/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

激レアさん 2月29日 佐竹英里子(英月) お坊さんとのお見合いを拒否しまくり行きついた先はお坊さん

2020年2月29日放送の『激レアさんを連れてきた。』を観ました
今回の激レアさんは「親の勧めで35回連続お坊さんとお見合いしたけどぜんぶ断り続けた人、サタケさん(英月、佐竹英里子さん)」です。

 

f:id:nukonyan131:20200301024431j:plain


また激レアさんらしい人を見つけてきましたね♪
芸能人関係はちょっと「アレ?」と感じるので、本来の激レアさんだとホッとします(笑)。


今回も裏切らない面白さでした。
「自分の人生のため熾烈なバトルをした女性」と弘中アナに紹介されてました。
確かに人生左右されちゃいましたね。


◆ゲスト

  • 今田美桜さん
  • カズレーザーさん(メイプル超合金)


▽目次です▽

 

 

サタケさんのお見合い相手のお坊さんが皆さんすごい御曹司だった

  1. サタケさんの実家は江戸時代から続く京都のお寺「大行寺」御本尊が快慶が制作した国の重要文化財。
  2. 快慶は運慶と一緒に制作した金剛力士像が有名。
  3. そのためお坊さんとお見合いしまくりさせられた。
  4. 親戚もみんなお寺。知っている人の方が親も安心という理由もあった。
  5. しかし、サタケさんの意志は、お寺は弟に任せて、自分は自由に生きたい!


◆◇◆ ◆◇◆


家を守ることが大事なご家庭ですと、いろいろ大変ですね。
庶民にはわからない大変さを感じます。

 

 

 

サタケさんvsお母様のお見合い攻防戦

  1. 1番最初はサタケさんが20歳の時。
  2. お母様の主張:あなたは可愛くもなく、賢くもない。おまけに背も高い(173cm)。唯一の取柄は若さだけ。だから若いうちに結婚しなさい。
  3. 親の愛情ゆえの暴走。
  4. 1回目のお見合い相手:大阪で歴史あるお寺の御曹司
  5. サタケさんは顔合わせの前に嫌でトンズラ!トイレに行った後、どうしようかと考えたサタケさんはコーヒーを飲んでいるところを1時間ほどで見つかり、結局はお見合い。⇒結果は成立せず。
  6. その後、お母様は諦めずに縁談を持ち掛けるも断り続けるサタケさん。
  7. お母様は「絶対に結婚させてやる!」と火がつき、お見合い相手をバージョンアップする。
  8. 全然縁談が進まないため、お母様はキレる。「あんた何様のつもり?」
  9. お見合いをするといろいろ迷惑がかかる。紹介してくださった方、お相手の顔、両親の顔も潰すことになるとわかり、とりあえず、デートはすることにした。

 

 

お見合い嫌われ大作戦!

  1. 次にサタケさんがとった作戦は、自分から断るのは失礼なため、断られるように仕向けた。「嫌われよう作戦」
  2. サタケさんのイメージする嫌な女①:お見合い後2人きりになった時タバコをプカプカ吸いまくる。⇒素顔をさらけ出していると高評価。
  3. お母様の用意するお相手もどんどん強敵化!
  4. サタケさんのイメージする嫌な女②:絶対に振り向かないケバい女。⇒逆に振り向かせてやると闘志を燃やさせてしまう。
  5. サタケさんのイメージする嫌な女③:相手がイヤがる仕草をしまくる女。⇒そういう歯向かってくる女性はいい!
  6. 嫌われようとするも裏目に出るサタケさん。
  7. あまりに良家の縁談を断り続けるサタケさんに噂が立つ。「大物お坊さんとの縁談を断り続ける超イイ女!」
  8. 当時のお見合い写真はすごく綺麗だった。


◆バージョンアップした時のお見合いのお坊さん例

  • お手伝いさんがめちゃくちゃいるお寺のお坊さん
  • 家の塀の切れ目が見えない大豪邸のお坊さん
  • レストランの支配人がすっ飛んでくるお坊さん


◆◇◆ ◆◇◆


嫌われよう作戦は、サタケさんがいい人だからそこまで嫌な感じはしなかったのかも。
たとえば、人の悪口ばかりいうとか、揚げ足ばかり取るとかだったら嫌われたんじゃないでしょうか(笑)。
もし、これで好かれでもしたら、絶対お断りですけど…。

 

 

 

サタケさんの意外な決断!それは住職

  1. お見合いを断り続けて8年。28歳。
  2. お見合いから逃れるために、アメリカへ逃亡。
  3. アメリカで第2の人生を始めたサタケさん。
  4. 用があって実家に電話した時のこと。弟さんから衝撃なことを告げられる。
  5. なんと弟さんが住職を拒否!お寺を出ると言い出す。
  6. ここでサタケさんの心が揺れ動く。ご両親が必死で守ってきたお寺が終わりそう。
  7. お寺は維持をするのが大変。それをご両親が頑張ってきた。
  8. サタケさんは自分がお寺を継ぐと決意!
  9. 現在サタケさんは英月という法名で、9代目の大行寺の住職となった。
  10. 「いろいろ抗ってきたが、結局は仏様の手のひらで暴れていた」とサタケさん。


◆◇◆ ◆◇◆

 

ラベリングは「お見合いという荒行を経て悟りを開いた人」(激レアさん No.142)でした。

 


ご実家に電話をしたくだりで、何かご不幸でもあったのかと嫌な感じがしましたけど、そうではなくてよかったです。
英月さんが良い育てられ方をされたからこそ、ご両親の大事にしていたお寺を継ぐことにしたんでしょうね。
ここにお人柄があるように思いました。
根本的に人の良さがあったのだと思うので、そりゃお見合いで嫌われないと思います(笑)。

 


▽こちらの記事もどうぞ▽

激レアさん 2月22日 松田裕美 人付き合いが苦手だったのに人との縁が発展して成功! - 今日も暇です。