/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『プレバト!!』4月29日「俳句・春の水彩画コンクール2021」辻元vs光宗vsHGvsアンミカが100点満点!東国原が永世名人に!

2021年4月29日放送の『プレバト才能ランキング』は「俳句の名人査定」と「春の水彩画コンクール2021」でした。

 
毎年4月の改正時期のSPにて開催される「春の水彩画コンクール」ですが、今回はゴールデンウィークの初日となりました。
毎回スゴイ水彩画が発表されますが、今回も強者揃い!
予告では、100点満点が4人出たとなってましたけど、果たして順位はどうなるのでしょうか?

 

また、俳句は永世名人に王手をかけている東国原英夫さんと、本出版に向けて突き進む梅沢さんの登場。
東国原さんの俳句が楽しみですけど、水彩画コンクールがメインの回でどういう結果になるのでしょうか?
いよいよ2人目の永世名人が誕生するのでしょうか?
…という感じでドキドキしながら視聴しました。


それと、フルポン村上さんが全くご出演されないので、ぜひ俳句を見たいですね。


とにかくめちゃくちゃ盛りだくさんの通常回でした!
スペシャルでもよかったくらい(笑)。

  

 

永世名人への道

f:id:nukonyan131:20210429213442j:plain

 

◆俳句のお題:「分別タイプのゴミ箱」


◆俳句の先生 夏井いつき先生

永世名人への道【星4】「東国原英夫」1ランク昇格【星5】永世名人!

ユンボの一撃
   花冷えの
    ごみ屋敷

(ごみ屋敷があった。そこが悪臭や景観の問題で行政代執行で役所が取り壊しになった。見ていたらユンボが「ボーン」と一撃してごみ屋敷を(潰した)。花冷えで寂しい。ごみ屋敷が解体されるのが嫌だった。寂しかった。季語「花冷え」に託した、という句)


◆夏井先生の添削後

添削なし


◆昇格試験のポイント

季語「花冷え」の選択と位置の是非→?

 

非常に面白い作品でした。
「ユンボの一撃」という激しい動きから出てくる。
その後に季語「花冷え」が出てくる。流れから桜の木を切るのかと読み手の脳は先走る。
最後「ごみ屋敷」と一撃の対象が出てくる。
映像がちゃんと見えてくる。
美しいものと汚いもの、桜の静けさとユンボの一撃。対比が交互に縦糸・横糸を張り巡らしている。
堂々とした一句。


東国原さんは梅沢さん同様に、50句の句集作りに挑戦します!
夏井先生が厳選したところ、掲載に値する句は27句!
さすが東さん!
ちなみに、梅沢さんが永世名人になった際には、厳選18句でした。

 

 

 

永世名人 富美男のお手本

◆俳句のお題:「分別タイプのゴミ箱」


◆50句までの現在の状況:29句(残り21句)

春愁を
 くしゃと丸めて
     可燃ごみ

(春の嫌なことはくしゃと丸めてごみに捨てましょう、という句)


◆夏井先生の添削後

添削なし


◆掲載の判定⇒掲載決定!

【掲載決定の理由】詩の言葉に出来ている。

昔私も春愁を丸めるという発想の句を作ったことがある。
これは「可燃ごみ」という展開がいい。面白い。
詩の言葉になりにくい言葉だが、読んでいくとちゃんと詩の言葉として成立している。
発想法の1つとして、丸められないものを丸める。こういう発想の切り口のパターンはある。
それを上手く使っている。
今までのおっちゃんだったら、「可燃ごみ」を「捨てる」まで書いていた。書きがち。
それがいらないということが、体で理解しているのではないか。

 

◆50句までの現在の状況:30句(残り20句)

  • 1月の成績:2勝1敗(掲載:1/7・1/28、ボツ:1/21)
  • 2月の成績:1勝1敗(掲載:2/4、ボツ:2/11)
  • 3月の成績:1勝1敗(掲載:3/4、ボツ:3/18)
  • 4月の成績:1勝3敗(掲載:4/29、ボツ:4/8、4/15、4/22)

