今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『M-1グランプリ2019』結果 松本人志&審査員の順位と理由

2019年12月22日放送の『M-1グランプリ2019』です。
松本人志さん始め、7人の審査員の得点と理由をまとめました。

 

◆審査員

  • 上沼恵美子さん
  • 松本人志さん
  • 礼二さん(中川家)
  • 富澤たけしさん(サンドウィッチマン)
  • 立川志らくさん
  • 塙宣之さん(ナイツ)
  • オール巨人さん

 

▽目次です▽

 

敗者復活戦の順位

1位  和牛
2位  ミキ
3位  四千頭身
4位  アインシュタイン
5位  天竺鼠
6位  カミナリ
7位  トム・ブラウン
8位  くらげ
9位  錦鯉
10位 東京ホテイソン
11位 ラランド
12位 セルライトスパ
13位 ダイタク
14位 マヂカルラブリー
15位 ロングコードダディ
16位 囲碁将棋

 

 

 

『M-1グランプリ 2019』決勝と最終決戦の結果

◆決勝の順位◆

1位  ミルクボーイ(681点)
2位  かまいたち(660点)
3位  ぺこぱ(654点)
4位  和牛(652点)
5位  見取り図(649点)
6位  からし蓮根(639点)
7位  オズワルド(638点)
8位  すゑひろがりず(637点)
9位  インディアンス(632点)
10位 ニューヨーク(616点)

 


◆最終決戦の結果◆

1位  ミルクボーイ(6票)上沼恵美子、中川家・礼二、富澤たけし、立川志らく、塙宣之、オール巨人
2位  かまいたち(1票)松本人志
3位  ぺこぱ(0票)

 

 

上沼恵美子さんの順位と評

1位  ミルクボーイ(98点)
2位  ぺこぱ(96点)
3位  かまいたち(95点)
4位  からし蓮根(94点)
4位  見取り図(94点)
4位  オズワルド(94点)
4位  インディアンス(94点)
8位  和牛(92点)
8位  すゑひろがりず(92点)
10位 ニューヨーク(90点)

 

 

◆上沼恵美子さんの評

【ニューヨーク】ワンコーラスめは普通に下手な歌だと思って。どんどんどんどんコーラスが進むにつれて好感度が上がっていくわけ。たった4分のネタの中で歌だけであれだけ引っ張っていくというのはスゴイことだと思いますわ。歌は難しいから。あら、こんなところにこんなものが。(「時のしおり」というCD)アマゾンでずっと1位でございます。よろしくー!じゃ帰ります!


【かまいたち】お見事でございました。漫才も上手いんですが、かまいたちは大したことは言っていないわけです。そもそも間違いをあそこまで4分持っていっているんです。どんどん盛り上がっていく。これがバラエティのフリートークに出た時、絶対小さいことを大きく膨らませる力があるという証拠なんですよ。だから私はこの人たちは、グランプリですね。(かまいたちが呆気に取られて「もう決まったんですか?」)私の中で。バラエティ番組に行かないとこれからはブレイクしないのよ。(今田が『えみちゃんねる』に?)もちろんでございます!すごく腕上げたね!驚いた。はっきり言ってこれまで目立たなかったです。今日のでビックリした。何かあったん?頭でも打ったん?


【すゑひろがりず】長年審査員をやらせていただいてますけど、こういうのは初めてでございます。お年いくつですの?(37歳)うわ、やっていることは60過ぎですわ。もう完成され過ぎて、M-1の漫才じゃないので、どこかに頭がドーンと行ってしまいました。私今の92点で良かったのかな。もっと上でしょうけども。申し訳なかった、ごめんなさい。形が違うからね。これで皆さんがついてきてくださったら、お客さんも素晴らしいと思うの。


【からし蓮根】ファンです!初々しいな、やっぱり。和牛には悪いんだけど、去年もその前も和牛にチャンピオン入れました。ただそういう横柄な感じが和牛にはしました。ただ厳しい意見も。(和牛は)子のステージは僕のもの、リサイタルみたいな。なんのコンテストでも緊張感も何もない。そういうぞんざいなものを感じました。(今田「上沼さん急にどうなさったのですか?」)でも私、からし蓮根には初々しいものを感じ、もう本当に笑っちゃったし、フレッシュだし。この真摯さ、てっぺん取ろうという、チャンピオンを取ろうというこの気持ちがグッと伝わってきて、大ファンよ!!頑張ってねー!

