/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

激レアさん 2019年5月11日 高橋和義 話好きが天職!職務質問で犯人逮捕しまくり

2019年5月11日放送の『激レアさんを連れてきた。』のまとめです。
おしゃべりだけで1000人以上を逮捕できた職務質問の鬼、タカハシさん(高橋和義さん)です。

  

登場した瞬間のイメージです。

小倉さん:「宝くじで2億円当てるも事業を失敗し、2億円が亡くなった人」
若林さん:「なぜか相撲界の裏に詳しい人」


ブブー!大ハズレー!!


『お喋り大好き』というたった1つの武器だけで歌舞伎町の悪者を逮捕しまくり、警視庁の伝説となった職務質問の鬼、それがタカハシさんです。


これは面白そう!

 

◆ゲスト
小倉優子さん、カズレーザーさん(メイプル超合金)

 

▽目次です▽

 

 

オープニングトーク 決起集会のお誘い!若様持ち(笑)

弘中 時間帯が変わってもうすぐ1ヵ月が経ちますし、決起集会しませんか?
若林 (笑)。…あの、番組の?
弘中 はい!
若林 みんなで…。
弘中 そうですよ、やってないですよ。
若林 何を話そうとしてんの?決起集会で…。
弘中 いやいやいや、ちがうちがうちがう。私は若林さんのお金で、ただただ美味しいものが食べたいだけです♪
若林 俺が出すヤツね?
弘中 もちろんですよ!
若林 あっそう…。
弘中 稼いでんだからいいじゃないですか!
若林 (笑)。


弘中ちゃんさすが!!
これは若様も、松ちゃんのように「若林財布」かな?(笑)
あ、「若様財布」でもいいか。
ちなみに、松ちゃんはクレイジージャーニーで設楽さんや横井Pから「松本財布」(まつもとざいふ)と呼ばれてます(笑)。
なので、若林財布も「わかばやしざいふ」かな?

 

 

おしゃべりだけで逮捕してきた伝説の男 タカハシさん!

元警視庁。すでに定年退職しているタカハシさん。
40年間の勤務時、職務質問オンリーで1000人以上逮捕!
ちなみに、多くて2~300人とのこと。5倍以上の逮捕人数ということ。
歌舞伎町は3年間勤務で、約1800人を職務質問し、380人を逮捕!


職質を愛し、職質に愛された男!!


④3日に1人は逮捕し、多い時は1日4人くらいとのこと。覚醒剤で逮捕とのこと。
3年間で、通常の警察官の勤務時代を超えるんですね。これは凄い!そして、逮捕される悪い人、多すぎ!!

 

小倉さん、カズさん、若林さんは職務質問されたことある?

弘中アナがゲストに向かって、職務質問をされたことがあるかと聞いてました。


◆小倉さんはなし!

 

◆カズレーザーさんの場合
カズレーザーさんはめちゃくちゃあるそうです(笑)。ずっとあの出で立ちですもんね。目立ちすぎて怪しいって感じ?
2~3ヵ月前に日テレの仕事終わりで職質されたんだとか!今でも??若林さんも「まだある?」って驚いてました。
この時は後ろ姿で判断されて、「ちょっとそこの方」って声をかけられたんだとか。振り向いたら「カズレーザーさん?」とすぐにわかったようです。


◆オードリー春日さんの場合
若林さんの恒例の暴露(笑)。
カズレーザーさんと違って、春日さんは帽子を目深に被り、マスクもするため、すごく怪しいとのこと。
そのため、よく職務質問をされるそうです。
バッグを調べられたらピンクのベストが出てきて、それを見た警官が「いや春日じゃないんだから」と言われたそうです(笑)。


いつも春日さんの話題を話す若林さん。愛があるなぁ。


私は職務質問されたことはないです!
そもそも警官と話したこともないです。

 

おしゃべり好きでついたあだ名が「ラッパのタカハシ」

  1. タカハシさんは「超」おしゃべり大好き男
  2. 中学生の時。親友から恋の相談を受ける。⇒黙っててと言われる⇒我慢できなくてつい拡散
  3. ここでついたあだ名が「ラッパのタカハシ」


ちなみに、今回の打ち合わせでタカハシさんが2時間しゃべりっぱなしだったそうです。
それでは番組の進行上マズイと思い、「タカハシさんのお喋り封鎖」ボタンが設置されました。

 

 

警察官タカハシから職質モンスター誕生の瞬間!

