼氏がいろんなところに連れて行ってくれた。将来は鹿島アントラーズのスタジアムで結婚式をしたいと言っていた。
  10. ところが番組の最後にスタッフにLINEが入り、実はこのカップルは収録時にすでに別れていたとのこと。まだ周りに別れたことを伝えてなかったので付き合ってる体で話をしたいたとのこと。
  11. 田中は女の子は難しいなと思って見ているとのこと。
  12. VTRのラストに流れる「Let it be」が街中で流れてくると泣いちゃう。(出川)
  13. キンコン西野の回もよかった。夢を語り出した時に「Let it be」がかかり、「ここか」と大木が呟き笑いに変えた。(品川)

 

 

 

パンサー向井慧が観るバラエティ番組

  • 相席食堂
  • あちこちオードリー
  • アメトーク
  • 有田ジェネレーション
  • 有吉ぃぃeeeee!
  • 有吉の壁
  • オドぜひ
  • くりぃむナンチャラ
  • さまぁ~ず×さまぁ~ず
  • 霜降りバラエティ
  • 水曜日のダウンタウン
  • スクール革命
  • 全力!脱力タイムズ
  • テレビ千鳥
  • チャンスの時間
  • にけつッ!
  • 爆笑問題のシンパイ賞
  • ロンドンハーツ

 

 

向井イチオシのバラエティ番組『相席食堂』

  1. 前回田中がイチオシしたら、スタッフが喜んでくれた呼んでくれた。
  2. その回が最高視聴率だったらしく、プロデューサーからメールをもらった。
  3. パンサー尾形とサンシャイン池崎の回。
  4. 「この人ってこんなに面白かったのか」と相方の面白さに気づいた。その面白さに気づけず悔しくもあるが、大好きにもなる回だった。
  5. 北海道でパンイチでスノボーで山から滑ってくるところから始まる。雪でいろいろする。
  6. ダチョウがいるところに行けば、坊主頭が好きで寄ってくると聞き、坊主頭する。しかし尾形の坊主にはダチョウは寄ってこない。頭丸め損。
  7. 必死に笑いと撮れ高を取るためにやっている芸人魂が心を打つ。
  8. トリオで一緒にやっていると尾形に「なんだよ」と思うこともあるが、この相席食堂の回を見ると「俺の相方はこんなに素晴らしい芸人なんだ」と尾形の再確認ができる!
  9. パンサーを続けていく上でとても大切な素材を『相席食堂』に作ってもらった。
  10. 尾形は心配するようなことは何一つない。それぐらい彼は天才。尾形大好き!ドッキリやらせたら1番面白い男。優秀だと思っている。(出川)
  11. 大悟にたくさん持っている番組で1番大変なのは何かと聞いたら、『相席食堂』と言われた。自分たちがいなくても成立しているロケに止めてコメントすることは絶対にスベれない状況。100%ウケているのに、150%にしなければならないのを初めて見るVTRでやり続けなければならない。そのハードルが今やっている仕事の中で1番大変と大悟は言っていた。(徳井)
  12. その愛があるからこそいい番組になっている。(徳井)

 

 

 

ノブコブ徳井が観るバラエティ番組

  • 霜降りバラエティ
  • テレビ千鳥
  • アメトーク
  • ダウンタウンDX
  • 脱力タイムズ
  • あいのり
  • テラスハウス
  • ゴッドタン
  • あちこちオードリー
  • 激レアさんを連れてきた
  • ガキの使い
  • お笑い向上委員会
  • バズリズム
  • 家ついて行っていいですか?
  • 充電させてもらえませんか?
  • ザ・ノンフィクション
  • 72時間
  • プロフェッショナル
  • クイズ!脳ベルショー
  • ボクらの時代
  • いろはに千鳥
  • 路地裏探訪
  • 金スマ
  • 行列のできる法律相談所
  • ワイドナショー
  • サンデージャポン
  • 有吉の壁
  • 相席食堂
  • 月曜から夜ふかし
  • 水曜日のダウンタウン
  • フリースタイルダンジョン
  • アベプラ
  • ももクロchan
  • ハッピーチャンネル
  • バースデイ
  • スッキリ
  • マツコの知らない世界
  • 夜の巷を徘徊する
  • アウトデラックス
  • 王様のブランチ
  • 白黒アンジャッシュ
  • ピタゴラスイッチ
  • 仰天ニュース
  • 世界まる見え
  • きらきらアフロ
  • ひるおび
  • ネタパレ
  • デカ盛りハンター

