/* 日付更新アイコン */

今日も暇です。

テレビやドラマの感想などなど。。。

アメトーーク 10月17日 R-指定やラッパーが凄い!頭の中ってどうなってるの?「ラップ大好き芸人」

2019年10月17日放送の『アメトーーク!』です。
今回のテーマは「ラップ大好き芸人」。

 


いや~面白かったです。
たま~にテレビをつけっぱなしで『フリースタイルダンジョン』とか見ますけど、よくわかってませんでした(笑)。
ただ凄いなぁって感じで流し見していましたけど、これをキッカケに真剣に見たいかも。


わかりやすい説明もよかったです。


ホトちゃんも挑戦してたよ!

 

◆ラップ大好き芸人

  • 渡部建さん(アンジャッシュ)
  • RGさん(レイザーラモン)
  • アントニーさん(マテンロウ)
  • あばれる君
  • 長谷川忍さん(シソンヌ)
  • 竹内まなぶさん(カミナリ)
  • 石田たくみさん(カミナリ)
  • 久保田かずのぶさん(とろサーモン)


◆ゲスト

  • 後藤輝基さん(フットボールアワー)
  • 狩野英孝さん

 

▽目次です▽

 

オープニングで渡部に本当にラップ好きなのか疑惑が…

  1. グルメと高校野球で十分だし、本当にラップ好きなのかというホトちゃんの疑問。
  2. 最近はラグビーの特別サポーターもしている。
  3. 本当にラップが好きで、25年応援している。
  4. ラップの良ささえ伝われば、渡部がラップでビジネス始めたと言われても構わない!

 

後藤さんに「最近はお笑いも始めた」とボケられていて、「それがルーツだよ!」と渡部さんがツッコんでました(笑)。
イメージないですもんね。
でも、本当に好きだからこそ、今回リーダーなんでしょう。

 

日本語ラップの歴史

  • 黎明期(1985~1999):いとうせいこう、スチャダラパー、キングギドラ、BUDDHA BRABD、RHYMESTERなど
  • 成長期(1999~2015):NITRO MICROPHONE UNDERGROUND、KREVA、般若、AK-69、PUNPEE、SALUなど
  • 現在(2015~):R-指定、BAD HOP、JP THE WAVY、ZORN、KOHHなど
  • 実は吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」が元祖とも言われている。


いとうせいこうさんが日本初と言われているんですか。
全然知らなかった。
「業界くん物語」という曲だそうです。


成長期ではEminemの「8 Mile」が影響し、フリースタイルが登場。
今エミネムを調べたら47歳ですって!
月日の流れは早いと痛感してしまった(笑)。


2015年には「フリースタイルダンジョン」がスタート。
いとうせいこうさんが審査委員長をしているのは、レジェンドだからだそうです。そうだったんですね。
またまた知らなかった。


ホトちゃんも驚いてました。

 

黎明期の話

  1. キングギドラが1995年に革命を起こした。そのアルバムが『空からの力』
  2. いろんなジャンルでそういう人が出てくる瞬間がある。お笑いでいえばダウンタウン、日本語ロックを初めてやったキャロルとか、キングギドラはそういうレベル。
  3. キングギドラの凄いのは、倒置法。熟語を後ろにもってきたら、小節ごとに韻を踏めるということを編み出したこと。
  4. ラップでは印象に残るフレーズをパンチラインという。
  5. BUDDHA BRABDは韻を踏むタイミングで、スプレー缶をシュッシュとやる。

 

すごく分かりやすい。
芸人さんって話術があるから、たとえがわかりやすいかったです。

 

成長期の話

  1. フリースタイルバトルは、お笑いでいうとバラエティ番組のフリートークに近い。それまではお笑いでいうネタ、音源を競っていた。
  2. お笑いと一緒で、ネタとフリートークの両方できるのが凄い。
  3. 音源でもいい、フリースタイルバトルでもいいというラッパーは凄い。
  4. KREVAは「B★BOY PARK」のMCバトルで3連覇をしたスゴイ人。
  5. 般若は一度引退したのに、2008年にUMBのバトルに参戦。これはお笑いでいうと、千原ジュニアクラスがR-1に出るようなもの。「え?なんで出るの?」というくらい有名なのに参加した。勝たないといけないしメリットがない。
  6. しかも通常はチームで参加するのに、般若はたった一人で殴り込んだ!そして、優勝!
  7. 般若は長渕剛の大ファン。

 

「トークアメ」(笑)。
長谷川さんがKREVAさんの凄さを伝えるのに、韻をひっくり返えしてバトルするというのに、「アメトーク」→「トークアメ」と言って、スタジオがポカンとなってました。


狩野さんはフリートークが上手い憧れの芸人を般若さんに感じたと言ってました。
わかります!
皆さん、ここでもたとえが上手い!

