/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『プレバト!!』3月10日「春光戦2022 予選A&B」予選から力作続出!Aは波乱でBは順当

2022年3月10日放送の『プレバト才能ランキング』を見ました。
俳句の「春の春光戦 2022」でした。
今回は、予選のみです。

 

予選ブロックは前回浜ちゃんが抽選をしてA~Dの4つのグループが決定。
その内のAとBの2つです。

前回の抽選結果

『プレバト!!』3月3日「俳句」春光戦2022の予選組み合わせ決定!久しぶりの梅沢登場 - 今日も暇です。

 

「春光戦2022 予選C&Dブロック」も決定しました(2022年3月17日放送)

『プレバト!!』3月17日「春光戦 予選C&D」決勝進出10名が決定!CもDも復活も波乱は起きず - 今日も暇です。


早いですよね。
もう3月に入り、春光戦の時期ですよ!
本選はたぶん2週間後だと思いますけど楽しみです。
あとアート系が今週と来週がお休みなので、春のSPでの大会も楽しみですね。
水彩画はコンクールかな?

 

俳句「春光戦 2022」の予選ランキング【A&Bブロック】

f:id:nukonyan131:20220311002309j:plain


◆俳句の予選のお題:ライス or パン


◆俳句の先生 夏井いつき先生


◆今回の評価のポイント

  1. 季語をちゃんと活かしているか?
  2. 兼題写真の2択のイメージを押さえているか?


◆本選シード権獲得者

  1. 梅沢富美男
  2. 東国原英夫
  3. 横尾渉(Kis-My-Ft2)
  4. 立川志らく
  5. 北山宏光(Kis-My-Ft2)


◆出場者

【予選Aブロック】

  1. 名人9段 千原ジュニア
  2. 特待生2級 馬場典子
  3. 特待生2級 パックン
  4. 特待生2級 松岡充


【予選Bブロック】

  1. 名人10段 藤本敏史(FUJIWARA)
  2. 名人6段 中田喜子
  3. 特待生3級 向井慧(パンサー)
  4. 特待生3級 筒井真理子

 

にゃん吉のAブロックとBブロックの予想

個人の予想はこうです。

  • Aブロック⇒1位はジュニアさん、2位は馬場典子さん。
  • Bブロック⇒1位はフジモンさん、2位は中田喜子さん。

意外と順当だと予想しましたけどどうでしょうか?
いつも波乱は起きますからね。

 

 

 

俳句「春光戦 2022」の予選Aランキング

最下位4位「パックン」(特待生2級)

寒明のキャンプ
    ごはんは
     アルデンテ

(受験も終わってキャンプに行った。お父さんが飯盒炊爨に挑戦。夏と条件が違うから炊きあがったご飯は芯が残っている。子どもは「アルデンテだ」とちょっとからかう、という句)


◆夏井先生の添削後

卒業記念キャンプ
      ご飯は
       アルデンテ


◆夏井先生の添削

作者が今わかってのことなんですが、これは褒めないと!
パックンの技が増えていることに今ちょっとささやかな感動を覚えている。
ずっと5音の季語と12音のフレーズのパターンしかなかった。
これは難しいことを2つもやっている。
1つは2つの季語を「寒明のキャンプ」と合体させる技。
2つめは「ごはんはアルデンテ」の句またがり。
なぜ最下位か。
「寒明のキャンプ」は寒いのに、ご飯には芯が残っている。
これは笑えない。
受験が終わってキャンプに行ったことを書いた方が良い。

 

3位「松岡充」(特待生2級)

「Where you go?」
    機窓に春の
      星あまた

(「Where you go?」は本当は「Where do you go?」。外国人の旅行者と仲良くなって機内の会話。会話が終わった後に外を見ると、飛行機からの星は地上からよりも綺麗、春なので自分の未来を予測する景色にも出会えた、という句)


◆夏井先生の添削後

添削なし


◆夏井先生の添削

これはこれで冒険してる。
「機窓」で飛行機の窓からの光景とわかる。
「春の」でやわらかい美しい季語が出てきて、さらに「星」。
とても心を使って語順も考えている。
兼題のパンかライスも機内で聞かれる。
これはこれでできている。
あなたがこの句が好きというのは、私も共感する。

 

2位「千原ジュニア」(名人9段)

トラクター
 祖父の膝乗る
     春休み

(おじいちゃんが農家で田んぼ行くのに俺を乗っけて連れて行ってくれた。それが楽しみだった。今の俺が詠むのではなくその頃の子どもが詠んだようにしたくて難しい言葉は一切使わなかった、という句)


◆夏井先生の添削後

添削なし


◆夏井先生の添削

トラクターに乗っているおじいちゃんは子どもから見たら英雄。
おじいちゃんの膝に乗せてもらうと視線が広くなる、高くなる。
その思い出がこれだけの言葉で書けている。
「春休み」という季語は大きな季語。
この季語の向こうに「耕し」という季語を見せている。
今回のお題である米や麦にも繋がる。

 

1位「馬場典子」(特待生2級)

選ばざる道過る
  独活ほろ苦し

(ライスとパンを見て、人生って選択の連続だと思った。今私は満足して楽しく過ごしているが、47歳独身。結婚してたら?子ども産んでたら?母の年と自分の年を考えちゃう。別な道を歩んだらどうだったのかと考える。そんな時にかじった独活はちょっとほど苦い。でも瑞々しさもある。どの道を選んでもほろ苦さも喜びもある、という句)


