/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『激レアさんを連れてきた。』2019年1月21日 g.a.gプラズマ パリコレデビューしても会社員!?

2019年1月21日放送の『激レアさんを連れてきた。』のまとめです。
今回は「街の変わり者がとんでもない激レアを秘めてたSP」ということで、2人の風変わりな激レアさんでした。

 


まずは1人目。
高円寺を歩いていたらいきなり謎の外国人集団に囲まれ、超高級ブランド・バレンシアガのモデルに採用されてパリコレデビューしちゃった人、g.a.gのプラズマさんです。


高橋真麻さんが「ニュースになってませんでしたっけ?」とおっしゃるとおり、話題になった人です。
しかも、プラズマさんはg.a.gというグループで音楽活動もされてます。
見た目はかなり強烈でした。


◆ゲスト:野村周平さん、高橋真麻さん

▽目次です▽

 

 

普段のプラズマさんと生い立ち

  1. 洋服の通信販売をする会社の社員。
  2. 伝票処理や服の梱包などを担当。
  3. 大分の田舎町で生まれ育つ。1クラス10人ほど。
  4. 高校生の時にラッパ我リヤに憧れ、ラッパーになりたい。
  5. ラッパー御用達の歯のアクセサリ、グリルを身に付けて田舎では浮いていた。
  6. 東京で大学卒業後、アパレル会社に就職。
  7. 傍らで、カルト的な人気だったパンクバンド・NATURE DANGER GANGのラッパーとして活動。

 

⑤周りを全く気にしない性格だったため、飄々としていたそう。確かに、全く動じなそうです。


⑦若林さんはNATURE DANGER GANGをご存知でした。別番組で結構出てくれたバンドとのことです。プラズマさん曰く、刺激が強すぎるバンドだったため、大好きになるか大嫌いになるかという両極端だったそう。
あれ?それじゃ若林さんがNATURE DANGER GANGを知っていたということは、プラズマさんのこと気づいたのかな?

 

 

高円寺で運命のスカウト!それがバレンシアガ

  1. 運命の日は2018年5月25日。
  2. NATURE DANGER GANGの写真集の発売イベントだった。
  3. プラズマさんは高円寺駅前で信号待ちをしていたところに、謎の3人組に遭遇。
  4. 3人組はプラズマさんを見てテンションが上がっているように見え、信号が青になるとプラズマさんに向かって猛ダッシュ。
  5. 3人の正体はバレンシアガのキャスティング担当だった。
  6. 3人組の1人からスマホを渡され、メールアドレスを伝える。


③「全身真っ青なモヒカン女」「黄色の派手なワンピースを着たドレッド女」「超ノッポの赤いマッシュルームヘアー男」だったそう。強烈。個性的だけど、オシャレな3人組だったそう。


④オシャレ3人組は、プラズマさんを見つけて凄くテンションが上がっていて、明らかに自分を見ていると感じたそうです。プラズマさんを囲んで英語でまくし立てました。


⑤英語がさっぱりわからないプラズマさんは、唯一聞き取れたのがブランド名の「バレンシアガ」でした。なぜ高円寺で探していたのかというと、この時のバレンシアガのテーマが「アジア系の骸骨みたいなロン毛」だったとか。最初は高円寺以外で探していたようですが、見つからず転々として高円寺にたどり着き、プラズマさんに出会ったのでした。
プラズマさんは髪を15年は余裕で切っていないそうです。でも、髪の毛の手入れが行き届いてましたね~。さすがはパリコレモデル!つやつや。

 

⑥プラズマさん曰く、「バレンシアガ」が気になって教えちゃったと言ってました。

 

 

パリコレに即出れるかと思いきや

  1. メールアドレスを伝えて1ヵ月くらいして、パリコレの正式オファーが届く。
  2. 会社を休むのに正直に「パリコレに出る」と伝え有給を取る。
  3. パリに到着後、衝撃の事実を知る。「ランウェイで歩くモデルをオーディションで決める」
  4. オーディションでは重々しい雰囲気の中、モデルがいろいろ言われていた。
  5. プラズマさんはいつも通りに歩くことしかできないと開き直る。
  6. この1回のウォーキングで、バレンシアガのモデルに決定!

 


②本気にしている人がおらず、「パリコレ」と嘘をついてまで休みたいのかと引かれたそうです。部署の上司と社長の2人だけは、「あり得る」と言って信じてくれたそう。プラズマさんは、この2人がいなかったら行けなかったと感謝してました。え?前澤さんじゃないよね?(笑)


③衣装のフィッティングをしている時に、英語がさっぱりわからないため日本人を見つけだして聞いたんだそう。この瞬間まで、パリコレに出ると信じていたプラズマさんは、一瞬で具合が悪くなっちゃったとか。


⑤対抗しても到底モデルさんには敵わない上、高円寺で普段通りの歩きで声を掛けられたので、それでいこうと思ったのだとか。
モデルさんは服よりも自分のアピールをしていたが、プラズマさんは自分を消して服を目立たせていた、というのが勝因だったようです。

 

 

f:id:nukonyan131:20190122033646j:plain

 

パリコレデビュー!!とその後・・・

  1. 当日のスタッフからの指示は着る服だけだった。
  2. プラズマさんはなんとグリルを勝手に装着してウォーキング!
  3. 微かにだけ口元を開けて、グリルはバレず!無事パリコレデビューを果たす。
  4. パリコレ後、このまっま世界を舞台に活躍したいという思いが沸き起こる。
  5. ドイツのモデル事務所に所属!
  6. 後日事務所のサイトを確認すると、モデル一覧から名前が削除されていた!
  7. 現在はアパレル会社で通常どおりの業務をこなす毎日。

 

⑤パリコレに出演するモデルはモデル事務所に所属しないといけないんだそう。プラズマさんのデビューの時は特例だったんでしょうかね?


激レアさんの打ち合わせ中に発覚したそうです。それが凄いショックだったというプラズマさんですが、それはショックですよね。というか、そんな神がかったオチあります?
プラズマさんのTwitterでは、続きがありました!


⑦若林さんも「え?」って言ってましたけど、会社員に戻っているというのが「え?」です。その先に大きな夢を掴んだとかなんとか…。日本でモデルをやっているということもないそうです。若林さんが「どういうことなの?」とか、真麻さんが「日本のモデル事務所もほっとかないんじゃないかと思う」と戸惑い気味。野村さんも「夢の扉は開くはず」とさらに戸惑い。プラズマさんは「ここ(激レアさん)?」と笑わせてました。面白い!憎めない方です。

 


ラベリングは「韻は踏めるけど、パリコレの舞台はもう踏めない人」(激レアさん No.80)でした。

 

 

弘中アナが「えー!それ可哀想!!」と絶叫されてました。「まだまだありますからね!」とフォローしてました。
プラズマさんも笑顔で受け入れてましたし、こういう場の雰囲気を読んでいるというのが大事。見た目の怪しさとは違って、さすがは社会人って感じですね。また大きなチャンスに恵まれますように!プラズマさん、面白いです!

 

 

▽こちらの記事もどうぞ▽

『激レアさんを連れてきた。』2019年1月21日 熊澤直子 高知の都市伝説パンダおばさん - 今日も暇です。