 

 

 

元ラッパーあばれる君のホトちゃんへのバトル

あばれる君は元ラッパーでディスられると辛かったと言っていて、親をディスられた時は泣いてしまったとか。
そもそも向いていないですよね。芸人さんに変われてよかったよかった。


あばれる君がホトちゃんへバトル!
「おかっぱ頭…おかっぱ頭…なで肩…イエー!」


…(笑)。

 

現在

  1. 絶大な人気はBAD HOP。
  2. 23歳で武道館即完!しかもサーバーがダウン。今1番客を動員できるグループ。
  3. ZORNはパパさんラッパーだが、元はワルで、ZONE THE DARKNESSというラッパーだった。
  4. ZORNのラップの歌詞に狩野英孝が出てくる。「Japanese Hiphop 不適合者」

 

休止しちゃった『クレイジージャーニー』でやってましたよね。

 

ホトちゃん頑張ってラップに挑戦!

  1. ホトちゃんがラップに挑戦。
  2. アンパンマンとバイバイキンでラップというお題で、「アンバイキン!」
  3. おむつのお題で、「パパスでパンパース」

 

1つ目はラップになってないのですけど、2つ目はちゃんと韻を踏んでました。
「ナイスパンチライン!」と褒められてましたよ。


ホトちゃん、「輪入道」さんを「輸入道」さんと呼び間違えてました(笑)。
最高!

 

 

 

ラッパープチ情報

  • 呂布カルマ:家庭教師の経験あり?
  • 漢 a.k.a. GAMI:チャーハン作らせたら超上手い!
  • T-Pablow:スゴイ束の札束でロレックスを購入。ヒップホップドリームを体現!


T-Pablowさんは今絶大な人気のBAD HOPのリーダー的存在の人とのこと。
すごい儲かってるんですね。
…と下世話なことを言ってしまったw

 

ラップバトルの流れ

f:id:nukonyan131:20180814042146j:plain

 

  1. ライム:韻を踏む。単語の母音を揃える。
  2. バイブス:熱い気持ち。
  3. フロー:流れ。歌い方、節、メロディーの乗せ方。
  4. パンチライン:バシッと決める言葉。
  5. アンサー:用意した言葉ではなく、相手の言葉を受け取って的確に返す。1番大事。


これはわかりやすい。
勉強になりました。
特にアンサーの部分の大切さを解説してくれました。


今フリースタイル最強なのはR-指定。

 

最強のR-指定が登場!即興ラップ披露


R-指定さんと般若さんの最後のバトルはカッコ良かったー!
ディスリ合いじゃなくて、リスペクトがあってスゴかったです。胸にズンを響きました。


『アメトーク』でも紹介されてましたけど、R-指定さんはCreepy Nutsの方ですよね。
相方のDJ松永さんがDJ世界一になったのを知っています。
2人とも最強なんて、カッチョイー!


聖徳太子ラップって渡部さんが言ってたけど、凄かった。。。
複数の適当なワードを言って、それで即興ラップするというものです。
頭の中ってどうなっているんだろう?

 

おかっぱ、アメトーク、スタッフ~のお題でラップを披露してくれました。
しかも、この日の収録の流れをラップに盛り込んでて、圧倒されました。何度も言いますが、頭の中ってどうなってるんでしょう、マジで不思議。

 

私がR-指定さんとCreepy Nutsを知ったのは『ゴッドタン』です。

ゴッドタン ラジオの裏話が面白い!ハライチ&アルピー「芸人ラジオサミット」 - 今日も暇です。

 

▽こちらの記事もどうぞ▽

アメトーーク 10月10日 BiSHの良さが伝わらない大悟!ノブが千鳥解散宣言!?「BiSHドハマり芸人」 - 今日も暇です。