/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

『テレビ千鳥』もはやただのコントだったアルピー平子とはんにゃ金田の救済企画第2弾

2020年8月5日放送の『テレビ千鳥』を見ました。
企画は「平子&金田は本当は面白いんじゃ!」です。

  

f:id:nukonyan131:20200805084444j:plain


先週はオンエアがお休みだった『テレビ千鳥』ですけど、10月からゴールデンになるとか!
テレ朝のバラエティはゴールデンになると「降格」というレッテルが貼られるほど、極端に面白みがなくなるので、大丈夫かなと心配でしたけど、1時間番組ではないようなので多少は規制されるかもしれませんけど、きっと面白さはキープできると信じています。


大好きだった『激レアさん』が土曜のゴールデンで案の定な感じで見なくなっちゃったんですけど、月曜の23時台に戻ってくるようなので楽しみにしています。
このぐらいの時間帯がいいですし、何よりも若林さんが『IPPONグランプリ』に出れる可能性が高くなったのが嬉しいです。


ということで、今回のテレビ千鳥です。


前回のアルピー平子さんとはんにゃ金田さんの回です。

『テレビ千鳥』千鳥でアメトークを大反省会!失敗したアルピー平子とはんにゃ金田を救おう! - 今日も暇です。


平子さんと金田さんはまだ引きずっているんですね。
ダイアンもそろそろ引っ張ってあげてください(笑)。


▽目次です▽

 

アルピー平子とはんにゃ金田を救おう第2弾

  1. 今回は都内の某会議室での収録。
  2. 大悟が猛省。「2人の芸人を殺してしまった」
  3. 前回アルピー平子とはんにゃ金田を救うはずがより傷つけてしまったと大反省をする大悟。
  4. 平子はイジられるのは嫌じゃない。芸人にイジられるのはOKだが、スタッフ主体でイジられるのが嫌!
  5. 金田はしゃべるのが怖い、とビビる。
  6. 平子と金田は前回のテレビ千鳥以来、友達になった。
  7. 今回会議室だったのは、平子と金田が質素な会議室を希望したため。
  8. 調子が悪くなったら、一旦収録を止めて反省するのをヨシとする。これも平子と金田の希望。
  9. 今回は平子の天敵・加地EPが不在。←「今日こそいるべき!」と平子。


◆◇◆ ◆◇◆


加地さんは『テレビ千鳥』はつきっきりですよね。
アメトーク、ロンハーに続く看板番組に育ている気がしますので、本当にいないとは思えないのですが。
ましてやゴールデンになるわけですし。 

 

 

 

平子と金田が輝いていた時を確認 平子の名場面は有吉のラジオ

  1. 平子イチオシの番組はラジオ。有吉の『SUNDAY NIGHT DREAMER』に時々アシスタントで出演している。
  2. 有吉からの急なフリで「大将軍になって名乗れ」で最高の返しができたこと。
  3. 平子の大将軍の名乗り:やぁやぁ我こそは福島県が生んだ大山住み男。筋肉隆々快男児!見よ!この分厚さ!轟け仙台まで!東北を統べ治める、わしが名に聞こえし、平子祐希なりけり!
  4. 「やぁやぁ」が出てくるところがすごいと自画自賛する平子。
  5. そんな平子に大将軍ではなく、小将軍くらいでやってみようと大悟に振られる。
  6. 小将軍に挑戦の平子:県境を守りし、小作人の土地を守る。我々が我々のために…。
  7. ここで大悟がストップ!
  8. 反省会。平子の言い分。まっすぐ大将軍でいいのに、セオリー通りいくのを恥ずかしがる癖があるのが大悟と責める。
  9. 大悟が反省し、金田に大将軍を振ると告げる。「金田大将軍いける?」と聞かれ、「大将軍ですか…」と苦笑い。


◆◇◆ ◆◇◆


有吉さんがべた褒めしてました。
めっちゃ笑ってるし、実際とっさ思い切りの良さが出ていて面白かったです。

 

 

金田の小将軍

  1. 収録再開。大悟が平子の大将軍を褒める。
  2. そして、金田に小将軍ができるか振る。大将軍ではなく小将軍。
  3. 金田の小将軍:やぁやぁ我こそは、この大将軍様の右手、左手ともいわれております。今日も一生懸命やらせていただきたいと思いますけども。(立ち上がって大将軍を槍を突くように)やぁー!
  4. ここで金田がストップ!「ちょっと1回止めてください」
  5. 大悟が大将軍を刺したと指摘すると、刺したと肯定する金田。
  6. 金田の叫び。「今日企画違くないですか?」と、全然面白さを引き出してもらえていないと主張。


◆◇◆ ◆◇◆


小将軍が突き刺したのは面白かったです。

 

 

 

金田の名場面はアメトーク「ありがとう品川」

  1. 『アメトーク』ではダメだっただけではなく、うまくいった回もある。
  2. それが「ありがとう品川」。品川を褒める企画で、集中力がすごい→このままいけば片岡鶴太郎、というループを作り出した。
  3. VTRを見た大悟は金田はもちろん面白いが、その合いの手を出したパス出しのうまさはバカリズムと指摘される。
  4. この場でも片岡鶴太郎のパワーワードは生み出せるという金田。
  5. 自粛期間中何をしていたというお題で、金田が語りだす。料理をしていたが途中で断食を始めた。体が痩せていってこのままでは片岡鶴かろう…、と噛む。
  6. 一同大爆笑し、大悟が「お前天才やな!」とツッコむ。


