/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『激レアさんを連れてきた。』2018年10月29日 ニトリの会長 似鳥昭雄のひらめきのアイデアでとんち大作戦

2018年10月29日放送の『激レアさんを連れてきた。』のまとめです。
今回はゴールデンということで、2人登場しました。
まずは1人目、あらゆる困難を、全てとんちで解決して誰もが知るあの「ニトリ」の創業者になった人、アキオさん(似鳥昭雄さん)です。

 
一休さんばりのとんちでニトリを大企業にした人、アキオさん。
長くなってしまったので、この記事ではアキオさんをまとめてます。


◆ゲスト:水野美紀さん、関根勤さん


▽目次です▽

 

登場と同時に激レアさんの素性がバレる、似鳥昭雄さん!(笑)

激レアさんが登場するとすぐに、関根さんが「あれ?ニトリの社長じゃないの?」と言います(笑)。
いや、わかりますよね!
私もよく目にするニトリの会長、似鳥昭雄さんですから!


すると、似鳥社長は「そうそう」と答えてました(笑)。
弘中アナが「関根さん、正解言うの早いですよ~!」と嘆いてましたけど、大物すぎる激レアさんはバレて仕方がないです。
逆に知らないふりをする方が失礼ですし、白々しいですから!


困った弘中アナは可愛かったですけど。

 

家具業界NO.1企業を作ったとんちの天才!

とんちと悪知恵に長けた少年時代と紹介されるアキオさんの出生

  • 1944年北海道生まれ
  • 家は超貧乏
  • 父は土木会社経営するも赤字。母はヤミ米販売(国の管理から外れて違法に売買する米)


戦後の話なので今では考えられないですけど、こういう時代があったということですね。
お母さんはヤミ米販売でよく警察に捕まっていたそうです。
そうやって逞しく生き抜いてこられました。

 

勉強も運動もダメだったアキオさん。

通信簿オール1の通信簿をもらったアキオ少年。
お母さんに怒られると思い、必死で考えたのが「通信簿で一番いい1を取った」ということ。
この言葉にお母さんは見事騙され、褒めてくれました。


発想の逆転でした。


バレそうなのですが小学校3年までは、この発想が生かされていたんだとか。
ある意味お母さんがスゴイですけど、時代なのかな?
でも3年の時に隣のおばさんに「5が1番いい」と言われ、信じられないお母さんは先生に聞き言って発覚。
その後アキオ少年はお母さんにめちゃくちゃ怒られ、ボコボコにされたと言ってました。


ちなみに自分の名前を漢字で書けなかったと説明された時、水野さんが「だからニトリってカタカナなんですか?」と言っていました(笑)。
それは違いますw

 

ピンチをとんちで解決するアキオ少年

こんな感じでとんちで切り抜けるアキオ少年ですが、まだまだ驚きのとんちで切り抜け大作戦をします。

高校受験全落ち事件

解決方法
受験した高校の校長先生に米俵を賄賂で贈った。
自分のところのヤミ米の客が高校の校長先生の同級生だったそうで、そのツテで校長先生に米俵一俵持参して合格にしてもらったんだそう。


関根さん曰く「人情のある時代」だったからこそ、こういうことが通じたんでしょう。
今ではヤミ米すらないですしね。


若林さんが「人情」はオールマイティーカードだと指摘して、笑いにしてました。
現代ではあり得ませんからね。
そういう時代だったからこそです。

テスト勉強全くしてない事件

解決方法
カンニング(笑)。
袖にカンニングペーパーをゴムで隠し、引っ張って見て危ない時にはサッと隠れる仕掛けでした(笑)。
これは1度もバレたことがないそうです。
下敷きに書くのはバレやすく、アキオさん曰く「誰も考えつかない方法を編み出す」んだそう。


これが大事なんですね。
「誰もやらない方法を考えること!」

 

大学の単位が全然足りない事件

解決方法
ホストのようにおだてまくり単位をゲット!
普段はすごい人見知りのアキオさんですが、窮地に追い込まれると死に物狂いで取り入ったそうです。


それでも単位をくれない先生には、先生を尾行し弱みを握って単位をゲットしたそう(笑)。
今では絶対通用しない技です!


