/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『グッドワイフ』第7話「消された真実」 杏子さんは揺らぎ!壮一郎vs多田先生と怪しい3人

『グッドワイフ』第7話「消された真実」の感想です。

 


冒頭からなんなんですが、めちゃくちゃ面白くて来週が楽しみ過ぎます!!
…もう我慢できないくらい展開が見たくて仕方がないという禁断症状が起こり、Amazonプライムでアメリカ版を観たいという衝動にかられます!(笑)
観たーいよー!


でもグッと我慢しようと思います。
その一番の理由は、アメリカ版と日本版でのキャストのイメージが違いすぎるので、まずは日本版を見てからアメリカ版に移行しようと思っているわけです。


やっぱり常盤貴子さんの杏子さんイチオシ民としては、余計なイメージを今入れたくないという思いが強いからですね。
そんなわけで、最終回まで先の展開を見たい衝動を抑えて、毎週の杏子さん詣を楽しみにしておきます。

 

▽目次です▽

 

今回の案件も面白かった!

この案件って、本当は訴えた側が嘘だったというオチじゃないよね、と疑って見てました。
いや、IT社長が胡散臭いという偏見ではないですけど、風貌がもしや…と。でもそうなると杏子さん側は負けてしまいますから、それはないよねと気持ちを持ち直しつつ、ドラマに没頭。


上手い落としどころでしたね。
スポンサーの商品をSNS上でバズるように仕掛けていくなんて、まさに現代ならでは。

しかも、公開中止になったとはいえ、相手にしっかり儲けさせてますし。

 

ハマケンこと、浜野謙太さんが上手かった!独特な雰囲気のあるIT社長を好演してました。お母さんの話はよかったなぁ。田舎だと偏見も多いですよね、きっと。

田中さんは悪い方でしたね。 

 

壮一郎って優秀だけど身勝手だよねという件

このドラマって、女性はどういう視点でご覧になられているんでしょうか。
現在では不倫は「絶対的な悪」という認識があります。特に女性側はすごいですよね。不倫騒動があれば、女性側へのバッシングがハンパないです。


このドラマの第1話でも、不倫をした壮一郎にこう言います。
「女性とのことは本当だよね?そっちの罪は重くないと思ってる?家庭を壊すのは心が犯した罪だよ」と。

 

『グッドワイフ』第1話「家族の裏切り」 常盤貴子の美しさ健在 1話完結も伏線多く気になる - 今日も暇です。

 


杏子さんも世の女性と同じ気持ちなんですよね。検察で罪を犯したことよりも、不倫をされた方が許せないと壮一郎に言うわけです。一生懸命に家族に尽くし、子どもたちを守り、旦那を影から支え、ご近所や親戚付き合いもしないとならない。それがどんなに大変なことかは、世のお父さん方、男性側は気づかないんですよね。こういうドラマを見ると、女性の偉大さがよくわかります。


しかも、壮一郎ってこのドラマでは善良なパパ、夫な雰囲気が皆無なのもなんだかなぁ、という感じです。現に私も壮一郎だけは「さん」付けしていないんですよね(笑)。
僕、杏子さん派というか杏子さんの味方なので、杏子さんを泣かせる壮一郎は許せないのだー。


壮一郎は本当に切れ者ですごく優秀な検事であるのはわかるのですが、人としては思いやりに欠けるというか、己の信念のためなら家族も踏み台にする冷徹さがあるというか。
今回も記者会見は子どもたちのためではなく、罠を張るためだったという徹底ぶり。そりゃ杏子さんの気持ちも冷めていきますよ。
人のスマホは勝手に取ってメッセージ聞いたうえで消すなんて、ダメだこりゃ状態。
不倫したくせに嫉妬するな、と言いたいですけど、杏子さんを無下にするのはもっと許せないので、まだ愛しているというところは認めてあげましょう。(←上から目線)


本当に、壮一郎に杏子さんはもったいない!!!(力説!)


ちなみに唐沢寿明さんは大好きな俳優さんです。

 

壮一郎vs多田先生

そこで対抗馬として登場しているのが、多田先生!


