今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

志村でナイト かまいたちの回 千鳥の大悟を交えてのトーク 大阪時代のギャラ話も!

2019年1月30日放送の『志村でナイト』にかまいたちさんがゲストでした。

 

f:id:nukonyan131:20190115150950j:plain


千鳥の大悟さんが出演している『志村でナイト』に、かまいたちさんがゲストという僕得な番組でした!
面白かったー!
とにかく、大悟さんとかまいたちの組み合わせが最高!
志村さんとの絡みが最高で話が楽しかったです。

 


▽目次です▽

 

トーク内容のまとめ 

  1. 2018年4月に東京進出。
  2. 2017年の『キングオブコント』の覇者。一時スターだったにゃんこスターが出ていた回。
  3. 大阪で14年やっていた苦労人。
  4. 大阪でのレギュラー8本のうち1本だけ残して、他はやめて東京へ。
  5. 大阪では16時間のロケでOAは15分。
  6. 無人島ではナイフ1本だけでロケをした。
  7. 千鳥も同じようなロケをしていた。
  8. 富士の樹海のロケで12時間回り、帰りのロケバスで体が重かった。これが疲れでしんどいのか、憑りつかれているのかわからなかった。
  9. 千鳥が大阪から東京進出した後に、かまいたちが入った。
  10. 大悟はロケで犬の糞を本当に触っていた。
  11. 大阪でレギュラー8本あったときのギャラは、1オンエアが3,000円!
  12. ギャラ交渉をしたら「視聴率のいい番組だから顔見世」と言い含められたが、その時点で12年の芸歴でそこそこ知られていた。
  13. 千鳥でもまだギャラ交渉は難しい。

 

1~2のトーク 東京進出・キングオブコント王者

大悟 勢いがある!
濱家 あります!
大悟 すごいんだから!
濱家 (笑)。
志村 東京進出、まだすぐなんだね。
濱家 そうですね。2018年の4月に出てきたんで。
志村 去年っていうことだ。
かまいたち そうです。
大悟 スゴイ順調。やっぱ賞とってますからね。
柴田 キングオブコントね。
山内 はい。
柴田 あれ、優勝なんだっけ?
山内 優勝ですよ(苦笑い)。
柴田 別のグループが売れていた感じが。
濱家 そうですね。にゃんこスターの方が最初バーっと行ったんですけど。最初はみんながほんまに「お前ら優勝惜しかったな」って言うてたんですけど。
志村 あの回か。
山内 あの回です。あの時優勝した者です!!

 

 

3~5のトーク 大阪レギュラー時代

大悟 かまいたちもこう見えて、東京の人はいきなり優勝、M-1も出てる、今も調子いいからいい感じと思っているけど、実は苦労人なんですよ。
濱家 意外にも長くて…。
大悟 意外にも、10何年大阪でやってるもんな?
濱家 10…14年大阪でやってました。
柴田 東京出てきてどうなの、調子は?
濱家 本当に地道にちょっとずつちょっとずつ仕事をいただいている感じですかね。
山内 レギュラー大阪で8本やってたのを、やめて出てきたんですから。
大悟 全部辞めてきたの?
山内 8本中1本だけ残って、残りは全部「ありがとうございました」ということで。
志村 8本!
大悟 じゃあこっちがダメやったらゼロってことやね。
山内 そうです。


柴田 その覚悟で来ないとダメなの?わかんないけど。3~4本残っていても始められるじゃん。
濱家 僕らはほんまにスタジオで3時間という仕事じゃなくて、1日使ってのロケ、15時間使ってロケするっていう。
志村 15時間!?
大悟 僕らもですけど、かまいたちも凄いですよ、ロケ。
山内 ロングロケは僕ら1番行ったんじゃないかと…。
大悟 ロングロケ?
山内 15分のOAのVTRに対して、16時間くらいロケしてます!
志村 15分しかオンエアないのに?
山内 ないのに…。
志村 無駄じゃん!?
かまいたち (笑)。
山内 そうなんですけど、それが当たり前やって思って。大阪ではずっとしてたんで。
大悟 長かったもんな。
志村 何すんの、ロケで。
濱家 ほんまに何をしてたんやろ…。

