今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『プレバト!!』5月30日「俳句・一筆書きアート」ダウ90000蓮見が久しぶりの最速での俳句特待生!忽那も一筆書きで1位

2024年5月30日放送の『プレバト才能ランキング』は「俳句・一筆書きアート」の査定でした。

 

アート系は3ヵ月以上ぶりの一筆書きアートです。
気になるのは特待生のくっきーさんの作品(笑)。

 

俳句では先月初出演し、夏井先生に絶賛されていたダウ90000の蓮見さんが早くも登場!
ダウ90000大好きなのでめちゃくちゃ嬉しいです。
超早期で特待生にあがっちゃうのでしょうか?
鈴木光さん以来ですよね?

 

俳句の査定ランキング

 

◆俳句のお題:「洗濯」

 

◆査定される人

  • 川島如恵留
  • DAIGO
  • 大友花恋
  • 蓮見翔(ダウ90000)
  • 水川かたまり(空気階段)

特別永世名人 梅沢富美男

名人6段 皆藤愛子


◆俳句の先生 夏井いつき先生

 

 

 

最下位5位(才能なし)「水川かたまり(空気階段)」30点

春昼に
 揺れるコートと
      短肌着

(冬と春の移り変わりで冬に着てたコートを干している。赤ちゃん用の短肌着が並んでいる。季節と生活の移り変わりを表現したすごい俳句)


◆夏井先生の添削後

春風や
 白きスタイと
     短肌着


◆夏井先生の添削

「春昼」という春の季語と「コート」という冬の季語を一緒に出した。
「春昼に揺れる」がもったいない。8音使っている。
季語を変えればこんな音数使わなくてもこの映像は作れる。
(浜田「風」)そうです。
「春風」にする。
(添削後)作者わかって相当上達した。

 

4位(凡人)「DAIGO」50点

大中小
 干したTシャツ
      4人分
 
(この10年で結婚して子どもも2人生まれた。干したTシャツのサイズが大人だったり娘だったり。いろいろ乗り越えてきたな、という句)


◆夏井先生の添削後

大中小小
 Tシャツ風に
     四人分


◆夏井先生の添削

洗剤のCMの域を超えてない普通の発想。
俳句では特別な意図がない限り、数詞は漢数字にする。意図があればいいがそういう意図もない。
余りにも動きがない。

 

3位(凡人)「川島如恵留(Travis Japan)」69点

キャンプの夜
 乾いたシャツは
      煙の香
 
(ソロキャンプが趣味。帰って来て洗ったシャツにはまだキャンプの匂いが残っている、という句)


◆夏井先生の添削後

Tシャツに
 昨夜(よべ)のキャンプの
           煙の香


◆夏井先生の添削

お話をしっかり聞かないといけないタイプの句。
話を聞いて、そういうことを表現したかったのかとわかったらプラス1点にしようと思っての69点。
「69点」です!
キャンプの夜に川遊びして濡れたTシャツをちょっと干して乾いたと心配している句なのか、家に帰ってから煙の匂いが残っているのかを言いたい句なのか。
そこを一生懸命聞いていた。
ここまでやれるので特待生はもう目の前!

 

2位(才能アリ)「大友花恋」70点

上京し
 洗うTシャツ
    独りぶん

(群馬出身の五人家族。洗濯物の量が多く、1日2回洗濯しても追いつかない。上京してからは自分の分しか洗濯しなくて、一人分のTシャツを見ていると寂しい、という句)


◆夏井先生の添削後

上京や
 洗うTシャツ
    独りぶん


◆夏井先生の添削

Tシャツを夏の季語の傍題として載せてきている歳時記も増えてきた。
「上京し」の「し」がゆるい。
「や」の詠嘆で切る。
カットが切り替わって洗う場面の映像が出てくる。
上手くなりましたね。

 

1位(才能アリ)「蓮見翔(ダウ90000)」71点⇒特待生昇格!

部屋からは
 洋画の予告
    夏の雲

(洗濯しなきゃとなんとなくテレビをつけっぱなしにして、洗濯してベランダに出た時、夏の雲がキレイに見えて、部屋からはつけっ放しのテレビが流れている、という句)


◆夏井先生の添削後

(添削例)

ベランダの夏雲
   部屋からは
     ニュース


ベランダの夏雲
   部屋からは
      サザン


◆夏井先生の添削

「洗濯物」を使わないでそういう場面を表現。
そこが発想として抜けている。
1つだけアドバイス。
テーマをちょっとだけ意識する。
おっちゃんはベランダを季語と知っていて、使うと季重なり。
たとえば「ベランダの夏雲」と季語を重ねると「夏雲」が強い季語になる。
(添削例後)このメカニズムを意識したら、この人はおっちゃんを脅かすかもしれない。
予想以上でした。
特待生ですね。

 


◆順位まとめ◆

1位(才能アリ)「蓮見翔(ダウ90000)」71点⇒特待生昇格!
2位(才能アリ)「大友花恋」70点
3位(凡人)「川島如恵留(Travis Japan)」69点
4位(凡人)「DAIGO」50点
最下位5位(才能なし)「水川かたまり(空気階段)」30点


◆◇◆ ◆◇◆


蓮見さん大好きなので昇格嬉しいです!
たった2回出演で才能アリ連続での昇格は、たぶんフルポン村上さん、鈴木光さん以来じゃないでしょうか。
森迫さんは1回凡人があったので本当にすごいことだと思います。
光さん大好きでしたがタレントじゃなくなっちゃいましたし。

 

しかし文字系というか文学的な部分において、蓮見さんは無双じゃないですかね。
これで実はコント集団というものすごい。
漫才もチャレンジしてますし。
演劇集団のイメージが強いですけど。
言葉の魔術師なんだろうなと感じました。

 

これからのタイトル戦も楽しみです!

