/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『プレバト!!』10月6日「俳句・トーストアート」相棒の篠原ゆき子が水谷豊宛てで絶賛トースト!森迫永依に夏井先生べた褒め

2022年10月6日放送の『プレバト才能ランキング』は「俳句・トーストアート」の査定でした。

 

トーストアート好評のようですね。
ワクワクしますし、とても美味しそうなのでそこもいいんだと思います。
『相棒』でお馴染みの篠原ゆき子さんがトーストアートと俳句の両方に挑戦されました。


あと今回の番組の最後に、三遊亭円楽さんの追悼もありました。
歌丸師匠への思いを綴った俳句に、夏井先生が素晴らしい添削をされてましたよね。
それを再び目にいたしました。
天国で歌丸さんと楽しくお話されているのかな。
もう二度と円楽師匠の俳句が見れないのがすごく悲しいです。

 

 

俳句の査定ランキング

 

◆俳句のお題:「店のオープン」

 

◆査定される人

  • 篠原ゆき子
  • 森迫永依
  • 三浦獠太
  • 嶋佐和也(ニューヨーク)


永世名人 梅沢富美男

永世名人 村上健志(フルーツポンチ)

名人10段 横尾渉(Kis-My-Ft2)

 

◆俳句の先生 夏井いつき先生

 

 

 

最下位4位(才能なし)「嶋佐和也(ニューヨーク)」38点

秋茄子の
 美味い酒場が
   コンビニに

(よく行っていた馴染みのある酒場がなくなってコンビニになってしまって物悲しさを感じる、という句)


◆夏井先生の添削後

秋茄子は
 美味し酒場は
   コンビニに


◆夏井先生の添削

梅沢さんが指摘したように季語が動くというのもあるが、もっと気になった点がある。
「秋茄子」と「酒場」がない。
「コンビニ」はあるが、茄子をどうやって味わえばいいのかとキョトンとしてしまった。
それであれば秋茄子が目の前にある句にする。
(添削後)これがわかるようになれば、才能アリに定着できる。
あなたの努力する姿は私は好きですよ。

 

3位(才能なし)「三浦獠太」50点

赤とんぼ
 街にひびくは
    キキの声
 
(兼題写真を見てジブリっぽいと思った。「魔女の宅急便」。季語「赤とんぼ」だがトンボという少年が出てくる。トンボ目線で店番しているキキの声が響き渡っている、という句)


◆夏井先生の添削後

キキの声
 ひびける街の
    赤とんぼ


◆夏井先生の添削

物語、映画、小説などを元に俳句を作るのがダメなわけではない。
その新たな世界で自分自身が出会った・見つけたとかそういうことを詠まないと、創造性が欠けてしまう。
創造性を添削で補うのは絶対できない。
季語「赤とんぼ」を主役に立てるアドバイスならできるかもしれない。

 

2位(才能アリ)「篠原ゆき子」70点

星月夜
 五畳酒場の
    笑い声

(新宿のゴールデン街を通りかかると、小さいお店から笑い声が聞こえてくる。その笑い声が人間の温かみがあっていいな、という句)


◆夏井先生の添削後

星月夜
 五畳酒場の
  さざめきに


◆夏井先生の添削

この句は中七「五畳酒場の」が良い。
具体的。
そこに集っている人たちはどういう人たちか。
想像も広がっていく。
もったいないのは「笑い声」。
季語「星月夜」を主役に立てるという意味で惜しい。
「さざめきに」にすると遠くから聞こえて、お店を出て星月夜を見上げているのかもしれない。
バランスがわかるようになると。才能アリに定着できる。

 

1位(才能アリ)「森迫永依」72点

いちじくを
 運ぶ掛け声
    朝の鐘

(数年前にモロッコに旅行にいった。朝、日の出を見ようと大きな通りに出ると小さな子供がいちじくの載った荷台を押していた。掛け声かけて押している感じから元気をもらって、1日頑張ろうという明るい気持ちになれた、という句)


◆夏井先生の添削後

添削なし


◆夏井先生の添削

読んだ途端に、いちじくを栽培している畑が浮かんできた。
季語「いちじく」は1個かなと思ったら、「運ぶ」でたくさん。
「掛け声」で1人ではなくたくさんの人が運んでいる。
この段階で収穫の喜びが溢れてくる。
兼題写真からこのいちじくは今から市場に持っていくに違いない。
テーマとしっかり繋げていて、これは感心した。
直しもいらないし、この人は絶対に伸びる!
楽しみな人を見つけたなと思っている。

 

 

◆順位まとめ◆

1位(才能アリ)「森迫永依」72点
2位(才能アリ)「篠原ゆき子」70点
3位(才能なし)「三浦獠太」50点
最下位4位(才能なし)「嶋佐和也(ニューヨーク)」38点

 

 

 

永世名人への道

永世名人への道【星1】「横尾渉(Kis-My-Ft2)」1ランク昇格【星2】

ズル休みさやか
   駅前純喫茶

(プレバトの俳句を作ってマネージャーに送信。その後すぐに今回の俳句のお題が届いた。これは今作るのではなく休もうと思った時、純喫茶があった。「ズル休み」と「純喫茶」でおもしろくなるなと考えた句)


◆夏井先生の添削後

添削なし


◆昇格試験のポイント

傍題「さやか」の位置の是非←?


