/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

激レアさん 11月9日 須藤弥勒&須藤憲一親子 笑顔の陰の努力と兄・桃太郎の妹思い

2019年11月9日放送の『激レアさんを連れてきた。』を観ました
今回の激レアさんは「ゴルフ未経験、ど素人の父の指導で世界チャンピオンになった天才ゴルフ少女、ミロクちゃん(須藤弥勒さん)とお父様のケンイチさん(須藤憲一さん)」です。

 


激レアさん史上最年少の登場でした。
今やゴルフ界で大注目の天才少女、須藤弥勒ちゃんとお父様の憲一さんです。父子鷹の娘版ですね。


最初見た時、弥勒ちゃんって少年だと思っていたのは内緒です。ミロクって少年のイメージだったし。
弥勒菩薩からだと女性っぽいイメージになるのかな?実際には性別不問ですけど。

 


◆ゲスト

  • 武田真治さん
  • 足立梨花さん


▽目次です▽

 

オープニングトーク 武田真治の筋トレの理由

  1. 武田真治が筋トレを続けている理由:女性の痛みを少しでも理解するため、毎日過酷な筋トレを続け、常に筋肉痛の痛みを味わうため。
  2. 女性の「ろくでなし」はあまりいない。それはなぜかと考えると、共通の体の痛みが女性にはある。それが共感できる部分なのではないか。
  3. 男性はその反面、痛みを知らずに育つととんでもないバケモノに育つのではないか、と思った。
  4. だから常に痛みを背負っていきたい、という武田。


若林さんも「言っていることがわからない」ととまどっていました。確かに頭の中では「?」です。
でも、その理由をさらに掘り下げると「なるほど」と思いました。
女性の「ろくでなし」ってイメージないですよね。悪く言う意味では、だらしないとか、陰湿とか怖いとかはありますけど、「ろくでなし」って男性を指すことが多いかも。


武田さんがこんなことを言うと、よりカッコ良さが増しますよね。
イケメン度が上がるばかり!


しかも、最後はご自身で「こう思っていることを文章にするのは気持ちが悪い」とオチを作ってました。さすがめちゃイケ!

 

 

 

超天才ゴルファーの須藤弥勒ちゃん!

  1. ミロクちゃんは5歳と6歳の時、6歳以下のIMGA世界ジュニアゴルフ選手権で優勝。
  2. 若林のベストスコアは「94」。男性アマチュア平均スコアは「99.09」。武田真治は「200いくつ」。
  3. ミロクちゃんの最高スコア「78」!
  4. ミロクちゃんは知らない人と勝負をする。理由は根性をつけるため。
  5. 一般のおじさん相手では、ミロクちゃんには勝てない。「一般の人で私に勝った人いない」

 

素晴らしい才能ですよね。
こういう才能が伸ばせる環境に育って、それも運のうちでしょう。


今はビッグマウスも可愛いけど、年齢を重ねていった時に、人間としても成長して素敵なレディなゴルファーになるといいですよね。
でもそうなると、普通の女性になっちゃうのかな?


チッピング3本勝負を放送してましたけど、1打から凄かったです。めちゃくちゃピンに近かった。
前に見たジャンクSPORTSでも凄かったっけ。

 

 

ミロクちゃんのゴルフは未経験でど素人の父の指導

  1. 父憲一さんはなぜミロクちゃんにゴルフをやらせたのか。それはゴルフの競技人口が多いため、社会人になっても使えるから。
  2. ミロクちゃんは3人兄妹。長男モモタロウくん、長女ミロクちゃん、次男モンジュくん、
  3. お兄ちゃんが先にゴルフを始めていた。3歳の時の話。
  4. 通常は小学生になってから始める。あまりに小さいと筋力がないためクラブを振らせられない、という理由もある。
  5. ミロクちゃんの父母はゴルフ未経験。
  6. 憲一さんは猪突猛進で、超頭脳派ハイスペック親父だった。東大卒で4カ国語話せる。
  7. 憲一さんはフルスペックを活かし、関連書籍を1,000冊以上読破。それを元に長男モモタロウくんにスパルタ指導をする。
  8. ミロクちゃんの憲一パパ。「お父さんは怒ると閻魔様より恐い。優しい時はすっごい愛情深い」
  9. モモタロウくんはスパルタに挫折し、早々に撃沈!
  10. そこで、ゴルフに興味を持っていたミロクちゃんに白羽の矢が立つ。
  11. モモタロウくんはゴルフを諦めて、お医者さんを目指している!