 

 

 

名人・特待生昇格試験

名人6段「皆藤愛子」1ランク昇格⇒【名人7段】

洗剤の
 封切る
  新緑の朝(あした)

(夏の気持ちのいい朝に新しい香りの洗剤を開けて「洗濯するぞ」、という句)


◆夏井先生の添削後

添削なし


◆昇格試験のポイント

「新緑の朝(あした)」季語を含んだフレーズの是非←触覚・嗅覚も伝わる


褒めたいのは「封切る」ときちんと言ったところ。
指先の力の感覚を思い出す。
封を切った触覚、香りの嗅覚。
「洗剤」と「新緑」の取り合わせの成立。
気持ちの良い句。

 

特別永世名人 梅沢富美男の締めのお手本

夜濯ぎや
 命すくなき
    星赤く

(夜洗濯をして干す。私はさそり座。(空の)心臓あたりが赤く輝いている。赤く輝くとその星の命がなくなると聞いた。自分に当てはめた。私も長くありません。俺の星のようだなという句)


◆夏井先生の添削後

夜濯や
 赤く老いたる
    星ひとつ

 

◆「締め」に相応しくない⇒ガッカリ!

【相応しくないの理由】知識をひけらしたかったの?


季語「夜濯ぎ」は送り仮名を省略するタイプの季語なので、「夜濯」でいい。
表記の上でもスッキリする。
問題は中七。
命が尽きそうな星は赤く燃える。
おっちゃんは調べて感動したんでしょう。
俳句は説明ではなく映像。

 

 

 

一筆書きアートの才能査定ランキング

◆査定される人

  • 山口もえ
  • 川島如恵留(Travis Japan)
  • 忽那文香(ダウ90000)
  • アタック西本(ジェラードン)

特待生5級 くっきー!(野性爆弾)

 

◆一筆書きアートの先生:YUIHALF先生(ひとふでがきイラストレーター)

 

◆採点ポイント 30点満点

  • 線の運び方:10点
  • 描写力:10点
  • アイデア:10点

 

最下位4位(才能ナシ)「アタック西本(ジェラードン)」13点

◆作品タイトル「サッカー」

 

◆採点ポイント 

  • 線の運び方:4点
  • 描写力:3点
  • アイデア:6点
  • 合計:13点

 

◆お手本あり。


◆YUIHALF先生の評価

  • ×:根本的に何を描いているのかわからない。トロフィーの中の選手がボールを蹴っているのが分かりづらい。

 

3位(平凡)川島如恵留(Travis Japan)」22点

◆作品タイトル「ライオン」

 

◆採点ポイント 

  • 線の運び方:8点
  • 描写力:5点
  • アイデア:9点
  • 合計:22点

 

◆お手本あり。


◆YUIHALF先生の評価

  • ×:ライオンの特徴を捉え切れていない。たてがみの表現ができていない。この場合は崖を描かずにライオンだけ描けばよかった。

 

2位(才能アリ)「山口もえ」26点

◆作品タイトル「ヨット」

 

◆採点ポイント 

  • 線の運び方:8点
  • 描写力:9点
  • アイデア:9点
  • 合計:26点

 

◆お手本あり。


◆YUIHALF先生の評価

  • 〇:お魚、おじさん、犬とストーリー性を感じる描写がよい。
  • ×:一筆書きはどこをどう辿ったのかが面白いところ。山口さんの場合は同じところを行ったり来たりしているのが惜しい。

 

1位(才能アリ)「忽那文香(ダウ90000)」27点

◆作品タイトル「ハンバーガー」

 

◆採点ポイント 

  • 線の運び方:9点
  • 描写力:9点
  • アイデア:9点
  • 合計:27点


◆お手本あり。


◆YUIHALF先生の評価

  • 〇:線の使い分けが良い。とても素晴らしい作品。ハンバーガーの具材もチーズがとろけたりしていて線に変化をつけてメリハリをつけている。
  • ×:具材が平行に描かれているのでレタスをオーバーに崩すとより面白い作品になる。

 

◆順位まとめ◆

1位(才能アリ)「忽那文香(ダウ90000)」27点
2位(才能アリ)「山口もえ」26点
3位(平凡)川島如恵留(Travis Japan)」22点
最下位4位(才能ナシ)「アタック西本(ジェラードン)」13点

 

特待生昇格試験

特待生5級「くっきー!(野性爆弾)」1ランク昇格!⇒【特待生4級】

◆作品:孔雀
顔は浜ちゃん⇒「本当は浜田さんと孔雀を描きたかったが、気がついたら浜田孔雀になっていた」


◆お手本あり


◆YUIHALF先生の評価

羽の途中に目のようなマークがあり、先端だけではなく全体に散りばめられている。
浜田さんの顔の特徴を捉えていて上手。
この状態で孔雀とわかるのがポイント。

 

▽他のプレバトもどうぞ▽

『プレバト!!』2月15日「俳句・一筆書きアート」一筆書きで辻元舞を抑えてくっきーが特待生!俳句は刑事ドラマの句 - 今日も暇です。

 

『プレバト!!』4月18日「俳句・丸シールアート」ダウ90000蓮見は俳句で初登場1位に!池田鉄洋が特待生でキスマイ二階堂が大暴れ - 今日も暇です。