こうやって、勉強ができなくても「小ずるいとんち」で危機を回避してきたアキオさんです。

 

ニトリ創立にもとんちが!

アキオさんは、1967年に「似鳥家具卸センター北支店」をオープンします。
ここにアイデアがあります。

  1. 「卸」安いイメージがする。
  2. 「センター」大きいイメージがする。
  3. 「北支店」複数店舗がありそうという安心感を与える。


これは知っている方もいらっしゃるのでは?
経済ニュースでは目にされていた方も多いと思いますが、今回初めて知った方には目から鱗状態だと思います。
激レアさんでのお話だと、よりドラマチックな感じで面白かったですし、イメージしやすかったです。

 

ニトリ3大とんち事件

ニトリが大きくなる過程で、とんちが生かされたものが紹介されました。
題して「ニトリ3大とんち事件」

資金ゼロなのに、2号店オープン事件

1号店が30坪しかなく、大きい店舗で駐車場があるところが欲しくて2号店をオープンさせます。
しかし資金が全くなかったそう。
銀行に融資を断られ続け、ついには最後の1行に。


そこで悲壮感漂う表情を明るくするため、奥さんから化粧を借りて血色をよくして挑んだそうです。
健康で安心感を与えるため、と言ってました。
さらに、「大手からもいい返事を貰っているが北海道の地元の銀行がいい」とアピールして、融資を貰ったんだそう。
まさにアイデア勝負です。

インパクトありすぎ宣伝事件

CMで宣伝したかったが、2号店をオープンしたばかりで資金がありませんでした。
そこで、監督、脚本、主演を務めることで節約してCMを作ります。
それが雄ゴリラと雌ゴリラが主演でベッドインするちょっとHな内容のCMでした(笑)。
アキオさんは雌ゴリラに入っていたそうです。
雄ゴリラは社員さんでした。
アキオさんはエッチなところが撮りたかったので、人間では無理なためゴリラに変えたそうです。


朝8時から張り切ってCMを流すも、お母さん方から一斉にクレームがきて放送禁止になってしまったとか。
それでもインパクトが絶大だったため、知名度はアップしました。

 

f:id:nukonyan131:20181004062745j:plain


 

オープン当日お店ぺしゃんこ事件

250m先に1200坪の大型ライバル店が出現し、ニトリは売り上げが激減します。
アキオさんはアメリカへアイデアを探しに行きます。

当時のアメリカの家具市場はこうでした。

  1. 日本の2分の1の価格で嗅ぐを販売。
  2. 部屋に合わせコーディネートしやすいデザイン
  3. カーテンや食器も家具のうち
  4. 安価なエアドーム型店舗


この当時は1点の家具の値段が高級だったそうです。
アキオさんがエアドーム型の店舗を日本初として、札幌にオープンしました。
エアドーム型は1坪5万だったそうです。


ところが冬の12月にオープンしたため、エアドームのお店が雪で潰れてしまいました。
店舗の中の新品の家具も傷ものになってしまったんだそう。。。
そこでアキオさんの最大のとんちが出ます!


雪を除けてエアドームを復活させます。
そして、傷物になってしまった家具を「開店記念!キズ物・ハンパ物大会」と銘打ってオープンさせました。
これが功を奏し、見事完売させることができました!
スゴイ!!
さらに、メーカーからキズ物家具の在庫を回収してセールで安く売りました。


その後の快進撃はご存知のとおりです。
「お、ねだん以上。ニトリ」のキャッチコピーは、2004年に誕生しました。
そんなに前だったんですね。
これは社員から公募して、「お、ねだん以上、それ以上」だったのを社長がアレンジして「お、ねだん以上。ニトリ」にしたんだとか。

 

ラベリングは「とんちが利いてるメスゴリラ」(激レアさん No.68)でした。

 

ゴールデン2人目はこちらです

『激レアさんを連れてきた。』2018年10月29日 益田祐美子 主婦が娘主演のために映画をプロデュース

 

 

▽こちらの記事もどうぞ▽

『激レアさんを連れてきた。』2018年10月15日 土岐一利のハロウィーンイベント創始者と四つ葉のクローバー