憲一さん、東大出なんですね。
私が見ていたダウンタウン系の番組ではミロクちゃんがメインだったので、全然知りませんでした。


だからなのか。
『ジャンクSPORTS』でミロクちゃんがゴルフを止めると言った時、お父さんもお母さんもホッとして、医者を目指してくれると思ったと言っていたのですが、その時はなんでお医者さんと思いましたが、これで納得です。
医者を目指せるスペックのご両親なんですね。スゴイ!


お兄ちゃんがお医者さんで、ミロクちゃんがプロゴルファーか。
凄いなぁ。
モンジュくんもなにかありそう。 

 

ミロクちゃんのゴルフ環境作りとオリジナルの練習法

  1. 1歳で部屋のゴルフスイングで空振りをせず球を打つ、才能あふれるミロクちゃん。
  2. お兄ちゃんのモモタロウくんに代わって、2歳から本格的にゴルフを開始。
  3. 2019年AIG全英女子オープンで優勝した渋野日向子選手は小学2年の8歳で始めた。
  4. 憲一パパは、12畳の部屋を改造して、自宅にパター練習場を作る。
  5. ミロクちゃんはこのパター室の中では誰にも負けない、というくらい練習している。「タイガーウッズはちょっと…」
  6. このパター室には、ミロクちゃんの汗と涙とおしっこが流れているとのこと。
  7. 自宅隣の空き地660坪を購入し、天然芝の練習場を作った。テニスコート6面分の広さ。
  8. 2歳から軸づくりをした。子どもは小さい時は頭が重い。それでバランスボールの上に乗せて素振りをさせた。「東大式バランスボール打法」
  9. これで軸を手に入れたミロクちゃんは2歳で打ちっぱなしが出来るようになり、さらにコースも経験。
  10. 初めてのコースでドングリ拾いをお兄ちゃんとしていたミロクちゃん。憲一パパに「何しに来てるんだ!」と怒られた。


⑤で若林さんが「タイガーウッズにも絶対負けない?」と聞いての答えです。
やはりタイガーウッズは別格なのでしょう。正直なところが可愛い。


おしっこって、小さい時にお漏らししちゃったってことかな。
2歳からですもんね。仕方がないでしょう。


しかし、隣に空き地があったというのも運がいいですよね。
これでタワマン暮らしだったらそうもいかない。
でも、憲一パパなら引っ越しちゃうかも(笑)。


バランスボールって大きいボールではなく、小さめのボールを2つ用意して、片足ずつ乗せてました。
これは体幹がしっかりする!
名前は忘れちゃいましたけど、スピードスケートの選手の方だったかが体幹を鍛えるために、一本歯の高下駄でトレーニングをしていたのをテレビで見ました。
そういうことですもんね。スゴイ!

 

理にかなってます!

 

 

 

リアル「巨人の星」の憲一パパ あみ出した練習法

  1. 3歳のミロクちゃんは、第35回全国小学校ゴルフ選手権横尾要カップに出場。大会史上最年少。
  2. この大会の6歳以下の部で、スコア119の7位だった。
  3. ミロクちゃんが才能を出せば出すほど、恵一パパの鬼化が凄かった。「巨人の星」を見てのミロクちゃん。「このお父さん、甘いよね」
  4. ミロクちゃんもスイングを固める時は、バネをつけていたことがある。
  5. 憲一パパは「本人が辞めたければ辞めていい。ゴルフに固執しているわけではない」とのこと。
  6. ただミロクちゃんには「ゴルフの才能がある」ということで、それを伸ばしている。


◆憲一パパの練習法

  • オヤジの集中砲火:アプローチ練習時に憲一パパがあーだこーだとうるさく話しかける。それを無視して集中させる練習法。
  • 狙った獲物は絶対逃がすな:30m先にで憲一パパがミットを持って立っている。そのミットめがけてボールを打つ。
  • 雨が降ろうが槍が降ろうが平常心:ホースで水をかけながら練習をする。


⑤はそうですよね。
そんなに知りませんけど、私が見た番組での印象はその通りだと思います。
子どもに無理強いはしていないんですよね。


憲一パパが「若林さんも春日さんと出会った時に、面白いという才能を見出したんですよね」と笑いながらイジってました(笑)。
若林さんは誘って誘って断られて、春日さんだけしかいなかったと言ってました。確かに以前から、そう言ってますよね。


お兄ちゃんのモモタロウくんは憲一パパのしごきに耐えるミロクちゃんの精神力はスゴイと褒めてましたけど、『ドラゴンボール』の魔人ブウ呼ばわりしてました。
お兄ちゃんだからこそ、本音が言えますよね。
顔、そっくりだもの。でもそれが可愛い。


さらにお兄ちゃんも練習でとばっちりを受けて走らされていたけど、若林さんが将来楽しみという感じで話してました。
頭の回転早い!

