/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

夢なら醒めないで 乃木坂46の高山一実 壮絶な吉月生 羽田圭介のギャラ

2018年12月11日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』です。
テーマは「話題の美人作家のホンネSP」でした。

 

今回は乃木坂46の高山一実さんが登場です!
全然存じ上げませんでしたけど、小説家デビューされているんですね。
アイドルで小説家なんて多才!


相変わらず、羽田圭介さんが面白かったのと、吉月生さんが凄かったです。


収録日は11月18日だったそうです。


◆夢醒めゲスト
羽田圭介さん、陣内智則さん


◆ゲスト
吉月生さん、 高山一実さん、山科ティナさん、南綾子さん、辻堂ゆめさん


▽目次です▽

 

乃木坂46 高山一実

  1. 2年前、雑誌の企画で短編小説後連載のオファーが。
  2. 2018年11月初の長編小説で小説家デビュー。タイトルは「トラペジウム」。発売1週間で3万部が完売。
  3. アイドル活動が多忙なため、小説はステージ袖でも書く上、編集者との打ち合わせも数分で済まされてしまう。
  4. アイドルでは使わない言葉も小説では自由に言えることが嬉しい。
  5. 羽田圭介さんが褒めた一文「角膜レベルでの変態は救いようがないため、話を逸らす。」
  6. 仕事がうまくいかない時に、泣きながら小説を書くことがある。気持ちが落ち着くそう。


③そんな多忙でも小説を書く仕事を初めて貰った時、今までで1番嬉しかったとのこと。
初の長編小説「トラペジウム」はアイドルを目指す女の子の話。
辻堂ゆめさんは、今小説を読んで貰えない時代なので、相乗効果を期待しているとのことでした。ピースの又吉さんの時もそうでしたもんね。

 

④小説に「童貞」とアイドルでは言えないような言葉も、小説では自由に表現できるのがいいんだそう。
番組でも「童貞」発言はせず、上手にかわしてましたが、アイドルの時は絶対に口にしないと決めているようです。


⑤羽田さん曰く、モサイ男がジトーっと制服姿の私を見るという感じで、女子高生が変態の目線を感じてサラッと心の中で思っていることを表現している。ただ気持ち悪い男ではなく、「角膜レベルでの変態」としているのがいいとのことでした。女性の意地悪な目線がすごく上手に表現しているとべた褒めでした。
高山さんは変態の方に興味があるとも言ってました。きっと観察したいんでしょうね。


高山さんは嫌な人物の名前を決める時には、メンバーにリサーチするとのこと。そうすると、気が強い女の子の名前はあるそうです。
どんな名前か気になりますね!

 

恋愛小説家 吉月生

  1. テレビ初出演。吉月さんの1番好きな番組が『夢なら醒めないで』だったので出演した。恋愛の話が好きなのが理由。
  2. 16歳でケータイ小説家デビュー。印税は3,000万円!
  3. 引きこもり。
  4. 小説のネタのためにダメ男とつき合う。
  5. 再び引きこもりになり、一時は29kgまで体重が落ちた。
  6. 今も精神安定剤を飲むことがある。
  7. 「ロミオとジュリエット」が史上最高の愛。

 

②2,000年代始めにガラケーで読むケータイ小説が流行。当時作者は女子高生も多く、「恋空」や「天使がくれたもの」などの話題作が誕生しました。吉月さんは16歳で「teddy bear」を発表。その後書籍化されるとシリーズ累計約69万部を売り上げました。ケータイ読者は700万人だったとか!
印税を産んだ小説は20日間しかネット上で書いておらず、書き終えたと同時に書籍化の話が来て1ヵ月後には書店に並んだそうです。


③3,000万円を手にしたら外出するようになったという話から、有田さんが「引きこもりを外に出すには金が1番!」と指摘してました。
吉月さんは洋服やバッグ、タクシー代に使ったと言ってましたけど、経済回していたんでしょうね。


④つき合っている時は本当にその男性が好きらしいのですが、痛い目に遭うとネタにしてしまうんだそう。
吉月さん曰く、修羅場で殴られたりして自分が泣いている状態が1番ベストとのこと。「teddy bear」も当時の彼氏がモデルで、記憶のなくならない、超束縛のDV男だったとか。


⑤29kgまでになると、足の爪とかなくなるそうです。さらに他の人格も出てきて、朝起きると自分が血まみれになっていて、壁に包丁が刺さっていたことがあったそうですが、記憶が全くなかったとのこと。
なかなかハードな感じの方ですね。吉月さんは明るく楽しそうに話してくださるんですけど、内容が凄かったです。


⑦理想の人の話で、一緒に死んでくれる人が理想とのこと。

 

4スラ漫画家 山科ティナ

  1. 16歳で別冊マーガレットでマンガ家デビュー。
  2. 19歳の時SNSに4ページの漫画を投稿し話題に。4スラ漫画と言われるもので、山科さんは「妄想胸キュン漫画」を投稿した。
  3. 妄想漫画を描いているため、日常の至るところで胸キュンしてしまう。
  4. 東京芸術大学在学中。
  5. 有田さん主演のオリジナル漫画を披露。


②この時Twitterに投稿した漫画は「豪雨とコンビニ」。約1万リツイートされました。


③Uber Eatsの人にも妄想胸キュンするそう(笑)。山科さん曰く、思わぬ接触をすると勝手に恋の出会いを感じちゃうとのこと。職業的にはアリなんでしょうね。その分素敵な恋物語を描くわけですから。
公開した後に元彼に似ていると友人に指摘されることもあるようです。