 

 

「春の水彩画コンクール2021」ランキング

◆「春の水彩画コンクール2021」参戦者

  • 名人3段 アンミカ
  • 名人3段  光宗薫
  • 名人初段 くっきー!(野性爆弾)
  • 名人初段 HG(レイザーラモン)
  • 特待生1級 辻元舞
  • 特待生2級 田中道子
  • 特待生4級 小倉久寛


◆水彩画の先生 野村重存先生

 

◆お題は野村先生が選んだ風景「綺麗な水のある東京の風景」を「くじ引き」で決定

 

◆採点

①切り取り方:30点、
②正しい描写:30点、
③明暗:30点、
④特別加点(課題点):10点、
⑤合計:100点

 

 

 

最下位7位「小倉久寛」(特待生4級)91点

◆テーマ:等々力渓谷(東京都世田谷区)


◆作品名:お散歩

 

◆採点

①切り取り方:30点
②正しい描写:27点
③明暗:27点
④特別加点:7点
⑤合計:91点


◆先生のお手本あり


◆野村先生の評価

  • 〇:明るい綺麗な絵。木々の違いを描き分けている。
  • ×:水の流れてる感じは上手に描けているが、水面の光ってる様子が欲しい。これがあればもう少し点数が上がった。全体に色調がまったりと明るい。

 

 

6位「くっきー!(野性爆弾)」(名人初段)92点

◆テーマ:目黒川(東京都目黒区)


◆作品名:浜桜


◆採点

①切り取り方:28点
②正しい描写:25点
③明暗:29点
④特別加点:10点
⑤合計:92点

 


◆先生のお手本あり←ちゃんと浜ちゃんがいるバージョン!「野村のおっさんにもイジられだしたよ」と浜ちゃんのボヤキ。


◆野村先生の評価

  • 〇:目黒川っぽい形・色・質感は上手。水面の映り込みも描けていて、よく晴れた目黒川の朝。
  • ×:ん?いましたよ!くっきーさん以外ありえないでしょう(苦笑い)。浜田さんの顔をここに描きたい気持ちはわかる。桜にしては色が濃い。桜というよりも柴漬けや福神漬けっぽく見えちゃう。これはちょっとやり過ぎだな!。

  

 

5位「田中道子」(特待生2級)96点

◆テーマ:アートアクアリウム美術館

  • 評価のポイント:水と光の描写

 

◆作品名:アクアリウム

 


◆採点

①切り取り方:30点
②正しい描写:26点
③明暗:30点
④特別加点:10点
⑤合計:96点


◆先生のお手本あり


◆野村先生の評価

  • 〇:構図が良い。水槽の部分が華やかで、右上の方が暗い天井の空間がダイナミックな構図。奥行き感があり、とても良い。
  • 水の描写も上手い。触れそう。波の形も自然。
  • ×:1匹の手前の金魚が外にいるように見える。そこだけが欠点。

凄い頑張った。色が綺麗。

 

 

4位「アンミカ」(名人3段)100点⇒97点

◆テーマ:東京ゲートブリッジの夕景

  • 評価のポイント:水面に映り込む夕方の光と色


◆作品名:黄昏時の恐竜橋 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

アンミカ(@ahnmikaofficial)がシェアした投稿

 


◆採点

①切り取り方:30点
②正しい描写:30点
③明暗:30点⇒27点
④特別加点:10点
⑤合計:100点 ⇒97点


◆先生のお手本なし


◆野村先生の評価

  • 〇:非常に大胆な構図取りがものすごく成功している。画面のほとんどが空。空が多いと殺風景になりがちなのに、グラデーションで光って見える。浮かび上がる橋もバシっと見える。こりゃビックリ!
  • 水はちょっとしか描いてないのに、水面の広がりを感じる。波紋の大小の描き分けもある。とても綺麗に描けている。
  • 一旦100点満点!