 

 

ミロクちゃん史上最年少のゴルフチャンピオン!「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権」

f:id:nukonyan131:20190822025121j:plain

 

  1. 小学2年で掲げた言葉は「伝説のプロ」
  2. ミロクちゃんの意味する「伝説のプロ」は、代々語り継がれるくらいのプロ選手。
  3. 5歳のミロクちゃんの最高飛距離は180ヤード。一般女性の平均飛距離は175ヤード前後。
  4. ミロクちゃんの目標は「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権」。1968年から続くトップゴルファーの登竜門。年齢によって6つのカテゴリーに分かれている。
  5. ところが日本大会で、首位とは4打差の4位。出場を逃してしまう。
  6. なんとショックで寝込んだのは憲一パパ!それも2週間。その時に他の予選大会を見つけ出場し、2位に31打差をつけて優勝。見事ジュニア選手権の出場権を獲得。
  7. 2017年の「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権」で優勝。2位に5打差。タイガーウッズが8歳で初優勝した大会。これを更新し史上最年少の5歳で優勝(6歳の部)。
  8. 2018年の「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権」。大会新記録のスコアで、大会史上初の2連覇(6歳以下の部)。
  9. その後練習中に光がミロクちゃんを包んだことがあり、まるで弥勒菩薩のようだった。
  10. ミロクちゃんも「ゴルフの神様に愛されてる」と思っている。
  11. 憲一パパは仕事を辞め、ゴルフ場に転職。自宅の群馬を離れ、茨城に引っ越す。

 

激レアさんではすっかりいいキャラクターとなったモモタロウくんも「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権」をとても喜んでいたそうです。
仲が良い兄妹ですよね。


憲一パパって仕事されていたんですね。
なんか勝手にお金持ちのお家で、おじいちゃんから出してもらっているとかだと思ってました。
フィギュアの本田姉妹みたいに。違うんですね。


地頭のいいパパなので、時間の効率も良さそう。
ゴルフ場での仕事はまさに一石二鳥でしょう。
いろんなコネクションも出来ていそうです。

 

 

 

世界新記録樹立の時の謎の言葉!

  1. 「全日本女子アマチュアゴルファーズ選手権2019」で大人に混ざっての大会に出場。プロゴルファーへの登竜門。
  2. 前半はミスショット連続で終える。そこでミロクちゃんの耳に「虎の目は私の目。目は私を導く」と聞こえ、その言葉を何度も心の中で唱え、優勝!
  3. 7歳の少女がトータルスコア89での優勝。世界新記録を達成!「ゴルフの神様ありがとう」
  4. 今でも、「虎の目は私の目。目は私を導く」が何を意味するのかミロクちゃんにもわからない。
  5. 憲一パパが言うには、パターとチッピングだけなら、ミロクちゃんは渋野選手にも負けない。番組でやらせたい。
  6. それでも憲一パパはミロクちゃんは望まないならゴルフを辞めてもいい、と思っている。
  7. ゴルフが好きなうちはサポートしてあげたい。
  8. ミロクちゃんの目標はジュニアメジャーを獲り、いろんな記録を塗り替え、グランドスラムを獲って伝説になること!

 

憲一パパがプロゴルファーとして大成できるのかは未知数。
マグロの漁師さんと一緒という言い方をしたうえで、「若林さんと同じ」と芸人さんの不安定さで話をしてました。
そうしたら若林さんは、「どうなるかわからないですよね。納税はしっかりしたいと思います!とのこと(笑)。
いい!ナイスボケ!

 

◆◇◆ ◆◇◆


ラベリングは「将来モモタロウに退治されるかもしれない鬼コーチ」(激レアさん No.123)でした。


モモタロウくんいい味出してました。
でも兄妹仲良しでいいですよね。
妹がこんなに才能があっても応援してあげれるというのが微笑ましいです。
お兄ちゃんにはぜひお医者さんになって欲しいですね。


ミロクちゃんはこの間の『ジャンクSPORTS』で初めての挫折でゴルフを辞めたくなったと言って、今は気持ちが復活したと話してました。
まだまだこれからの人生の方が長いわけですから、紆余曲折いろいろあると思います。
でも、ミロクちゃんにしか見えない世界があるわけですから、その高みを目指して欲しいですね。


パパちゃんが厳しいから、しつけもちゃんとされているんでしょう。
ミロクちゃん、愛嬌があって可愛いです。

 


▽こちらの記事もどうぞ▽ 

激レアさん 10月26日 伊藤謙 危険物扱いの悪臭缶詰「シュールストレミング」に魅了された男! - 今日も暇です。