/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

テレビ千鳥「楽屋あいさつ男前選手権」小杉1人がウィッス選手権!又吉の三國志ぶり&素がカッコイイ原西

2021年6月13日放送の『テレビ千鳥』を見ました。
企画は「楽屋あいさつ男前選手権」です。

  

f:id:nukonyan131:20210614051745p:plain


テレビ千鳥らしいゆる~い企画です(笑)。
こういうのはのんびり見るのにちょうどいいのです。

 

◆男前選手権出場者

  • ノブ
  • 原西孝幸(FUJIWARA)
  • 又吉直樹(ピース)
  • 小杉竜一(ブラックマヨネーズ)


◆ゲスト

  • 秋元真夏(乃木坂46)

 
▽目次です▽

 

「楽屋あいさつ男前選手権」とは

  1. 楽屋まで大悟を迎えに行くノブ。
  2. ノックをして大悟に呼びかけると、カッコつけて振り返った大悟の顔には頬にシャドーを入れたメイク顔←「また『こっそりデーモン選手権』をやるの?」とノブ。
  3. こっそりデーモンではなく、「楽屋あいさつ男前選手権」だという大悟。
  4. 共演者の女の子が楽屋に挨拶に来る。その時に背中を向けて座っている姿に声をかけられ、振り向いて挨拶をする姿を競いたい!「誰が1番カッコいいか!」
  5. ノブ曰く正直ちょっとカッコつけてしまう。
  6. 明るすぎず、暗すぎず、冷たすぎず。結構難しい。
  7. 大悟が見本として「ウィッス」とカッコつけて振り向く。←「カッコ悪いよ!」とノブ。
  8. 選手権では、「テレビで観るよりカッコいいな」と思わせたら勝ち!
  9. そのため大悟のようにメイクも可。つけまつ毛、カツラもアリ!
  10. 秋元真夏が楽屋に挨拶に来るアイドル役。CDと写真集を渡すのが目的という名目。

 

 

 

挑戦者① ノブ

  1. ノブが自分でカッコイイと思うように、メイクさんにメイクをしてもらう。所要時間15分。
  2. 秋元がノックして挨拶に来る、「乃木坂46の秋元真夏です!本日はよろしくお願いします!」
  3. 振り返ったノブ。「ウィッス!」
  4. 頬には大悟と一緒で黒のシャドーを入れ、目尻にはアイライン。
  5. 大悟の一言。「顔が半分ないですね!」
  6. 大悟の指示で秋元がCDをノブに渡す。「乃木坂46の新しいCDが出たので聞いてください」
  7. 秋元をじっと見つめるノブはCDを差し出され、立ち上がる。「すごい人気だもんね」
  8. 大悟の指示で顔を上げるノブ。←「違うなぁ。こいつ全然違うなぁ(笑)」と大悟。
  9. 「バラエティに慣れてないのでよろしくお願いします」という秋元に、「自然体でやったらいいよ」とカッコつけているつもりが、単に睨みつけてるノブ。
  10. そして「本日はよろしくお願いします。ありがとうございます」と言って去る秋元。←ただじっと見つめるノブ。
  11. 「はいノブ~。大間違いですよ!」と大悟の声がかかる。←「大間違いって正解がわからんのよ」とノブ。
  12. 大悟の元に戻るノブが「カッコつけてやったよ」というものの、「違う違う」と大悟。
  13. ノブのポイント:顔の余白を全部消す!←「それがすごい怖い」と大悟。

 

挑戦者② FUJIWARA原西

  1. 大悟の大本命。ある意味「ウィッス選手権」
  2. 芸人なら誰でも知っている「振り向きウィッス」が1番上手いのが原西。
  3. 原西の一般のイメージがギャガーで明るい人。⇒楽屋ではクールでカッコイイ。ダンディと千鳥が絶賛。
  4. 何も知らない原西が到着。
  5. 「楽屋あいさつ男前選手権」の説明をする千鳥。
  6. 原西は「昭和の名曲ベスト100」だと聞いていた。⇒原西のベスト曲は尾崎豊の「I Love You」
  7. ここで原西が千鳥の2人のメイクに気づく。「なんで2人とも浅黒いの?炭鉱ロケでも行ったの?」
  8. 原西がメイクをし、選手権開始。
  9. 秋元が楽屋に入ると、自然な振り向きで「ウィッスウィッス」と帽子をとって頭を下げて挨拶をする原西。
  10. メイクは眉毛を太くした。
  11. ここで秋元を1回下げる大悟。
  12. 大悟の感想「シンプルに来たね」。ノブも「(自分たちが)こんなんしてるの恥ずかしい」。
  13. 振り向きウィッスも自然!
  14. 眉毛だけ太くしているがメイクはそこだけ。「素の顔に自信があるってことかな?」とノブ。
  15. CDをもらったあと「はいオッケー。ウィッス」と満面の笑みを浮かべる原西。←「カッコいいなぁ。ウィッスがよく似合う」
  16. ここで大悟からの指示で「困った時に私にも出来るギャグありますか?」と原西に聞く。ギャグをやり終わったらすぐに「よろしくお願いします」と頭を下げるようにとも言われる。
  17. 原西の教えたギャグ:肘をポチっと押し「何も起こらないスイッチオン!」⇒「よろしくお願いします」⇒「お、おいおい!」と真顔でツッコむ原西。
  18. 千鳥の元に戻る原西の一言。「このお仕事、何?」
  19. メイクは眉を太くしただけ。ノブがどっちが男前なのかと大悟に聞くと、「原西さんに決まってるやん!」と即答。
  20. 秋元も原西の最初の「ウィッス」で心を掴まれたと話す。
  21. 原西の「ウィッス」は芸人とタレントではちょっと違う。

