/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『グッドワイフ』第6話「崖っぷちの選択」 杏子さんが壮一郎の弁護士に!多田先生ついに告るも…

『グッドワイフ』第6話「崖っぷちの選択」の感想です。

 


前にも言いましたが、ハマっているドラマはこの『グッドワイフ』!
面白すぎて、続きが気になって気になって…。
いっそのこと最終回まで我慢してまとめてみたいほどです。それぐらい続きが気になるのです。


とは言っても、『グッドワイフ』の本編は毎回1話で完結するので、そこはすっきりなんですけど、杏子さんを取り巻く環境の伏線話が良すぎて、気になる気になる!


今回の杏子さんも美しさ炸裂でウットリでした♪
こんな綺麗な女性が普通に存在することが信じられん!

 

▽目次です▽

 

弱者であることを全面に出す腹黒い三栗谷弁護士

いや~、とことん悪かったですね(笑)。
ここまで腹黒いのはむしろあっぱれです。
現実に存在していたら、絶対お近づきにはなりたくない系統のお方ですけど、春風亭昇太さんが上手に演じてました。
口が達者というところもよかったです。

 

弱者であるはとても悲しいことですし、生きていくのは大変です。
でもそれを逆手に取って、自分の思い通りに世論を動かして、好き勝手に生きていくのは違いますよね。
それを痛切に感じました。


このドラマって、善人も悪人も出てくるんですけど、それを見極めることの難しさを毎回感じます。


結局のところ、最初から最後まで杏子さんは三栗谷弁護士にやられっぱなしだったというのが悔しいですが、それだけ三栗谷が上手だったということですかね。
あんなにずる賢いのに、電話がかかってきて手帳やペンを置きっぱなしで席を離れるのはおかしいと思ったんですよね。
その程度の小者かと思いきや、もっと悪い奴だったという。


それでも、今回は杏子さんの言う「弱者に必要なのは同情ではなくて、愛情なんだと思います。私も子どもや友達の愛情で救われましたから。」という言葉を信じたいかな。


あと人は変われるというところも信じたいです。

 

林先生が怒りで弁護士を降りる

密かに林先生が好きだったんですけど、壮一郎に振り回されっぱなしに嫌気がさして、ついに弁護士を降りてしまいました。
前半の笑顔からの怒りの場面…、華丸さんの演技がよかった。
目玉が落ちるんじゃないかと思うほどの怒りが伝わってましたね。


とてもいい弁護士なので、最後には杏子さんとタッグを組んでくるくらいだと嬉しいなぁ。
来週から出てこないのかな。

 

ついに保釈され家に帰った来た壮一郎

壮一郎さん、ついに帰宅しましたね!
家族関係が冷え切っていて、息子に離婚しろとまで言われ、散々な感じの壮一郎。やっぱり奥さんを裏切るなんて、ダメだよね。
しかも、あんなに綺麗で、尽くしてくれた杏子さんを裏切るなんて(怒)!


杏子さんは壮一郎に疑念と嫌悪と愛情が入り乱れているので、壮一郎と対峙する時の美しさたるや1番ですな。
笑顔が一切ないのが寂しいですけど、氷のように冷たい指す視線は堪りません!(キモイ)
美人の怒りの顔って、ゾクゾクします!


佐々木検事と共に、南原の悪行を突き止められるのか。
それとも杏子さんと共に勝ち取るのか。


ますます目が離せません。


しかし、人の電話を盗み聞きして、勝手に出るのはイカンと思うよ、壮一郎くん!

 

多田先生がついに杏子さんに告白するも…多田先生の急接近の謎

恋の放浪者、多田先生。
このドラマで一番の乙女な役どころ担当ですよね。


杏子さんと共に優秀な弁護士と活躍するも、乙女な部分ばかりが記憶に残ります。


そして、とうとう多田先生は自分の想いを杏子さんに伝えます…が、壮一郎に告白しちゃったもんね。
次回どういう展開になるのでしょうか?