◆夏井先生の添削後

独活ほろ苦し
 選ばざりける
    道もまた


◆夏井先生の添削

五七五の調べは裏切っている。
漢詩のような調べ。
ご本人の思いがドッシリとした感慨だったから、こういう調べを選んだ。
二択は書けている。
褒めないといけないのは「独活」という季語。
ほろ苦いけど、その奥に清々しさや瑞々しさもある。
あなたが詠んだように、読み手もちゃんと着地する。
本選のためのアドバイスを1つ。
ちょっと気になったのは「選ばざる」という言い方。
過去のことなので、「ざりける」が良い。
「過る」でもいいが、「道もまた」と余韻を残すのが良い。
(添削後)こういう微妙なニュアンスが盛れるようになると、ますます俳句が面白くなる。

 

春光戦2022【Aブロック】予選ランキング

◆「春光戦2022」【Aブロック】予選順位◆

1位「馬場典子」(特待生2級)
2位「千原ジュニア」(名人9段)※補欠
3位「松岡充」(特待生2級)
最下位4位「パックン」(特待生2級)

※赤字が予選通過

 

 

 

俳句「春光戦 2022」の予選Bランキング

最下位4位「中田喜子」(名人6段)

花追風
 見知らぬ町の
    握りめし

(花の香りがしている追い風の中、初めて行った町を旅している。とても美味しそうなおにぎりがあったので買った。「花追風」は私がかつて作った季語で再び登場させたという句)


◆夏井先生の添削後

花追風
 吹いて三日の
    握りめし


花追風
 梅かこんぶか
    握りめし


◆夏井先生の添削

「花追風」という季語は中田さんの句で初めて見た。
中田さんが作った季語。
これがご本人なのか、それ以外の人が中田さんの季語を使ったのか?
誰が使ったのか興味津々だったが、ご自身だったんですね。
「花追風」を使ってどんどん作らないと、誰も季語として認めてくれない。
季語と「握りめし」の取り合わせは良い。
問題は中七。漠然としていて一番損している。
中七が季語に寄り添うようにする。

 

3位「向井慧(パンサー)」(特待生3級)

春眠し
 パンで拭った
    ソース跡

(パンかご飯かってレストラン。パンを選んだ時は最後のソースまで拭って食べて満腹状態で春の陽気と相まって眠たくなる、穏やかな春を詠んだ、という句)


◆夏井先生の添削後

添削なし


◆夏井先生の添削

些細なことに目が向いて映像化し、季語の力が詩にしてくれる。
俳句というのはそういうもの。
「パンで拭ったソース跡」は皿の事しか書いてないのに、ちゃんと映像が見える。
これでいい。
この句はこのままでもいいが、上を目指すとなった時、「春眠し」という季語はまだ動く(代替えできる)。
別の季語と出会うことでいかようにも化ける俳句の種。
これも1位の可能性が残っていた。

 

2位「筒井真理子」(特待生3級)

春昼や
 こんどの人は
   パンが好き

(春の日向ぼっこで、今度好きになった人はよくパンを食べるなということを思い出して詠んだ句)


◆夏井先生の添削後

添削なし


◆夏井先生の添削

何と言っても中七下五のフレーズが面白い。
「こんどの人」だけである程度のところは見えてくる。
新しい恋人かな?
再婚相手かな?
さらっと書いているが人生のドラマのいくつかが見えてくる。
これでやられたら俳句はなんでもできる!
惜しかったのは季語「春昼」。
ちょっと漠然としている。
「こんどの人」がどういう感じの人なのか、ちょっとだけわかるようなイメージが入る季語だといい。
歳時記をめくりながら、選んで入れてみるといい。
そうすると、あなた独特の作品にちゃんとなる。
それが入っていたら1位だったかもしれない。

 

1位「藤本敏史(FUJIWARA)」(名人10段)

公開録画当たった
    浅蜊開いた

(自分の好きな番組で観覧を募集していた。ずっと応募していて当選が当たった。その手紙を読んでいた時に、火にかけていた浅蜊が開いて嬉しかった、という句)


◆夏井先生の添削後

公開録画当たった
   浅蜊口あけた


◆夏井先生の添削

当たったことと開いたことはなんの関係もない。
なんの関係もないことを取り合わせることによって、言葉同士が火花を散らしてそこに詩が生まれる。
これが俳句の取り合わせ。
一見テーマと関係ないと思われるが、人生において当たった、当たらない、開いた、開かないという2択の結果が蓄積されて人生が構成されていく。
本選へのアドバイスは、韻を踏もうと思えばもう少し軽やかに踏める。
(添削後)こうすると、「あ」の韻が踏める。
こういう工夫ができると本選の優勝も夢ではない。

 

春光戦2022【Bブロック】予選ランキング

◆「春光戦2022」【Bブロック】予選順位◆

1位「藤本敏史(FUJIWARA)」(名人10段)
2位「筒井真理子」(特待生3級)※補欠
3位「向井慧(パンサー)」(特待生3級)
最下位4位「中田喜子」(名人6段)

※赤字が予選通過

 

▽他のタイトル戦もどうぞ▽

①冬の冬麗戦 2021

『プレバト!!』1月13日「冬麗戦 2022」東国原7回目のタイトル戦制覇!キスマイ千賀が惜しくも2位 - 今日も暇です。


②昨年の「春光戦 2021」

『プレバト!!』3月25日「春光戦」キスマイ横尾が王座奪還!梅沢と東国原が志村けんへの追悼句 - 今日も暇です。