(和牛に辛口エール)
(今田「若い人たちがチャンピオンを取りに来ている感じが」)そう!それがいいの!それがM-1じゃないの?なんかわからないけども、和牛のようなあんな大御所みたいな。昨年もその前もチャンピオンとして和牛を押しているわけです。それなのに、決勝まで残りくさらんかった。それが腹が立つちゅーねん!(今田「愛情の裏返しだから」)そう!それに比べてこのお2人は。いいぞ、頑張れー!


【ミルクボーイ】大阪の方なんですか?初めてです、はじめまして。(番組の前説をやっていた)前説やったらお会い出来なくてすみません。もう1番笑いましたね。このネタのセンスね。これは抜群ですよ。この角度のセンスを持ってくるというのは、本当考えられない顔立ち。顔立ちはちょっと老けてらっしゃるんでね。すごいあか抜けている。新しい。前説やなくて本番出てください!素敵でした。


【オズワルド】スマートで聞きやすくて、本当にお声が良くて。大好きで、ファンが増えるんじゃないかなっていう感じがしました。でも本当にミルクボーイの後というのがちょっと、ちょっと残念やったかな。本当にファンになる人多いんじゃないかなって思いますよ。


【ぺこぱ】10組も見ると疲れてくるんですが、また活性化されました。新しいツッコミ、大好きナスビ!ナスビのツッコミ好き。すごく好きです。ビックリしました。

 

礼二さん(中川家)の順位と評

1位  ミルクボーイ(96点)
2位  かまいたち(94点)
2位  オズワルド(94点)
4位  和牛(93点)
4位  からし蓮根(93点)
4位  見取り図(93点)
7位  インディアンス(92点)
7位  ぺこぱ(92点)
9位  すゑひろがりず(91点)
10位 ニューヨーク(88点)

 

 

◆礼二さんさんの評

【ニューヨーク】歌ネタで、屋敷くんのちょっと意地悪なツッコミがもっと聞きたかったかなと思った。


【すゑひろがりず】単純に1番面白いんちゃうかな。いろんな設定もね、これでやってくれたら素直に笑える感じがしましたけど。


【オズワルド】ミルクボーイの後でね、よくここまでやったなという。こういうしっとりした感じってこのままハマらんことが多いんですけど、後半に尻上がりにウケていったんで、これはやっぱり凄いなと。この点数を付けたんですけど。


【インディアンス】凄いもうネタもテンポあって、凄くやり込んでいる感じはあるんですけど、特にボケの田渕くんの。なんですかね。その本物の素の面白さというのが見えないのかな。作り込んだものもいいんですけども、ちょっとした人間味も出していただいたら、幅が広がるんかな。淡々とテンション上げてボケてるというのが寂しいかなという感じがしますけど。(ボケの)数は凄いですけど。


【ぺこぱ】面白かったですよ。最後にドッと持っていきましたけど。シュウペイくんのキャラはまだ決まってないのかな。それがちょっと気になった。(シュウペイくんは)癒されますね。

 

富澤たけしさん(サンドウィッチマン)の順位と評

1位  ミルクボーイ(97点)
2位  ぺこぱ(94点)
3位  かまいたち(93点)
4位  和牛(91点)
4位  見取り図(91点)
4位  オズワルド(91点)
7位  すゑひろがりず(90点)
7位  からし蓮根(90点)
7位  インディアンス(90点)
10位 ニューヨーク(88点)

 

 

◆富澤たけしさんの評

【かまいたち】言い間違いをなすりつけて開き直るって。これで4分行くってスゴイことですよね。最初の話どうなるのかなと思っていたら、ちゃんと最後に持ってくるし、キレイだなと思って。もうちょっと順番が後半だったら、98点99点付けたと思います。


【すゑひろがりず】そうですね、どう見たらいいんだっていうのはあるんですけど。僕は正直漫才はなんでも笑わせればアリだと思っているんで、彼らが上位に行って漫才をぶっ壊してもらって、また新しいものを作り出して欲しいなと思います。


【見取り図】あおり運転の申し子が1番面白かったですよ。もうちょっと展開があったらもうちょっと入ったかな。


【ミルクボーイ】おじさんがコンフレークだ、コンフレークじゃないってそれだけで、何も考えずに笑えるというのが1番よかったですね。


【オズワルド】声が2人とも良くて、そんなに温度は高くないんですけど、それで笑いを取っているのはスゴイなと。


【ぺこぱ】会うたんびに違うことやってるんで、迷ってるなとは思っていたんですけど。化粧は捨てられないのかなっていうのがね。(化粧を取っちゃうとただのおじさんになっちゃう)