  1. 最初の配属先は小岩警察署管轄の交番
  2. 勤務初日に伝説スタート!おしゃべりだけで犯人逮捕!
  3. この犯人には、タカハシさんガッカリ。同郷が犯人とは…。
  4. タカハシさんは喋ってただけで犯人逮捕でこう思う。「これって天職!」
  5. ここから職質モンスター・タカハシが誕生!


②その時の状況

  • 初日の深夜1時。自転車を押してフラフラ歩くおじさんがいた
  • タカハシさん「怪しい!」と思い声を掛ける
  • 訛りのある話し方をするおじさん
  • 故郷はどこかと聞くと「宮城県栗原郡」
  • タカハシさんの生まれ故郷だった。
  • 同郷ということで警察署に迎い入れるタカハシさん
  • 話し込むこと20分
  • 「お前いい奴だな。実はこの自転車かっぱらってきたんだよ」とおじさんが告白!
  • 盗みを自供!


④⑤タカハシさん曰く、しゃべってお金を貰う人がいるけど、しゃべって犯人を捕まえられるのは天職だと思った、とのこと。
おしゃべり好きを活かすのは「職務質問」だと思ったんだそうです。
実際成功してますし、初日でピンと来たのは凄い!

 

 

怪しい人物の特徴がわかる「タカハシ流・職質メソッド」

f:id:nukonyan131:20190512015725j:plain

 

◆怪しいと判断する特徴「疑視感」

  • 急に後ろを振り返る人
  • 目線をそらす、あえて見ない
  • 同じ道を何度も通る
  • 内ポケットやカバンに手を置く


◆職質テクニック

  • 考える隙を与えないマシンガン質問:相手のペースにさせないため。
  • 普通のことを名推理風指摘術:何か発見したような言い回しで、相手が動揺するポイントを探る。

 

実例:300件以上の余罪のある大泥棒

  1. 暑い日。自転車を引く男の胸ポケットにドライバーを発見。
  2. マシンガントークで質問後、ドライバーのことを聞くと「電気屋」とのこと。
  3. 「暑いのに軍手しているの?」とさも怪し気に質問した時、男の表情が変わった。
  4. これを見逃さないタカハシさんは、署に連絡。
  5. すると、300件以上の余罪のある大泥棒で、のちに逮捕された。


何気ない質問をし、一瞬でも変わるところを見逃さない。これがタカハシさんのテクニックです。

 

実例:黒ずくめの男

  1. パトカーを見た瞬間目をそらした、黒ずくめの男。
  2. マシンガンの質問後、「黒っていいよね。隠したいものを隠せる色だから」と指摘するタカハシさん。
  3. 動揺する黒ずくめの男に、「ちょっとキミ、上着脱いで」
  4. なんと下着泥棒だった!!

 

職質できない!?まさかの禁断症状で職質ロスに…

  1. 職務質問で名を上げたタカハシさん。
  2. 23歳の時。職質の鬼・タカハシさんは交番勤務から内勤へ異動。刑事になった。
  3. 刑事は交番勤務よりも手取りがいいので、喜んでいたタカハシさん。
  4. 刑事になると職務質問の機会が激減。
  5. 職務質問したくてたまらないタカハシさんは、毎晩のように「職務質問する夢」を見た。
  6. それでも内勤で20年務める。


ちなみに、カズレーザーさんの仕事に関しての悪夢は「どんなに連打してもQさまのボタンがつかない」というものでした。

 

苦節20年!訪れた転機!