壮一郎、嫉妬しちゃった?
ねぇ、嫉妬しちゃった??
というか、キミは杏子さんを裏切ってるんだからね!嫉妬する資格はないはず!
とはいえ、嫉妬してくれないと杏子さんも浮かばれませんけど。


そういえば、杏子さんに一途な多田先生ですけど、16年間も弁護士をしていない杏子さんとずっと連絡を取り合っていたってことはないですよね?
そもそも、どうして杏子さんに救いの手を差し伸べられたのだろう?
就活で断られ続けた杏子さんから多田先生に連絡取ったのかな?
どこかの弁護士事務所を紹介して欲しいとかなんとか。
その辺、ドラマでは描かれてないですよね。
「誘ってくれてありがとう」というセリフはありましたけど、そこの経緯が不明。


ものすごいタイミングで杏子さんと多田先生が急接近しているのが、今更ながらに気になるところ。
一途だから、壮一郎の活躍を耳にしながら、想いを馳せていたのかな?

 

佳恵先生との仲も深まりつつある?

神山多田法律事務所での関係がどんどんいい感じになっているのは、見ていて伝わります。
今回は佳恵さんも味方になりつつある場面が2つ。


1つは壮一郎の不倫が何度もあったと報道された後に思いやる言葉をかけるところ。


「たまには自分の気持ちだけを大事にしてみれば?自分を最優先と決めることが、あなたの人生にとってきっと大きな力になる」


いいセリフですね。
一生懸命に仕事をし、家族を守ろうとしている杏子さんを見ているからこそ出た言葉です。誰にでも当てはまる言葉ではないのがいい。
ちゃんと見ていてくれているのです。だから、杏子さんは感謝を込めて、丁寧なお辞儀をするんですよね。


もう1つは、朝飛先生と杏子さんの2人の手柄だと認めるところ。


前から言ってますけど、杏子さんと佳恵さんの間に友情が芽生えたら最高だと思っているので、こういう場面は嬉しいです。

 

 

f:id:nukonyan131:20190114172213j:plain


 

 

今週の杏子さん…「私があなたの弁護をする!」 視聴率

今週の杏子さんも可愛くて、美しくて、冷たくて…素敵でした。
アホ丸出しな感想です(笑)。


可愛かったのは、「私、当たり引いちゃった?」の表情がキュート!
杏子さんの表情豊かなところがチャーミング!


弁護士としても着実に貫禄を身に付けていっているのもいいですね。
仕事に対して自信が溢れてます。カッコいい。


壮一郎と結婚後も弁護士を続けていたら、杏子さんはどんな弁護士だったんでしょうね?
エリート検事の妻は最強弁護士とか?
映画やドラマのまんまな設定ですけど、杏子さんなら許しちゃう!


そしてラスト!
林弁護士が壮一郎の弁護を降りると言われた後です。


「私があなたの弁護をする!」


くー、杏子さん…カッコいい…。
こんな奥さんいます?本気で壮一郎が羨ましいよ。


壮一郎を救いたいとか、愛しているとかではなく、子どもを守りたい、家族を守りたいという思いでしょう。
母は強しです。
16年間主婦であったことは本当に無駄ではないのです。家庭を守っているということがどんなに大変なことか。弁護士として活躍する杏子さんよりも、家族を大事にしている杏子さんがカッコいいのです!


今回の名セリフはこれ!
「あなたが変われないなら待つのはやめる。中に入って自分で真実を探す。」
壮一郎に向けた宣戦布告です。


そして、

「私が決めたの。あなたに選択権はない。」と突き放して、壮一郎より先に歩き出す杏子さん。


来週も杏子さん、あなたについて行きます! 

 

◆視聴率:9.5

 

▽こちらの記事もどうぞ▽

『グッドワイフ』第5話「夫婦の条件」 杏子さんの良さ炸裂!展開と伏線含めて1番見どころの回 - 今日も暇です。

『グッドワイフ』第7話「消された真実」 杏子さんは揺らぎ!壮一郎vs多田先生と怪しい3人 - 今日も暇です。