/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

激レアさんを連れてきた 5月10日 めいちゅん ダルビッシュ有も驚くキャッチング!古田敦也からも指導を受けた

2021年5月10日放送の『激レアさんを連れてきた。』を見ました。
今回の激レアさんは「朝キャバのアフターで おじさんたちと草野球をしていたら 時速240kmの豪速球を捕れるようになった人、メグさん(めいちゅんさん)」です。

 

f:id:nukonyan131:20190323215411j:plain

 


めっちゃカワイイ女子が登場して、その方が時速240kmのボールを捕れるってもうビックリ!
知りませんでしたが、野球系YouTuberとして人気の方のようです。


ちなみに若林さんの第一印象は「女流棋士」でした。
意外性では一緒ですね。


◆ゲスト

  • 新井恵理那
  • 田中卓志(アンガールズ)


▽目次です▽

 

そもそも野球の球速ってどのくらい?

  • 時速240kmのボールはピッチングマシーンによるもの。
  • 野球の歴史上で1番速い球を投げたのが、ニューヨーク・ヤンキースのチャップマン選手。時速約170km。
  • そのメジャーリーガーよりも速い球をメグさんは捕球できる!
  • 若林は田無にあるバッティングセンターで時速150kmを体験したが、球が見えなかったとのこと。
  • YouTube動画では、メグさんは元プロ野球選手・大場翔太選手が投げた球をキャッチ!
  • 若林の疑問:なんでギャルになったのか?なんでキャッチャーになったのか?合わない。


◆◇◆ ◆◇◆


メグさんの捕球、めっちゃ凄かったです!

 

 

 

スポーツ万能なメグさん プロボウラーを目指すも不倫を目撃して諦める

  1. 小さい時からスポーツ万能だったメグさん。
  2. 小学生から始めたソフトボールで全国ベスト8。
  3. 中学・高校とソフトボールをやっていたが、高校卒業と共に引退。
  4. メグさんはその後、プロボウラーを目指す。
  5. 家族がボウリングが好きで、小さい頃からやっていたボウリング。
  6. ボウリングのバイトをしながら、空き時間に投げていた。
  7. メグさんのボウリングのスコアは286。ほぼストライク。
  8. プロボウラーを目指していたが、断念する出来事が起きた。
  9. それは従業員とバートのW不倫を目撃してしまったこと!
  10. その後2人から、ボウリングの球を駐車場でたたき割られるなどの嫌がらせを受けるようになってしまった。
  11. そしてバイトを辞めるハメになってしまったメグさん。

 

朝キャバで野球好きな客が殺到!

  1. 職がなくなったメグさんに仲が良い友人から朝キャバで一緒に働こうと誘われる。
  2. 錦糸町のキャバクラで働くことに。
  3. 朝キャバだったのは、当時18歳でお酒が飲めず、給料の良いところという理由で始めた。
  4. 最初は話すのが苦手で、お酒も飲めないため、固定客がつかなかったというメグさん。
  5. そんなメグさんが客の心を鷲掴みに!
  6. それは店内のテレビに野球ニュースが流れた時に、ついその内容について意見を言ってしまう。
  7. 野球好きだと知り、一気に客が食いついてきた。
  8. メグさんは野球のことだけはいっぱい喋れる!
  9. 野球好きの客が殺到して人気になるメグさん。
  10. その一方で、単なる野球好きなだけでプレイは出来ないと思われ、嫌味を言われた。
  11. あまりに挑発を止めない客に、メグさんは自分のプレイを見せてやる、ということで朝キャバ終わりに草野球に参加することになった!
  12. 仕事帰りなので、ヒールにドレス姿のままのメグさん。
  13. 試合の時に、パンツとTシャツ、スニーカーを借りた。
  14. おじさんたちを見返すために、打って守って走っての大活躍をするメグさん。⇒「こいつ、本物だ!」と客のおじさん。
  15. ハーフパンツでプレイしていたメグさんは、スライディングをして足が血だらけになってしまった。
  16. この日をキッカケに、メグさん目当てで朝キャバに客が殺到!
  17. 売り上げNo.2にまでのし上がったメグさん。

  

朝キャバと草野球の二刀流生活!

  1. ここから朝はキャバ嬢、昼は草野球の助っ人として二刀流の生活になっていった。
  2. 草野球には多くて週5、通っていた。
  3. 二刀流生活が思った以上に大変だった。
  4. 苦労①:メイクをしてプレイをすると汗で落ちてしまう。野球の相手がお客さんなためスッピンにはなれず。肌荒れしてしまった。
  5. 苦労②:ネイルNG。打って投げたりするため、右手の爪は伸ばせない。
  6. 苦労③:野球のアフター目当てのお客が増えてしまったため、単価が激減。コーヒーを飲むだけのお客さんもいた。
  7. 朝キャバでは試合前のミーティングのようになっていた。
  8. 荒川で活躍していたメグさんに、強豪草野球チームから正捕手として迎えられる。
  9. このチームには元プロ野球選手が4~5名在籍。
  10. こうして元プロ野球選手のボールを受け続け、キャッチング技術が向上!

 

 

 

ダルビッシュ有も絶賛!時速200kmをキャッチ!

  • ある時、YouTubeの活動をしているチームメイトから、「時速200kmのボールを捕ってみない?」と言われる。
  • 沼津に時速200km出るバッティングセンターがあるとのこと。
  • そこで動画撮影をする。


番組で紹介されたメグさんの時速200kmキャッチング動画がこちら。



この動画でダルビッシュ有の球を捕ると発言したところ、ダルビッシュさん本人が反応!

  • ダルビッシュ本人からのまさかのツイートに、メグさんは「震えた」とのこと。
  • メグさんの憧れがダルビッシュ!

 

 

ついに国内最速の時速240kmをキャッチ!

  • 速い球をキャッチする動画がバズると知り、今度は国内最速の時速240kmのボールをキャッチすることにしたメグさん。
  • 200kmのボールキャッチの1ヵ月後に敢行。

時速240kmのボールをキャッチする動画

  • メグさん曰く、速すぎてグラブが持っていかれるとのこと。
  • 脱臼するかと思ったそう。
  • 現在は野球系ギャルYouTuberめいちゅんとして活躍中!
  • 現在は「野球で飯が食えるようになった」
  • メグさんの目標「ダルビッシュ投手の球を受けたい!」

 

オマケ 古田敦也に指導してもらうめいちゅん

メグさんは元ヤクルトのレジェンド、古田敦也さんが捕球のアドバイスをもらってました!

 
これはスゴイ!
メグさんも一生の思い出になったのではないでしょうか。


ところでメグさんってどこのチームがお好きなのでしょう?


◆◇◆ ◆◇◆


ラベリングは「客引きをしない伝説のキャッチの人」(激レアさん No.230)でした。


◆◇◆ ◆◇◆


これは凄かった!
まさにカッコイイ野球女子っていう感じですね。
しかも本当にカワイイ。
可愛くてこんなに野球が上手いなんて、世の中にはスゴイ人がたくさんいるんですね。


でも、ソフトボールを小・中・高と経験していたのが大きいようです。
好きなことで食べていけてよかったですね。
本当に野球が好きなんだなと思いました。

 


▽こちらの野球系激レアさんもどうぞ▽

激レアさんを連れてきた 4月26日 清水広貴 プロ野球選手になるため世界の球団に潜入しまくり! - 今日も暇です。