 

 

 

立川志らくさんの順位と評

1位  ミルクボーイ(97点)
2位  和牛(96点)
3位  かまいたち(95点)
4位  見取り図(94点)
5位  すゑひろがりず(92点)
6位  ぺこぱ(91点)
7位  ニューヨーク(90点)
8位  からし蓮根(89点)
8位  オズワルド(89点)
10位 インディアンス(87点)

 

 

◆立川志らくさんの評

【ニューヨーク】いい漫才というのはおそらく過去の諸先輩の伝統がちゃんとあって、現代と未来が入っている。それが混在しているのがいい漫才だと私は思っているので、言っていることは現代のみんな若い子が知っている面白い話。テクニックは抜群に今見ていて、昔の漫才を引き継いでいるなと思って。とても気持ちよく聞けたので、90点を入れました。


【かまいたち】今回私が審査員に選ばれた時点でかまいたちがインタビューで「志らく師匠だけは審査員を降りて欲しい」って言ったんですよ。だから私生放送で「見てろよ、15点つけてやるからな!」って言ったんだけども、今日は参りました。素晴らしかったです。


【和牛】去年よりも肩の力がものすごく抜けていて、その割には切れ味がものすごくよく感じてしまったので。かまいたちと比べて同じような感じがしたんだけども、去年の決勝よりも私は面白く思えたので、96点を思わず入れてしまいました。


【からし蓮根】上沼さんの後に何を言ったらいいのか。私も今日聞いてて1番好きなタイプです。だけど点数引くのは、ニューヨークの技術と比べるとちょっとまだテクニックが甘いかなというので、89点。今日の出演者の中で、上沼さんじゃないですけど1番ファンになりました。


【ぺこぱ】最初見た時は、私の大っ嫌いなタイプの漫才かと思いました。これヤダなと思ってたら、どんどん好きになってっちゃうんですね。点数としてはちょっと辛めではあるんですけど、私の中では82、3点のものがグワっと上がっていって大好きになった。それが91点ということですね。決勝がものすごい楽しみ。

 

 

塙宣之さん(ナイツ)の順位と評

1位  ミルクボーイ(99点)
2位  和牛(96点)
3位  かまいたち(95点)
4位  ぺこぱ(94点)
5位  見取り図(92点)
6位  ニューヨーク(91点)
6位  すゑひろがりず(91点)
8位  からし蓮根(90点)
9位  オズワルド(89点)
9位  インディアンス(89点)

 


◆塙宣之さんの評

【ニューヨーク】トップバッターでこれだけお客さんを沸かせたというのは最大の評価というか。入り方とか途中のボケの数とかそういうののバランスもすごく良くて。よく計算して作っているんだなと思って感動しました。


【和牛】また新しいネタを見させていただいて。毎年進化しているというか。型がないところがどうだろうとずっと思ってたんですけど、なんか毎年いろんなことをやるっているのが和牛の魅力なので、もうまたそれが見れて。かまいたちもすごくよかったんですけど、かまいたちのネタは何回もやっている見たことがあるネタだったので、プラス1点和牛がちょっと上かなと思って。和牛とかまいたちが凄すぎるので、他の出演者はこれから大変かなと思います。頑張って欲しいです。


【見取り図】もう何年か、去年から今年、来年とお客さんが見取り図のことをどんどん認識すればするほど、どんどんおかしくなっていくと思うんですよね。ワードが全部面白かったです。すごい細かいことを言うならば、手の動きが僕は気になっちゃって。手が凄く動くんですよね、漫才の最中に。(盛山「もう不動でやります!」)あんまり気にしないでね。


【ミルクボーイ】誰がやっても面白いネタ、プラスこの人たちがやったら1番面白いっていうのがベストなネタだと思うんですよ。考えたことがあるんですよ、こういうパターンも。こんなに面白く出来なかったですし、人の力と言葉の力とセンスが凝縮されてたので、ほぼ100点に近い99点です。


【インディアンス】ミルクボーイもインディアンスもとても平和なみんなが好きな漫才ではあるんですけど、ちょっと平和過ぎると言いますか。おっさんにグッとくるようなものがなかったかなって。平和過ぎるのはいいことなんですけども、人柄いいので好きなんですけども。