 

 

6~7のトーク 無人島ロケ

柴田 無人島のあったじゃん。あれは何日間?
濱家 あれは長い時は2日間やるんですけど、ナイフ1本だけもって、食材も調理器具もなんもなしで、たとえば餃子作れとか。ほんまにナイフ1本で無人島でやるっていうをしてたんです。
志村 無理じゃん、それ!
濱家 無理なんですけど、なんとか作れるもんなんですよね。
山内 山のどんぐりとかからデンプンを抽出してとか、魚の身をすり身にしてとか、カエルとか捕まえて、ヘビとか捕まえて。
志村 それも15分のオンエアなの?
かまいたち 15分です!
志村 そりゃ(時間が)掛るよな?
大悟 まぁまぁそうですね。ガチでやってるわけですから。
濱家 ちょっとみんな頭がおかしなってるのが、ナイフ1本なんで出来ることは限られてるんですよ。餃子作れって言われた時も、どうしようって行き詰った時にディレクターさんが「海入ってウツボ捕まえてください」。ウツボって皮が硬いんです。その皮を剥いだら、餃子の皮になるし、ウツボの身は骨から餃子の身になるからウツボの皮で包んだら餃子やって言うたんですけど、それウツボやろ!
山内 (笑)。

 


志村 ディレクターはそういうヒントはくれるんだ。
濱家 まぁ一応そうですけど…。
大悟 みんながパニックってるってことや。
濱家 そうです。
志村 ディレクターがいるんじゃ無人島じゃないな。
濱家 厳しい、厳しいな。
山内 (苦笑い)。
志村 カメラ自分で回さなきゃ。
濱家 これ以上しんどいの、やめてください!
山内 (笑)。
濱家 すごいの味わってきたんで、僕ら。
山内 凄かったですね。

 


志村 よくやるよな。俺たちなんていかに要領よく、どんだけ使うのか、ここは何分持たせますかってだけだもん。
大悟 回させないからね。
志村 回させない!
大悟 志村さんはね。
山内 それはできない。志村さんレベルだから。
大悟 わしらは言われへんよな?
山内 言えないです。
志村 1回ここはこうやれば20分で持たせますよって言えばいいじゃない。
山内 言えないです、そんなの!!向こうから言われていることに対して。
柴田 志村けんさんがおっしゃってるんだから。
山内 若手が何を言ってんだって…。
大悟 師匠がたまにロケで20分くらい経って、「もうこれでいいよ」って言って「はい」って言ってますけど、あっちは「もっと撮りてぇ」って顔してますよ。
志村 だって使わないじゃん。
大悟 使わないですけど、確かにこっちが見えてればね。わしらはそこは言えへんもんな。
山内 そうです。志村さんだから言えることです。
志村 完成図が自分たちの中であればいいんだよな。
山内 ほんまはそういう気持ちなんですけど。
志村 ディレクターの方で、演出家の方でな。それがずっと探っちゃうからああなっちゃんだな。

 

 

8のトーク 富士の樹海ロケ

山内 僕ら富士の樹海でロケしたいというのがあって。
大悟 大丈夫?
山内 そうなんですよ。夜中1時出発で車で大阪から富士の樹海へ回ったんですよ。その時点で、なんで新幹線で朝まで待たれへんのかっていう。
(笑)。
柴田 同じくらいに着きそうだもんね。
大悟 夜中に行くからそれにスタッフは便乗した方が浮くからっていう。
山内 行って8時間くらい?(濱家に聞く)
濱家 7時間くらいでしたかね。
山内 7時間くらい掛って行って。朝7時から12時間富士樹海をずっと回ったんです。
濱家 ロケしてな。
山内 ほんまにさまよっている奴と同じくらい回ったんですよ、富士の樹海を!
柴田 なんの目的のロケだったの?
濱家 (笑)。
山内 富士の樹海で楽しいスポットがないかっていう企画で。
柴田 ないない!
山内 ないんですよ(笑)。
志村 今どき樹海にないよ、そんなの。

 