◆◇◆ ◆◇◆


まさかの天然ボケオチになってしまった金田さん。
めちゃくちゃ面白かったです。

 

平子の名場面は『チャンスの時間』

  1. 悩みに答えるという企画。不倫がやめられないという女性の悩みに、「妻子持ちであってもその人を一生分貫く恋をするなら、問題なんのかな、今は。かまわねぇや。ぶっ壊しちまえよ!」
  2. 夫婦の営みに関する悩みに、「指と指が触れ合うことがあの頃のセッ〇スじゃなかった?」
  3. 大悟が愛妻家の平子へ質問。大悟は奥さんのおならを聞いたことがないという。平子はあるのかと尋ねたら、「それ以上の香水はあるのか?」
  4. VTR後、大悟はこの系統では平子の右に出る人はいないと絶賛!
  5. 愛妻家でもっと奥さんを愛そうというのが平子。
  6. それなのに『アメトーク』の「奥さん大好き芸人」には呼ばれなかった。


◆◇◆ ◆◇◆


確かに!
平子さんはめちゃくちゃ愛妻家ですもんね。
しかもアンケートも書かせてもらえていないと嘆いてました。

 

 

 

平子がアメトーク「奥さん大好き芸人」のトークテーマを語る

  1. 「奥さんを愛しすぎてやってしまうこと」を語ってもらう。
  2. 最近の平子は小学校時代の嫁に会いに行くようになった。
  3. 大人になってからの嫁しか知らない。それ以前の嫁を知らないことが悔しい。だったら自分で会いに行っちまおうと思った。
  4. 小学生の嫁に会うと、自分が何者かを語るわけにはいかないので、名乗れない。でも小学生の嫁は「おじさんに会ったことがある気がする」と必ずいう。それを聞くと必ず泣いてしまうという平子。←「怖いよ!怖いよ!」と速攻でツッコむノブ。
  5. エピソードが怖いと指摘される平子。
  6. 大悟は「おじさんだあれ?」の後、大ボケが欲しい。
  7. それを踏まえて、もう一度同じエピソードトークを始める平子。
  8. 「おじさんだあれ?」と聞かれた平子はバケモノち〇ち〇おじさんと答える。
  9. 一同大爆笑!ノブがすぐに「怖っ」と指摘するも笑いが止まらず。
  10. 大悟も小学生の女の子にバケモノち〇ち〇男って、と言いながら大爆笑。大悟的にはOK!
  11. ノブもトレンチコートをパッと見せて「バケモノち〇ち〇男」と言って爆笑。ただの変質者!
  12. 大悟はこれをアメトークでやったら、衝撃が走る!←「いよいよ出れなくなる!」と嘆く平子。


◆◇◆ ◆◇◆


大悟さんの無理なボケ要求にとんでもないボケを入れた平子さん(笑)。
ただの下ネタになっちゃいましたけど、小学生の嫁に会いに行くという引くような怖いエピソードが笑いに変わってました。

 

金田の名場面は『ゴッドタン』

  1. 『ゴッドタン』の「腐り芸人セラピー」で相談役がハライチ岩井。
  2. 腐り芸人の岩井は無双状態。
  3. その岩井を打ち負かした伝説の回が金田。
  4. ゴッドタンを平子と金田で再現。しかし平子が畳みかけて、金田がしゃべれず。
  5. 大悟からストップが入り反省会。
  6. 平子が出すぎで、ここは金田の番だと指摘する大悟。
  7. 平子は金田が弱かったと愚痴る。
  8. 金田のパワーワードは片岡鶴太郎!
  9. 収録再開。平子と金田で言い合いになるも、最後は片岡鶴太郎で締める金田。

 

ゴッドタン うしろシティと腐っていないはんにゃ金田を救おう!「腐り芸人セラピー」 - 今日も暇です。


◆◇◆ ◆◇◆


これ面白かったです。
確か岩井さん向かって「ボッコボコにしてやる」って連呼していたのを思い出します。

 

 

新しいリアクションを平子が見せる

  1. リアクションを笑いだけではなく、かっこよく見せるのもいいのでは、と提案。
  2. センブリ茶、ブーブークッション、生ネギ1本食い、ビリビリペン、レモン早食い、ワサビ寿司。これをかっこよくリアクションしてみせるという平子。
  3. この中から「ワサビ寿司」を選択。一貫口に入れ、食べると一言。「親父、店再開できてよかったな」
  4. ここで加地EP登場。素で媚びる平子。
  5. 最初から聞いていたという加地EP。
  6. この状況で、金田もチャレンジ。ブーブークッションを選び片岡鶴太郎で落とすというのに挑戦するも、音が鳴らず。
  7. 千鳥大爆笑で、「軽いん?めっちゃ軽いん?」とノブが聞くと、大悟も「ホンマの鶴太郎!」と指摘。


◆◇◆ ◆◇◆


いやぁ、お腹痛い(笑)。
金田さんに笑いの神が2度も降臨してました。
昔の山崎方正さんのようw


この収録→一旦止めて反省会というのは、まさにコント!(笑)
この反省会コント、また見たいです。


千鳥さん、ダイアンも応援してあげてください! 


▽こちらの記事もどうぞ▽

『テレビ千鳥』たった1つの花火を選ぼう 大悟が選んだのはどの花火? - 今日も暇です。