/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『ハライチ×マッチング』バカリ&川島と陣内&小杉とのトーク 岩井は陣内のネタがキッカケでお笑いへ

2021年8月10日の『ハライチ×マッチング』です。
ハライチの冠特番でした。

 

f:id:nukonyan131:20210505045621p:plain


通常は『ロンドンハーツ』の枠になります。


ハライチの澤部さんと岩井さんがゲストを迎えて、トークやいろんな企画をするというコンセプトでした。

 

◆ゲスト

  • 陣内智則
  • 小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
  • バカリズム
  • 川島明(麒麟)


▽目次です▽

 

ハライチとバカリ&川島の関係

  1. 今回の特番はスタートからふわふわした感じだった。(澤部)
  2. 岩井の唯一の注文は「同じ事務所のワタナベエンタの芸人はNG!」⇒理由はワタナベには可もなく不可もなくの人が多いと説明する岩井。
  3. 最初のゲストはバカリズム&麒麟・川島。⇒この2人が揃うと大喜利。
  4. バカリズムは川島の隣になって気づいたこと。ぼそぼそと呟いているボソ芸人!
  5. 澤部はバカリズムと4年前レギュラー番組で共演。
  6. 澤部はエレベーターを使用せず階段であがっていた。⇒バカリズムも澤部と話したかったので一緒に階段を利用。そこでブチ反省会や愚痴を言い合うように⇒澤部はその日から緊張の階段に!
  7. バカリズムは敬語を解かない。クセ。後輩にも敬語。⇒他にこういう人いないかと思って探したら、草野仁だった。
  8. バカリズムは岩井とあまり一緒にならないが、「同じ陳列棚にいる人」、同じジャンルの芸人と認識している。

 

 

 

ハライチとバカリ&川島をマンガ雑誌でたとえると?

  1. マンガ雑誌に例えると、澤部はジャンプやコロコロコミック。「それいけ澤部君」(川島)
  2. バカリズム&岩井はちょっと大人なアフタヌーン。
  3. 岩井のバカリズムは、虐げられてのひねくれではなく、元ヤンキー⇒「野球部であってヤンキーではない!」とバカリ⇒バカリのヤンキー説がある。
  4. バカリズムと川島も横。「バカリズム読んでいるんだったら、川島も!」という感じ。(バカリ)

 

川島が「芸人ドラフト会議」で岩井を5位に

  1. 川島は岩井に緊張する。『アメトーーク』の「芸人ドラフト会議」で岩井を5位指名したが、その後共演しても全く反応なし。ラブレターが既読スルーされてる感じ。
  2. 岩井は母から「川島さん、勇気の名前出しているよ優しいね」と言ってきた。「すごい嬉しかった!」と岩井。自ら言うのが恥ずかしくて言わなかっただけ。
  3. 澤部の『なりゆき街道旅』を面白いとバカリズムがすごく言ってくるが、ああいう番組を好きなわけがないと思っている澤部。
  4. バカリは『なりゆき街道旅』が大好き。聞きたいことがいっぱいあるのにシャットアウトされている。
  5. 出たことがある川島曰く、『なりゆき街道旅』はガチでフリー。⇒共演者が1日でめちゃくちゃ仲良くなる。川島の時は西岡徳馬だった。⇒当日にいきなり徳馬だった!

 

陣内&小杉がハライチをどう思っているか

  1. ゲストに陣内&小杉を投入するというのは、ハライチに信用がないのでは、と澤部。強安パイ、と岩井も同意。
  2. ハライチはいい。可愛がられる澤部と唯一無二の岩井のコンビネーションが完璧!(陣内)
  3. 小杉は澤部に同じ属性のシンパシーを感じる。⇒岩井は澤部のことを「お笑い風なことしやがって」と言っているが、小杉のことを西日本版・澤部として同様に思っているのでは?と不安。
  4. 岩井は小杉のことを、西の澤部とは思っていない!
  5. 陣内は岩井にどう評価されているのか気になる。
  6. 岩井は「正直小杉さんのことはちょっとだけ怖い」⇒小杉はイジられているが、後輩を舐めているか舐めていないかを見定めている目をしているから。後輩との線引きが厳しそう!
  7. 陣内も昔は怖かった。加古川のヤンキー三羽ガラスの1人と小杉。⇒ケンコバが言いふらしている嘘、と陣内。
  8. 小杉が澤部を弟のように思っている!

 

岩井は陣内のネタをリスペクト

  1. 陣内、澤部、吉村、小峠はバラエティーの安定枠。(陣内)⇒その中でもトップなのが陣内と澤部。
  2. 岩井が「お前とかと陣内さんを一緒にして欲しくない!」⇒ネタを考えているのがスゴイので、澤部や吉村とは一緒にして欲しくないと主張。
  3. 岩井がネタをやりたいと思ったキッカケは陣内!
  4. 昔澤部の家で深夜に陣内の羊を数えるネタを見ていた。⇒全部語呂が合っていて、ハライチのネタでも語呂合わせがある。陣内の影響と岩井。
  5. 岩井のシステマチックなお笑い好きは陣内から。
  6. ブラマヨが2005年にM-1優勝した年に、ハライチが組まれ、初M-1に出た。3回戦まで行った。
  7. ブラマヨはくすぶっていた時期があり、陣内が「陣様」と女性から人気があった時に「ブラマヨ面白いな」と言われ引っ張り上げてくれた⇒毎月イベントに、ブラマヨとチュートリアルを呼んでもらった。
  8. 小杉は最近しょうもない記事芸をしている、と岩井が指摘。⇒どうということもない日常が記事になる。 

 

◆◇◆ ◆◇◆


辛口なイメージが強い岩井さんですけど、『ワイドナショー』でも見ますが、最近いろいろ出られていて嬉しいです。
ハライチの仲の良さはラジオでわかりますが、こうやってテレビで見るのもいいですよね。


今回のトークの相手への思いもわかりましたし、とても興味深かったです。
澤部さんのオールラウンダーぶりと岩井さんのしっかりしたところが本当にバランスがいいですし、この番組、また観たいなぁ。
深夜枠でのレギュラーでもいいかも。


次回あると信じて、楽しみにしています!


しかし川島さん、『ラヴィット』もあるのに多忙ですね。
見れるのは嬉しいですが、お身体には気をつけて欲しいです。

 


▽アメトーークの芸人ドラフト会議もどうぞ▽

アメトーーク 3月25日「第7回 芸人ドラフト会議」有吉・トシ・川島・田中の指名 - 今日も暇です。