  1. 45歳の時。
  2. 当時の上司から「そんなに職質したいなら歌舞伎町でやるか?」と打診された。
  3. 異動するということは、刑事から交番勤務になるため、手取りもダウン。
  4. 当時の歌舞伎町はめちゃくちゃ危なかったので、リスクも高い。


③④歌舞伎町へ行くのは全く抵抗はなかったというタカハシさん。
それよりも、日本一の場所で交番勤務が出来るというこが「与えられた使命」と感じたそうです。
給料ダウンなんてどうでもいい感じでした。警視庁ではタカハシさんは有名だったそうです。でしょうね…(笑)。

 

職務質問の天才vs凶悪犯罪 チームタカハシを結成!

  1. 20年前の当時の歌舞伎町はヤバかった。
  2. ヤクザやマフィアの縄張り争い、覚醒剤の売買、悪質な外国人労働者、ゴミ散乱、違法風俗店や援助交際、ぼったくりバーなど。
  3. シャッター挟まれ男:シャッターが降りる店に滑り込んで入店。覚醒剤常習者だった。
  4. 真冬に全裸:雪が降る新宿のホテル街で、パンツ一丁の裸で飛び出してきた男がいた。パンツに覚醒剤を隠していた。
  5. ヤクザ潰しのタカハシ:覚醒剤や銃刀法違反などで逮捕が続くため、ヤクザの資金源が潰されるため、脅しの手紙が来た。
  6. タカハシを狙うヒットマン:包丁を隠し持って、現金100万円をもっている男が交番の周りをうろついていた。狙いはタカハシさん。
  7. タカハシさんは「俺が歌舞伎町を浄化してやる!!」
  8. 新宿区内の交番巡りをし、精鋭たちをスカウト。チームタカハシを結成!


◆メンバー

  • 勝新太郎似でタカハシさんの後継者・座頭市のネギシさん
  • 仕事はダメだが運転はピカイチのカーチェイスのトツカさん
  • 韓国語・タガログ語が話せるトリリンガルのナカガワさん
  • 柔道三段の怪力のオオハラさん

 

歌舞伎町のヤバさは他の激レアさんでも言われてました。

激レアさん 2019年4月13日 三輪康子 極道に屈しない勇敢なホテルの女支配人伝説! 春日の秘話も! - 今日も暇です。

 

人生最大の凶悪事件 潜入捜査大作戦!

  1. チームタカハシは犯罪者を逮捕する毎日。
  2. ある時、1人の男が交番前をふらふらと歩いていた。
  3. タカハシさんはその男の職質を開始。
  4. 男はBARの店長。昔の先輩に脅されているとのこと。
  5. 交番で話を聞くと、男の先輩は指名手配中の殺人犯であることが判明!関東の三署から指名手配されていた。
  6. チームタカハシで、潜入捜査をすることに!
  7. トツカさんが店員となり、他の4人は客を装う。
  8. 作戦手順:殺人犯がお金を受け取る⇒タカハシさんの合図で身柄確保
  9. 殺人犯が入店すると、トツカさんが誤ってぶつかってしまった。トイレに行こうとしていた。
  10. そこへタカハシさんたちが犯人を取り押さえ、確保!
  11. チームタカハシの作戦、大成功!!

 

◆タカハシさんのお話。
1つの殺人事件で1課から何十人もくる、所轄の人も入る。何年もかかってやると経費も何千万とかかってしまう。
職務質問はたった一言で、犯人を捕まえることができる。
全国のおまわりさんに言いたいのは、交番から出て仕事をすれば指名手配犯がいっぱい捕まる。

 

定年退職までのタカハシさん

  1. タカハシさんは警視庁職務質問指導班を設立。
  2. 警察庁広域技能指導官に任命される。
  3. 警察庁広域技能指導官:卓越した専門技能や知識を持つ警察官から選出。都道府県警察の枠組みを超えて指導できる。


タカハシさんの教え子が「警察24時」なんかで活躍していると、嬉しいんだとか。

 


ラベリングは「ズブズブの職質中毒の人」(激レアさん No.93)でした。 

 

▽こちらの記事もどうぞ▽ 

『激レアさんを連れてきた。』2018年12月10日 佐々木美智子 銃撃戦を経験した84歳の生涯現役ママ - 今日も暇です。