【ぺこぱ】着物の時も見てたんですけど、いろいろやって最終系というか、ぺこぱの最終系ではないんですけども、関西弁の3組の中に入ったというのがスゴイと思うので、最終決戦に期待したいと思います。

 

 

 

オール巨人さんの順位と評

1位  ミルクボーイ(97点)
2位  見取り図(94点)
3位  かまいたち93点)
3位  からし蓮根(93点)
3位  ぺこぱ(93点)
6位  和牛(92点)
6位  すゑひろがりず(92点)
6位  インディアンス(92点)
9位  オズワルド(91点)
10位 ニューヨーク(87点)

 

 

◆オール巨人さんの評

【ニューヨーク】設定としては「僕が歌を作りました」という設定はよくあるけど、歌の中でたくさんの笑いを取るというのがなかなか難しい。テンポがありますから。でも今の新しい子やから新しい展開でやってますし、トップバッターとしてはここに出てくる人は全員が上手いもんで、相当上手さを感じました。トップバッターとして87点は僕の中ではいい点なんですけどね。


【和牛】前半ちょっと心配した感じがあったんですけど、後半ぐっと盛り上がって。最初は「いいね」を言いたいだけなのかと思ったんですが、最後はそれがちゃんとうまいこといって。やっぱり見ていて安心感がありましたね。ただね、川西くんのツッコミが普段のツッコミよりボキャブラリーが少ないように思った。もっとツッコミをどんどん。


【すゑひろがりず】漫才の形としてどうかなと思うんですが、楽しかったのはそれはそれでいいんですよ。彼らも狂言とか能とか、これは面白い言葉なんですが、それを言うている。中身のネタも、僕全部の漫才師をリサーチして漫才見てきていますが、狂言が1番よかったと思う。今までのネタで1番よかった。


【からし蓮根】(松ちゃんを受けて)本調子やったと思いますよ。ここで僕が審査員をやっている間に、この漫才を聞けるというのはちょっと感動しているんですよ。デビュー当時から伊織くんと杉本くんには、なんべんも「辞め辞め」言うたんですよ。そこでようここまで来れたな、と。ああいう喋りなんですよ。これ以上上手くなるかわかりません。漫才の調子は良かったと思います。(巨人師匠の店で)アルバイトしてたんですよ。それがここまで来るとは、立派!


【ぺこぱ】志らくさんと一緒で、僕も最初はこういうキャラはなかなか好きになれないなと思って、どんどんどんどん好きになっていくし、面白かったし。彼らの長文のコメントを読んだことがあって、今まで着物着たり、ローラースケート履いてやったりを捨てて、ここに来るという。その気持ちが嬉しい。

 

 

松本人志さんの順位と評

1位  ミルクボーイ(97点)
2位  かまいたち(95点)
3位  ぺこぱ(94点)
4位  和牛(92点)
5位  見取り図(91点)
6位  からし蓮根(90点)
6位  オズワルド(90点)
8位  すゑひろがりず(89点)
9位  インディアンス(88点)
10位 ニューヨーク(82点)

 

 

◆松本人志さんの評

【ニューヨーク】なんかね、僕の好みなんでしょうけど。最近ツッコミの人って結構笑いながら楽しんでいる感じが、僕はそんなに好きじゃないんですよ。(屋敷「最悪や!」)ごめんごめん!いろんなネタあるんやけど、今のは…。(ニューヨーク2人を励ましている今田)俺の話を聞けや!僕は好み的にツッコミが怒っているのが好きなんですよ。ちょっとにこやか過ぎて緊張感をもう少し出して欲しかったかなと思いましたね。(落ち込むニューヨークに)十分良い点数やで!


【かまいたち】いやまぁ…ちょっと圧巻でしたね。ちょっと涙出るくらい笑ってしまいました。濱家のツッコミがいつもより怒りっぽくしてるのが腹立つけど。わかりやすいヤツやな、お前は!(濱家「ああいうネタなんですけど、そりゃ松本さんに言われたら怒りますよ!一生懸命やりました」)やっぱりいいコンビやなぁと思いましたね。


【和牛】やっぱりそうですね、ちょっとまた違うパターンで最初の「邪魔しました」がジングル替わりのショートコントっぽく見せながらそのままいっちゃうのかな、と思うとちょっと寂しかったんですけど、きっちり変えてきて。いや~、やっぱり見事ですよね。もうご飯が欲しくなりましたよね。


