/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『にけつッ!!』で『プレバトSP』の「消しゴムはんこ」秘話 ボツで正解と思った件

2019年10月14日放送の『にけつッ!!』を見ました。
この回では、ジュニアさんが10月31日放送の『プレバト』スペシャルでの「消しゴムはんこ」の制作話をしてくれました。

 

 

『プレバト』はとても楽しみにしている番組。
見たのは10月15日か16日あたりですけど、ちょうどスペシャル放送されるので記録しておきます。


ジュニアさんが特待生になっている「消しゴムはんこ」のエピソードでした。


▽目次です▽

 

 

「消しゴムはんこ」の製作時間とジュニアの現在の特待生項目

  1. 消しゴムはんこを作るのに、5~6時間掛かっている。
  2. パーツごとに掘って、それを押して、ズレていたらまた押し直し。それを繰り返して作品ができる。
  3. 今度のスペシャルで特待生が集まって、
  4. ジュニアが特待生になっているのは、俳句、絵手紙、いけばな、消しゴムはんこの4つ。
  5. 昔引きこもっていたことが役立っている。


◆◇◆ ◆◇◆

制作過程の放送は1人の持ち分が2分もないですよね?
一瞬を楽しませていただいてますけど、その労力には5~6時間掛かっているのか。
いつか『プレバト』展覧会でもすればいいのになぁ。あれを生で見れるなら絶対に見に行きます!

 

 

 

『プレバト』スペシャルでの驚きの「消しゴムはんこ」

  1. 今度のスペシャルで特待生の「消しゴムはんこ」をやることになった。
  2. なんと障子1枚分の大きさの「消しゴムはんこ」。
  3. それもみんなが集まってではなく、1人障子1枚ずつをやらなければならない。
  4. ハガキの大きさにすると60倍!
  5. スペシャルの課題は障子1枚の「消しゴムはんこ」を1ヵ月かけてやることになった。
  6. 仕事終わりにいつも「消しゴムはんこ」作りに通った。
  7. 特に何があるわけでもない障子1枚の「消しゴムはんこ」。評価されるだけ。


◆◇◆ ◆◇◆


障子1枚!??
これ聞いてビックリしましたし、『プレバト』では10月10日放送で3時間スペシャルをやったばかりなので、またスペシャルがあることが嬉しかったです!
事前に知れてテンションがあがりました。


しかし、障子1枚か。凄すぎ!
しずちゃんやくっきー!さんと戦うのかな?

 

障子1枚の「消しゴムはんこ」の題材

  1. 題材をどうするか考えた。ハガキ1枚では出来ないことをしないといけない。
  2. ジュニアが行きついた考えは、ストーリーもの!ズバリ、4コマ漫画。
  3. 起承転結。起:闇営業、承:黒髪と金髪の記者会見、転:社長の記者会見、結:全員が肩組んで笑っている。
  4. ジュニアとしては会心作と思ったが、スタッフがざわつく。「確認を取らせてください!」
  5. 番組のプロデューサーや局のMBSへのお伺いをして、出た結果がなんと「OK」だった!
  6. ジュニアは「よっしゃー!」とやる気満々になったところに、吉本が「NG」を出した。
  7. オチは微笑ましいのに、「なんでやねん、吉本!」とジュニアが聞くと、吉本の答えが「オチが変わるかもしれない」というものだった。

 

f:id:nukonyan131:20191031055943j:plain



◆◇◆ ◆◇◆


これを見たときには、「えー、いいのに!」と思いましたけど、今となってはやらなくて正解!
この4コマ出たら、ちょっと尋常じゃない空気になったかもしれませんよね。


まさかチュートリアルの徳井さんが税金無申告という、考えられない事態が発生。
今年の吉本は最後まで気を抜いては行けない気がします。税金はダメだよ。納税は義務だし、しかも十分払える立場なんだから納めないと絶対にダメ!

 

俳句の裏話

  1. 梅沢さん、東国原さん、志らくさんによその現場で会うと、ずっと『プレバト』の悪口を言っている。
  2. それだけ大変で、プレッシャーがある。


◆◇◆ ◆◇◆

これ聞いて吹き出しちゃいました(笑)。
梅沢さんと東国原さんが愚痴を言うのはわかりますけど、志らくさんはだいぶ優遇されてのご出演だし、しかも自ら『プレバト』のためにスケジュールを毎週空けているって言ってるのに。
永世名人クラスは番組の華だからいいとして、特待生の出演に偏りがあるのはちょっとどうかと思ってます。鈴木光さんにもっと出て欲しいなぁ。

 

▽「消しゴムはんこの頂上決戦2019」の記事もどうぞ▽

『プレバト!!』10月31日「俳句特待生・消しゴムはんこ頂上決戦・いけばな」俳句は降格アリ!消しゴムはんこが凄すぎる! - 今日も暇です。