⑤女子ってスゴイ!きっと胸キュンされる女性が多いんでしょうね。お話はよくまとまっていて、さすがプロって感じでしたし、頭ポンはたまらないんでしょうね。
オッサンには恥ずかしかったです(笑)。 

 

婚活小説家 南綾子

  1. 婚活で会ってみたらすごい変な人だった場合、1時間が無駄になる。その無駄がむかつくため、原稿にしてお金に変える。
  2. 爽やか年下男性から保険の勧誘をされる。

 

②ネタ探しのため、南さんは毎週婚活しているそうです。
大袈裟ではなく2人に1人は保険の勧誘をしてくると言ってました。有田さんもそういう話をよく聞くと言ってましたので、リアルなんでしょう。
見分け方としては、男性の場合は若くてカッコいい人に多いんだそう。下心のある人は挨拶からなんとなくわかるそうですが、保険系は真面目な感じな方が多いとのこと。
南さん曰く、誠実な感じで来る人は「金儲けしようとしてるんだな」ということがわかるとのこと。
女性でも同じように近づいてくる人がいるらしく、お友達になりたいと装い、連絡先を交換すると商品を売る商法の人だったりするそうです。
ビックリ!!
すごく勉強になりました。

 

東大出身の天才ミステリー作家 辻堂ゆめ

  1. 大学在学中に「いなくなった私へ」でデビュー。「このミステリーがすごい!」大賞の優秀賞を受賞。
  2. 25歳で既婚。好きになったのは語彙が豊富なこと。
  3. ストレス発散は嫌な奴を悪役の名前にすること。


③嫌な人物の名前を考えるのは大変なので、ムカついた人とか、昔嫌いだった人の名前をわからないように変えて使用するんだそう。
いい役で友人の名前を使用していたら、途中で構想が変わり犯人になったことがあり、その友人から「私なにか悪いことしたかな」と言われて、弁解に困ったこともあるそうです。 

 

 

f:id:nukonyan131:20181212040030j:plain

 

芥川賞作家 羽田圭介 「路線バスの旅」のギャラが判明?

  1. 芥川賞受賞時は笹塚のワンルームマンション住まいだった。3年後の現在は都内のタワーマンション。
  2. 最近ハマっている趣味はHIP HOPダンス。
  3. レギュラー番組は「路線バスの旅」。
  4. ピースの又吉さんと一緒に芥川賞を受賞できたのは運がいい。「運を活用する才能がある」と自称。
  5. 有田さんの『アリよりのアリ』で理想の女性と出会うが、陣内智則さんとの噂を見て断念。

 

①笹塚のワンルームマンションの家賃は、7万5,000円でした。
現在住んでいるタワーマンションは2LDK(約50㎡)、家賃24万円駐車場3万円の合計27万円とのこと。
ソファはCASSHINAで175万円!
小説を書くのに必須の高さ調節デスクは、13万円でした。
歌を歌うための防音室も作っている。


③3ヵ月に1回の出演で年4回だそう。
これが興味深かかったのが、この4回の出演で家賃1年分は大丈夫なので、大事な定期収入というようなことを言ってました。
ということは、27万円×12ヵ月=324万円ですから、1回のギャラは81万円以上ってことですよね!?
キリよく100万円なのかな?
スゴイ!!そんなに貰っているんですね。テレ東ってお金がないイメージなのに(笑)。
でも確か文化人枠のギャラって高いって聞いたことがあるので、タレントよりも高いのかもしれません。


⑤羽田さんの理想の相手は、小林真由さんでした。
公開告白するもフラれてしまい、悔しい気持ちが残っていたのでネットで小林さんを検索すると、昔陣内さんといろいろあったというのをみて、「なんだよ!」と思ったそう。横の陣内さんにツッコまれてました。

 

しいたけ占いは、吉月生さん!

しいたけ占いです。
今後小説活動を心配する人物は、吉月生さんでした。


しいたけさんの理由はこちらです。

アイデンティティが壊れている方。
私は何歳であるとか、この組織に所属しているとか、普通の人は性別や肩書という個性をベースにして、みなさん生きてらっしゃるんですが、それを全部信用していないというか。
何にも縛られないで、もしかしたら束縛される時だけ安心感を感じるのかもしれないです。
「お前はこういう人間だよ」と決めつけられることに安心感を感じたりというか。


吉月さんはしいたけさんの話の後、「生きている価値がない」と言われて、そう思い込んでいた時期もあったと告白してました。


「今後小説活動を心配する人物」と聞いただけで、吉月さんだと思いました(笑)。
そのくらい強烈なエピソードでしたし。


さらにしいたけさんが吉月さん以上に気になった方いる、ということで選んだのが、羽田圭介さん!

理由です。

1番変態性が強かったんですね。
エッチは漫画を市販品では満足出来なくて、自分ので構成を考えて書いちゃう方なんです。
ゆくゆくはエロビデオを自作されるとか。
してもすごく素敵な作品が出来ると思います。
罵られる言葉も全部考えて。


羽田さんは面食らってましたけど、男優ができるように体を絞っておくそうです。

 


▽こちらの記事もどうぞ▽

夢なら醒めないで 足利尊氏の子孫の栄藤仁美 恋愛に破天荒な五月千和加 - 今日も暇です。