【からし蓮根】ツッコミがちょっと怖いかな。怖いわ。(杉本「もうわからんわ」)おそらく本調子やないんやろうなと見ててわかりました。だから、彼らがもっとノッて本調子でリラックスしてやったら、もっと面白くなっていたのは、もうわかりましたね。だから将来性はすごく高いコンビだなぁと思いました。


【見取り図】面白かったですよ。和牛とからし蓮根の間かなと思ったんですよ。だから細かく刻んでも、僕の場合91点しか出なかったので、91点にしましたけど。僕は今年スゴイ良かったなと思いますね。ブーツのところに裾がずっと上がっているのが嫌だったかな。(盛山「すみません。気づかなかったです」)


【ミルクボーイ】あのなんでしょう。行ったり来たり漫才とでも言うでしょうかね。揺すぶられたなぁ。これぞ漫才という久しぶりに見してもうた感じがしましたねぇ。コンフレークでミルクボーイが掛かっちゃってるですけど。これはね、たまたまやから。(しみじみと)よかったなぁ…。


【オズワルド】90点ちょっと辛めなのかな。でもね、結成5年ですごいよね。将来まだまだ出てくるはずなので、今年はこれぐらい(の点数)になってしまいました。


【ぺこぱ】これはノリツッコまないボケっていうかね。ちょっと新しいところを突いてきましたよね。和牛破れるという衝撃的な部分も見ましたね。

 

 

 

最終審査の評

f:id:nukonyan131:20180929062331j:plain

 

◆最終審査発表前

  • 上沼恵美子:3つくらい年行きました。しんどくて。2組が一緒なので(決め切れていない)。
  • 松本人志:決めないとダメなのでね。3組とも、かまいたちはそもそもあれですけど、仕事絶対増えますもんね。
  •  礼二:3組とも全然違う感じで、本当にみんな面白かったですけど、シュンペイくんのキャラクターがまだわからなくて。
  • 富澤たけし:過去1番レベルが高いんじゃないかと思うぐらいの決勝になったと思います。(ラグビーの)稲垣さんが笑ったコンビでいいんじゃないですか?
  • 立川志らく:選びたくないですね。それぐらい辛い。
  • 塙宣之:今日本当にドラマの番宣で出ただけなんですけど。(今田に違うとツッコまれる)凄いレベルの戦いでした。
  • オール巨人:僕長年やらせていただいてますが、今まで銀シャリに付けた96点が最高点でした。ミルクボーイに初めて97点付けました。大阪で貧乏で、今でも貧乏やと思うんですけど。ぺこぱも凄いなと思いました。

 

 

◆優勝トロフィー授与

  • 松本人志:(トロフィー授与)おめでとう!いや素晴らしい!いやぁここまで圧勝とは思わなかったけどね。いやぁ凄かったね…。

 

◆ミルクボーイがM-1王者決定後(エンディング)

  • 上沼恵美子:感動しました。泣きたいんだけど、ほぼ泣いてるんですけどね。(顔を手で覆う)
  • 礼二:令和元年に相応しい戦いでございました。
  • 富澤たけし:こんなに4分間でモナカって言われたことないです。
  • 立川志らく:本当はかまいたちに勝たせてあげたかった。ただそれだけです。
  • 塙宣之:かまいたちと僅差だったんですけど。今日のウケ方がミルクボーイだったかな。
  • オール巨人:誰が獲っても金、銀、銅で誰が獲ってもよかったと思います。今日は最高の戦いやったと思います。
  • 松本人志:過去最高って言ってもいいのかもしれないですね。数年前なら誰が出ても優勝してたんじゃないかっていうレベルの高さでした。素晴らしかったです。


◆◇◆ ◆◇◆


ミルクボーイさん、おめでとうございます!


今年は本当に面白い王者が決定しました。
ミルクボーイはM-1決勝前から下馬評が高かったですよね。
かまいたちさんもライバル視してましたし。


人柄も良さそうですし、売れるといいなぁ。


あとで感想をアップします。

アップしました。

『M-1グランプリ2019』松本人志が選んだのはかまいたち!圧勝だったミルクボーイ! - 笑う門には福が来る!

 

▽2018年のM-1記事もどうぞ▽ 

『M-1グランプリ2018』結果 松本人志&審査員の順位と理由 - 今日も暇です。