 

挑戦者③ ピース又吉

  1. テレビ千鳥でおなじみの又吉先生登場。
  2. 「変な顔してますし…」と千鳥のメイクを見て困惑。
  3. 「楽屋あいさつ男前選手権」の説明を聞き、「1番恥ずかしくて難しいヤツですよね」と苦笑いする又吉。
  4. メイク後スタート。
  5. ドアを開けた瞬間に髪型も変わっているのがわかる、振り向いた又吉⇒弥生時代の髪型に、髭をつけていた。目元もぱっちり、眉が太い。
  6. 「先生が1番カッコイイと思うのをお願いした」という千鳥に、「僕が思う1番カッコイイの」と又吉先生。
  7. 大悟が「三國志選手権みたいなのが1人おると思った」とツッコむ。
  8. プライベートの姿が違うのは意識しているのかと質問する秋元に、「意識してやっているわけじゃないけど、季節とか」と返答する又吉先生。
  9. 素の又吉先生で返答しウィッスを慌てて言う。「いえいえ…ウィッス!」
  10. 千鳥の元に戻る又吉先生。←「5GAPやん!」と指摘する大悟。「ホンマや。クボケンやん」とノブ。
  11. 髪型をどうするか迷ったという。いつものままだとロング。さっきの姿は1度見られているため、「タイムマシーン」のCHARAをイメージした髪型にした。

 

 

 

挑戦者④ ブラマヨ小杉

  1. 登場した小杉が前回のテレビ千鳥の時と同じTシャツ。「空ですか?」と大悟。
  2. 小杉も「令和に残したい昭和の名曲100」で来た。
  3. 小杉といえばB'zだが、B'zは昭和にデビューしていない。小杉が選んだのはTM Networkの「Get Wild」
  4. 本当の企画「楽屋あいさつ男前選手権」の説明を聞かされる。
  5. さらに「ウィッス選手権」でもある。
  6. ここで小杉が千鳥のメイクに気づく。「僕ら試技し終わったところなんです」とノブ。
  7. メイクを終えた小杉スタート!
  8. 秋元が挨拶をすると、がっつりメイクをした小杉が振り返る。←「ノブやん!」とノブ自身がツッコむ。
  9. 「ノブの大。完全にやり過ぎている」とノブが指摘。
  10. セク〇ラ劇団座長だと大悟。
  11. さらに「顔から性欲しか出てない」とノブ。
  12. 基本すべてに「ウィッス」連発の小杉。←「ウィッス縛りのコント」とノブ。ウィッス座長。
  13. 時には「ヒーハー」をもじった「ヒースー」も出る。
  14. 「1人だけ競技が違うねん」とノブ。
  15. 千鳥の元に戻った小杉に、「セクハラバレエ団なのよ」とノブに言われる。
  16. 「ウィッス」の数も違った。

 

秋元が選ぶ「楽屋あいさつ男前選手権」

◆秋元真夏が選んだ「楽屋あいさつ男前選手権」結果

1位 ピース又吉
2位 ブラマヨ小杉
3位 FUJIWARA原西
4位 ノブ


◆審査の理由

  • 原西は最初高かったが、その後それをみんなが上回ってしまった。
  • 小杉は「ウィッス」がウィッスとは思えないほど豊かな表現だった。
  • ただ小杉は肩のバスタオルもあり、ちょっとスケベ感があったので2位。


◆◇◆ ◆◇◆


みんな面白かったですけど、小杉さんは千鳥のツッコミ込みで最高でした!
本当にウィッスコントだったもんなぁ。


又吉先生は後ろ姿の髪型に「おや?」と思ってからの髭面がインパクト絶大でした。
原西さんは普通にカッコよかったです。


ノブさんは後ろ姿の猫背がイケてなかった。
丸い背中だったなぁ(笑)。

 


▽前回のテレビ千鳥もどうぞ▽

テレビ千鳥 佐藤健持ち込み企画がコレ⇒「ガマンペヤング!」前回すき家に引き続きガマン! - 今日も暇です。