◆減点理由(4位になった経緯)

  • 橋の右側がもう少し柔らかく描けていると良かったかなと思う。


またこりゃ素敵に描いたね!これは素敵な絵になりましたね。

 

 

3位「HG(レイザーラモン)」(名人初段)100点⇒98点

◆テーマ:ヴィーナスフォートの噴水(東京都お台場)

  • 評価のポイント:噴水の滴る水の表現


◆作品名:ヴィーナスフォー!ト


◆採点

①切り取り方:30点
②正しい描写:30点
③明暗:30点
④特別加点:10点→8点
⑤合計:100点⇒98点


◆先生のお手本なし


◆野村先生の評価

  • 〇:第一印象、絵が綺麗!色合い、構図、総合的に。背景になっている空間の描写はキレイさと上手さで圧倒的!下の噴水のへりの部分の映り込みもちゃんと描いている。
  • 水の描写もすごくいい。こういう噴水はダイナミックな噴水と違って、細い水が滝のように落ちてくる。なかなかまとまりで描けないから難しい。
  • 隙がない!満点じゃないですか。


◆減点理由(3位になった経緯)

  • 水しぶきをもう少し強調して描けばよかった。全然あるが、もう一段強調して描けば順位が変わったかもしれない。

 

2位「光宗薫」(名人3段)100点

◆テーマ:東京ドームシティワンダードロップ


◆作品名:夫婦舟

 


◆採点

①切り取り方:30点
②正しい描写:30点
③明暗:30点
④特別加点:10点
⑤合計:100点

 


◆先生のお手本なし


◆野村先生の評価

  • 〇:これ…(言葉を失う)。明るい、楽しい、綺麗!
  • 場所の空間がすごい自然に見える。広大な遊園地じゃないのに、空間の広がりがある。空間感、奥行き感が出ている。
  • 一瞬の飛び散る激しい水しぶき。どうやってやったんですかね?紙の白さを生かしている。白さが1番白く見えるのは、紙の白を生かすこと。
  • 水しぶき、流れる水、水辺の3種類の水の描き分けが完璧!
  • これはケチのつけようがない。減点ポイントが見つからない。

(光宗さんと知り)以前はこういう風には描けなかったと思う。温もりを感じるような色調。
すごい上達ぶり!
乗っている人の歓声が聞こえる。

 

 

1位「辻元舞」(特待生1級)100点⇒101点

◆テーマ:豊洲ウォーターフロントの夜景(東京都江東区)

  • 評価のポイント:水面に映るビル群の様々な光


◆作品名:豊洲の宝石箱 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

辻元 舞(@mai_tsujimoto)がシェアした投稿

 


◆採点

①切り取り方:30点
②正しい描写:30点
③明暗:30点
④特別加点:10点
(難題クリアの特別加点:1点)
⑤合計:100点⇒101点

 
◆先生のお手本なし


◆野村先生の評価

  • 〇:こちらは101点での優勝!
  • この空、めちゃめちゃ上手!通常の夜景はフラットに塗るが、ハケ目を上手に残している。これが空っぽい空気感、広がり感を演出している。ハケ目で表現した揺らぐ水面も良い。

(辻元さんと知り)これは今まで彼女の絵には感じられなかった傾向。素晴らしい!進化した! 

 

 

◆「春の水彩画コンクール2020」順位◆

優勝「辻元舞」(特待生1級)100点⇒101点
2位「光宗薫」(名人3段)100点
3位「HG(レイザーラモン)」(名人初段)100点⇒98点
4位「アンミカ」(名人3段)100点⇒97点
5位「田中道子」(特待生2級)96点
6位「くっきー!(野性爆弾)」(名人初段)92点
最下位7位「小倉久寛」(特待生4級)91点

 

 

▽前回の水彩画コンクールもどうぞ▽

『プレバト!!』2020年9月24日「秋の水彩画コンクール2020」光宗薫vsアンミカ!水彩画再認定後の初バトル! - 今日も暇です。