秋の季語「さわやか」の傍題が「さやか」。
秋のさわやかなさっぱりとした空気。
それを心情として表現する時にも使う。
置き場所が評価の分かれ目になる。
「ズル休み」の前に「さやか」では、ズル休みがさわやかになってしまう。
「駅前純喫茶」の後に「さやか」では「純喫茶」がさわやかだと限定してしまう。
ご本人はズル休みをしている時間と空間が居心地の良いさわやかだと言いたい。
この位置で季語の効果を上にも下にも上手に及ぼして、言いたいニュアンスを作る。
そして、読者は共感する。

 

永世名人 フルポン村上のお手本

◆50句までの現在の状況:24句(残り26句)

ピザ窯の
 奥に小さき火
     朝寒し

(ピザ屋さんがお店の準備をする時に、まずピザ窯に火をつける。まだ小さい火の時に、季語「朝寒し」はいい季語だなと思って、という句)


◆夏井先生の添削後

添削なし

 

◆掲載の判定⇒掲載決定!

【掲載決定の理由】季語で場面が展開している!


私が上手いなと思ったのは、「奥に」とちゃんと書いてあり、「小さい火」と描写しているところ。
熾火があって朝の空気によってパッと火が戻る。
そこに新しい薪を入れて用意が整う。
朝の冷たさ、ピザ窯に残っ入るほんのりとした熱。
季語「朝寒し」が鮮やかに立ち上がると読んだ。
季語を信じてくれてありがとう。

 

◆50句までの現在の状況:231句(残り27句)

  • 6月の成績:0勝1敗(ボツ:6/23)
  • 7月の成績:1勝1敗(掲載:7/28、ボツ:7/14)
  • 8月の成績:1勝0敗(掲載:8/18)
  • 10月の成績:1勝0敗(掲載:10/6)

 

 

 

永世名人 梅沢富美男のお手本

◆50句までの現在の状況:46句(残り4句)

口開けの
 客は西瓜と
  連れ立ちて

(ずっとひいきにしていたお店があった。人気のお店。皆さんお店に行く時に必ずお菓子を持っていったり、西瓜を持っていったり。お店の女将さんはお客さんからもらった西瓜を切って、お客様に食べてもらう。人情だな、という句)


◆夏井先生の添削後

添削なし

 

◆掲載の判定⇒掲載決定!

【掲載決定の理由】粋な擬人化


本当に褒めないといけないのは「客は」の助詞「は」。
お客さんはたくさんいるが、今日の口開けのお客さん「は」と指差すような強調。
そこにお店側の喜びもちゃんと見えてくる。
「連れ立ちて」は評価の分かれ目。
まるで一緒に同伴してきた人物のように堂々とした西瓜に違いない。
最後切れのない形でやっているので、空白の部分でお店に賑わいや会話がちゃんと聞こえてきた。

 

◆50句までの現在の状況:47句(残り3句)

【2021年】

  • 1月の成績:2勝1敗(掲載:1/7・1/28、ボツ:1/21)
  • 2月の成績:1勝1敗(掲載:2/4、ボツ:2/11)
  • 3月の成績:1勝1敗(掲載:3/4、ボツ:3/18)
  • 4月の成績:1勝3敗(掲載:4/29、ボツ:4/8、4/15、4/22)
  • 5月の成績:1勝2敗(掲載:5/20、ボツ:5/6、5/13)
  • 6月の成績:2勝1敗(掲載:6/17・6/24、ボツ:6/10)
  • 7月の成績:2勝1敗(掲載:7/8・7/15、ボツ:7/1)
  • 8月の成績:1勝3敗(掲載:8/19、ボツ:8/5、8/12、8/26)
  • 10月の成績:0勝1敗(ボツ:10/28)
  • 11月の成績:2勝1敗(掲載:11/4・11/18、ボツ:11/25)
  • 12月の成績:1勝2敗(掲載:12/9、ボツ:12/2、12/16)


【2022年】

  • 1月の成績:1勝0敗(掲載:1/6)
  • 3月の成績:1勝1敗(掲載:3/24、ボツ:3/3)
  • 4月の成績:1勝2敗(掲載:4/21、ボツ:4/14、4/28)
  • 5月の成績:1勝3敗(掲載:5/4、ボツ:5/12、5/19、5/26)
  • 6月の成績:1勝2敗(掲載:6/16、ボツ:6/2、6/9)
  • 10月の成績:1勝0敗(掲載:10/6)