 

徳井のイチオシのバラエティ番組『今田×東野のカリギュラ』『霜降りバラエティ』

  1. 自分の相方である吉村が最強になる瞬間がわかる。
  2. 田中が話した火の鳥は、時間もスタッフもお金もかかっている企画。それを吉村はわかっているので、絶対失敗できないとわかっている。
  3. 吉村は長生きしたくて、安定感が強い。だがどこかで「もういいや」とスパンと切れた時、吉村は虹色に輝く!
  4. 吉村を使う場合は、ギリギリ追い込んでぶっ壊れる時に面白さが存分に出るので、そういう風に使って欲しい。
  5. 『霜降りバラエティ』は霜降りがやりたいことをやっていて、スタッフを含めてみんなで練って作っている番組。
  6. 折り紙を折る回。せいやは折り紙折れないのに粗品は止めることもせず、そのまま折らせている。
  7. 人間の持っているコンプレックスをそのまま見せているのではないか。それがすごく嬉しかった。
  8. バラエティで面白いものを作っているうえで、人間というものが映りこんだときに、芸人は笑いを超える瞬間がある。(品川)
  9. アメトークでも台本にないことは手が震える。言わなきゃと出た瞬間が面白い。それが今のモニター越しでは伝わらない。
  10. 粗品は何でもできる。せいやが何もできない。(向井)
  11. でも粗品は童〇。本当に少年ジャンプ!(品川)
  12. 粗品は自分が面白いと思うピン芸人を出している。尊敬している。主人公気質。(向井)
  13. 霜降りの気持ちが乗った番組。今は正しい事だけ言わないといけない風潮だが、自分が信じているのであればそれを言い続けてもいいと思っている。それがせいや。
  14. 第7世代もあと5~6年したら今みたいなことはできなくなる。それでイイ!
  15. 全員がM-1目指してもいいけど、オジサンになってもM-1目指すのはダメ。芸歴にあった仕事のスタンスが大事。
  16. MCをやっている人は全部に気を配っている。蛍原は今が最高!

 

 

 

『全力!脱力タイムズ』のアンタッチャブル復活について

  1. アンタッチャブルはもちろん素晴らしいが、カッコいいなと思ったのがあれを番宣をしないで放送したこと。告知をすれば数字は取れていた。潔い!(出川)
  2. アンタッチャブルはスゴイが、やっぱり有田。小手伸也がダミーだったが、当初はスケジュールがNGだった。それを有田自身が小手の楽屋に行って出演交渉をした。自分の足を使う熱量があの番組を作っている。(出川)
  3. 品川はこの回の後にザキヤマから電話をもらった。品川はアンタッチャブル復活に胸が熱くなっていたので、てっきりその話だと思っていた。「復活おめでとうございます!」と言ったら、ザキヤマに軽く「ありがとうございます!」と言われた。(品川)
  4. そしてザキヤマから「今隣の個室で庄司くんが吉本の悪口言ってるけど大丈夫?」と言われた。電話の用件はコレ!(品川)
  5. アンタッチャブルの漫才が柴田が終わらそうとするのをザキヤマが止めて続ける。(向井)
  6. 今までは逆のパターンだった。あの人たちは生まれてから漫才師になったんじゃなくて、漫才師として生まれてきた!(品川)


◆◇◆ ◆◇◆


徳井さん、スゴっ!(笑)。
すでに職業がお笑い分析になってますよね。
でも、プロの芸人だからこそわかる部分って大事だと思います。


徳井さんにしろ、向井さんにしろ、相方の話をしてコンビ愛を感じました。
品川さんも何気に庄司さんの話出しますしね。


見ていない番組もありましたけど、今回イチオシだった番組は一応見ています。


『水曜日のダウンタウン芸人』してくれないかなぁ。

 

▽前回のバラエティ大好き芸人の記事もどうぞ▽

アメトーーク 5月30日 芸人が選ぶ好きなバラエティ 水曜日のダウンタウン芸人に期待! - 今日も暇です。

 

自分でも好きなバラエティと前回のアメトークで出たバラエティをまとめています。

アメトーーク 「バラエティ観るの大好き芸人」を見て好きな番組をあげてみた - 笑う門には福が来る!