山内 結構早い段階で僕ら的には面白いの撮れたんで、いいなってなったよな?(濱家に向かって)
濱家 そうなんです。で、OKかなって思ったら、ディレクターさんが「他のディレクターはいつももうちょい回してるんで、もうちょい回していいですか?」って、何それってなって。今から何撮りたいのって。
志村 何張り合ってんだって。
濱家 そうなんですよ。
大悟 不安になっちゃうんですよ。若手のディレクターは。
濱家 そこからまた7時間かけて大阪まで戻って。
山内 すごかったです。歩きすぎて、帰りのバスに乗った時、体がズンってして、これがしんどい疲れからなのか、取り憑かれて憑かれてるのか、わからなくて…。わからないままずっとしんどいまま帰りました。
濱家 しんどかったですね。

 

 

9~10のトーク かまいたちは千鳥の後釜

柴田 千鳥もロケやってたでしょ?
大悟 僕らがやってたのが僕らが東京に行って、抜けたところをかまいたちが行きだしたんですよ。
柴田 そういうロケをやってたんだ。
山内 千鳥さんが始めたんです。普通の情報を伝えるお昼の番組で、思いっきりボケ倒すっていうのは千鳥さんが始めて、そっからみんなボケなあかんってなって。
大悟 フリーロケになって。ディレクターが僕らの後にかまいたちが鳴った時に、「かまいたちさん、千鳥さん、もうちょっとボケてましたけどね」ってプレッシャーを与えるんです。
山内 そうなんです・
大悟 ね?
山内 ほんまに道を歩いていたら、「大悟とか犬のウ〇コ触ってたけどね」って。もうおかしい。
磯山 本当に触ってたんですか?
大悟 触ってた。まだ温かい。近くにいるぞ!って。
(笑)。

 

11~13のトーク 大阪時代のギャラの話

志村 大阪で8本もやってたら相当お金は…。
大悟 (首を振りながら、かまいたちを指して)聞いてくださいよ。大阪で8本あったころの…。
濱家 大阪で本当に1本の単価、本当に聞いて欲しいです!!
山内 大阪のモンスター番組があって、あれ視聴率、聴衆率?何?(濱家に向かって)
濱家 視聴率で、占拠率40%とか。
山内 朝の情報番組で僕ら月~金曜までずっと出させてもらってて、ロケで。帯で出せてもらってたんですけど、1オンエア3,000円です…。
(一同驚く)
磯山 二人で?
柴田 週で15,000円ってこと?
山内 そうです。
柴田 帯でやって?
山内 はい。それをずっとこなしてました。
大悟 これ、大阪でやったら笑おてくれるけど、東京のスタジオで言うと引くやろ…。
山内 ほんまなんですよ、これ。

 


大悟 これがほんまって僕もわかります。たぶん1コーナーやんな?やったらそんなもんなんですよ。
志村 1コーナー3,000円?
大悟 3,000円です。
志村 だって、ロケに時間がかかるんでしょ?
濱家 掛ります。
山内 そうです。
大悟 テレビ局は払っているかもしれないですけど…。
山内 はい。
磯山 会社的なことですか?
濱家 会社に3,000円ってなくないですかって言うたら、これ視聴率いい番組なんで、顔見世というか大阪の人に覚えてもらうためにって。僕らその時もう12年やってたんですよ。
(笑)

 


濱家 覚えてもらうって。売れてて3,000円ですから。
柴田 売れていない12年じゃないですもんね。
濱家 そうなんですよね。
志村 どの辺の人から文句言えんの?
かまいたち (2人で「いや~」と頭をかしげて)
山内 千鳥さん…。
大悟 わしらでもまだ。あのギャラ…、いやいやギャラの話なんかは…。
志村 これはないじゃろとか言ってないの?
大悟 いやいや、これはないじゃろって言うたら、「コレはあるじゃろ!」って返ってくるんですよ。
(笑)。

 

 

▽こちらの記事もどうぞ▽

ゴッドタン「イチャまんグランプリ」ハナコ チョコプラ かまいたち イチャつきとは無縁の芸人の戦いが最高だった! - 今日も暇です。