 

 

 

トーストアートの査定ランキング

◆査定される人

  • 篠原ゆき子
  • 久代萌美
  • 横尾渉(Kis-My-Ft2)
  • 屋敷裕政(ニューヨーク)

特待生5級 望月理恵


◆トーストアートの先生 佐々木愛実先生


◆採点

  • 食材をいかしているか:10点
  • アイデア:10点
  • デザイン:点10点
  • 合計:30点

 

最下位4位(才能アリ)「屋敷裕政(ニューヨーク)」12点

◆作品タイトル:「ホワイトタイガー」
母へ。トラをモチーフ。


◆使った食材

  • 豆腐
  • 中華だし
  • 昆布
  • キクラゲ
  • カリフラワー
  • しらす

 

◆採点

  • 食材をいかしているか:2点
  • アイデア:6点
  • デザイン:4点
  • 合計:12点

 

◆お手本あり


◆佐々木先生の評価

キクラゲを切って細い線状にしているが、独特のコリコリ感がない。
食材の良さが台無し。

 

3位(凡人)「久代萌美」15点

◆作品タイトル:「ひまわり」
母へ。ゴッホのひまわり風


◆使った食材

  • 明太マヨ
  • 醤油バター
  • しいたけ
  • ヤングコーン
  • にんじん
  • 黄色のパプリカ

 

◆採点

  • 食材をいかしているか:6点
  • アイデア:6点
  • デザイン:3点
  • 合計:15点

 

◆お手本あり


◆佐々木先生の評価

ひまわりですよね。
食材をいくつか組み合わせて質感の違いを出せているのがとても良い。
(食べて)ちょっとゴロっとしたまま置いてあるため、食感がしっかりある。
良いかと言えば良くはない。
置き方が平面的で雑。

 

2位(才能アリ)「横尾渉(Kis-My-Ft2)」25点

◆作品タイトル:「祝!旅立ち」
幼馴染へ。鳥をモチーフ。


◆使った食材

  • ツナマヨ
  • しらす
  • サケフレーク
  • エビのしっぽ
  • ヤングコーン
  • ほうれん草
  • パプリカ
  • ピンクペッパー
  • 金粉


◆採点

  • 食材をいかしているか:9点
  • アイデア:9点
  • デザイン:7点
  • 合計:25点

 

◆お手本あり


◆佐々木先生の評価

色味が鳳凰感がある。
食材がとても種類が多い。
しらすは光沢感があるので良い。
パンの四隅にくちばし・羽・しっぽが刺さっているので窮屈な印象。
金粉は多いと下品になる。

 

1位(才能アリ)「篠原ゆき子」30点⇒特待生昇格!

◆作品タイトル:「愉快なメキシカンスタイル」
水谷豊へ。メキシカン。


◆使った食材

  • トマト
  • コーン
  • チーズなど

 

◆採点

  • 食材をいかしているか:10点
  • アイデア:10点
  • デザイン:10点
  • 合計:30点

 

◆お手本あり


◆佐々木先生の評価

トマトの断面が横に並んでて一見模様に見えるが、ガイコツのシルエットに切ったチーズを挟むことで、それが目の輝きになって、模様なのかモチーフなのかを遊んでいる。
トーストアートの才能としては抜群。
特待生でいいと思う。

 

◆順位まとめ◆

1位(才能アリ)「篠原ゆき子」30点⇒特待生昇格!
2位(才能アリ)「横尾渉(Kis-My-Ft2)」25点
3位(凡人)「久代萌美」15点
最下位4位(才能アリ)「屋敷裕政(ニューヨーク)」12点

 

特待生昇格試験

特待生5級「望月理恵」現状維持

◆作品タイトル:「夕焼けのリゾートゴルフ」
神田愛花へ。


◆使った食材

  • ズッキーニ
  • おかひじき
  • ケール
  • 赤玉ねぎ
  • セロリ
  • パセリ
  • アスパラガス
  • バジル
  • パプリカ
  • ゆで卵など

 

◆お手本なし


◆佐々木先生の評価

さすがだなと思う。
強弱があまりなく、単調に見える。
せっかく食材を観察する力があるのにもったいない。
食材が多く、ゴルフ場に見えない。

 

▽他のプレバトもどうぞ▽

『プレバト!!』出身者が勝つか?福島だけ意外な結果に「俳句 47都道府県ふるさと戦」 - 今日も暇です。

 

『プレバト!!』8月11日「俳句・トーストアート」鈴木絢音が才能アリから点数半分で才能ナシへ!望月理恵の絶賛トースト - 今日も暇です。