爽やかで理知的で仕事もできてイケメン!しかも独身!!
その独身の理由は、16年間ずっと忘れられない女性がいて、それ以上の人に出会わなからというロマンチストぶり!まぁ現実にはいないでしょうね(笑)。
現実には絶対既婚者な案件です!そういうところはドラマですね。


今回杏子さんは多田先生の有能ぶりや男っぷりにぐらついているんだろうなぁ、という認める発言を円香さんに話してましたよね。そりゃ壮一郎は身勝手ですからね。多田先生に気持ちが傾いても仕方がないでしょう。


…なんですけど、私はどうも引っ掛かるんですよね。多田先生の重たすぎる愛情に。


今回円香さんに依頼をして洋服屋の店長を落としましたが、なかなかの腹黒さでした。正攻法で攻めている印象しかありませんでしたけど、多田先生もやる時はやるんだぞ、という気迫を見た気がしました。
そこもね、引っ掛かるパズルのピースが埋まる感じなんです。

 

 

次回は情報提供者が判明!今のところ怪しいのは3人!

今回は惜しくも逃してしまいましたけど、次回こそ情報提供者が判明するようです。
でも、引っ張って誰だかは次々回かもしれませんけど。焦らされるのか、次回で明かしてさらなる予想外の展開があるのか。どっちなんでしょうね?


壮一郎は情報提供者から受け取る寸前に逮捕されたと言ってました。この情報提供者自身が怪しそうではあります。受け取る寸前ということは、そのタイミングを知っているからこそ逮捕されたわけですから。


情報提供者なのかはわかりませんけど、今回の黒幕として怪しいと勝手に睨んでいるのは3人です。


まずは、佐々木検事。この人には味方でいて欲しいんですけど、常々怪しさは満載。でも意外性はゼロです。今回も脇坂検事は情報提供者を暴いてましたけど、本当に掴めなかったのか騙しているのか。吉村検事も煙に巻かれてましたが、それでも一番黒々しい。


2人目は、林先生。理由は明確ではないですけど、壮一郎との詳細な接点がわかれば有り得そうです。理由次第では、意外性は五分五分。


3人目は、上記でも疑った多田先生。多田先生の場合は、杏子さんへの重たい愛情かな。愛情って行き過ぎるとストーカーになったりしますから十分犯罪に繋がりますよね。意外性としては、80%くらいかな。


いずれの3人だとして、さらに遠山亜紀さんと組んでいる可能性もありそう。お互いの利害が一致したとも考えられますし。
そうなると、多田先生っぽい気がしてなりません。あ、これは単に絵面的にですけど(笑)。佐々木検事でもお似合いですね。


全く違う人かもしれませんけど、杏子さんや壮一郎と関係のある人であることは確かでしょう。

 

 

f:id:nukonyan131:20190114172213j:plain

 

 

今回はいろいろ翻弄されていた杏子さん 視聴率

今回の杏子さんは揺れ動いてましたね。
でも、壮一郎と話をして夫婦の溝を埋めようとする努力が見えました。杏子さん、健気だよ。
勇気を出して遠山さんに会い行ったのも、壮一郎への想いがあるからでしょう。嫌悪もありつつ、まだ愛情もある。


また、人への思いやりがある杏子さんは、壮一郎に嫌がらせをされている多田先生の様子がおかしいことを気づいているのがさすがです。その原因が壮一郎とは知らないところは切ない。


憎々しい吉村検事に真っ向から反論する強気の杏子さんが素敵でした。


壮一郎とケンカになって涙を目にいっぱい浮かべる杏子さんもいいですけど、その後にふくれっ面で資料をガラスの壁に貼っている杏子さんが最高!プンスカプンって感じの可愛さが炸裂。
円香さんとの会話がいいですね。どんどん距離が縮まってます。


ついに遠山さんに会った杏子さん。なかなかの強気な女性であることがわかって、to be continue!
くー、伏線を張るだけ張って回収は次回以降とは!本当に早く続きが観たいです!!


今週の名言は、杏子さんからではなく朝飛先生のこ言葉。
「知らないのは物理的な背景だけです。円香さんって人自身は最初から見えてるので。イケメンが言うとさらに悩殺能力高し!


また円香さんのこの言葉もよかったです。「修羅場を避けていたら真実はわかりませんよ」
この言葉のおかげで杏子さんは一歩踏み出せましたからね!

 


そういえば、CM行く前に「狂気の夫・壮一郎vs一途に想う多田の激しい応酬」というテロップがウケました。「狂気の夫」って(笑)。確かに、自分の無実よりも、家族よりも、南原の不正を暴くことに一直線ですから、振り回し度からいったら狂気じみてるでしょうけど。単なるサイコパスやん!

 

◆視聴率:8.9

 

▽こちらの記事もどうぞ▽

『グッドワイフ』第6話「崖っぷちの選択」 杏子さんが壮一郎の弁護士に!多田先生ついに告るも… - 今日も暇です。 

『グッドワイフ』第8話「裏切り者」 裏切り者は誰?杏子さんにとっても意外な人物なのか? - 今日も暇です。